FC2ブログ

松木沢ジャンダルム中央壁 中央ルンゼ

7/5(日) 金澤、石橋、伊勢田(記)
5:30 銅親水公園~ 7:30 取り付き~ 10:00 終了点~ 11:30 中倉山~13:00 銅親水公園

クライミングと歩行訓練を兼ね、ジャンダルムから中倉山へ抜けました。
アプローチの渡渉はやや流れが強いもののロープのお陰でなんとか渡れました。
岩壁を見上げ、時々踏み跡を外しながらも、無事右壁の取り付きから
トラバースして中央壁の取り付きへ。
中央ルンゼは前日までの雨によりところどころ湿っています。

初見ということもあり、短めに区切りながらの登攀となりました。
1P目は木々を越え傾斜が強くなる手前まで。
2P目は湿った岩を越えるところが難しい。
3P目は快適なスラブ、4P目はクラックから解放感のあるテラス。
ここまで来ると上へ抜ける踏み跡も見えますが折角なので短い5P目を経てコブシ岩の頂まで。

コブシ岩からは会の別パーティーが右壁を登攀しているのが見えました。
ここからはガレ場を登り中倉山を目指します。
久々に歩くため結構バテました。
中倉山からはブナはパスして登山道を下山しました。

クライミング中も、中倉山までの歩きも、浮石やガレ場が多いため落石に注意が必要でした。
他ルートの偵察もできたので、機会があればまた行きたいです。

取り付きから
FB_IMG_1594032622329.jpg

1P
FB_IMG_1594032693398.jpg

3P
FB_IMG_1594032657516.jpg

中倉山までの登り
FB_IMG_1594032673011.jpg

子持山 獅子岩

2020年6月27日(土) 
金澤、堀江、遠藤、石橋、伊勢田、赤木(記)
子持山登山口 5:40 ~ 獅子岩取り付き 6:10 ~ 獅子岩頂上1回目 9:30 ~ 獅子岩取り付き 10:00 ~ 獅子岩頂上2回目 1: 10 ~子持山登山口 15:00

初マルチピッチ。子持山 獅子岩に連れて行っていただきました。

2パーティーに分かれて1回目スタート。私は金澤さん、遠藤さんパーティーのセカンドで登った。1P目、前日の雨で岩が濡れており、いきなり怖かったが、アドバイスを頂きつつ、何とか登攀。2P目手・足場ガバ無く小さいHoldを慎重に登り、最後も的確なアドバイスいただき登攀。3P目濡れ濡れでまたまた恐怖、最後の部分でまごついたところ、見えないHoldのアドバイスいただき、無事登攀成功しました。梯子を上り獅子岩頂上へ。2パーティー目の堀江さん、石橋さん、伊勢田さんもリード変わりながら登頂。強い日差しと緊張で汗だくになったが、赤城、袈裟丸、皇海、燧、至仏、榛名、浅間など良く見えて素晴らしい眺めでした。
登山道を降りて、2回目の登攀スタート。天気のお陰で一部を除いてほぼ岩が乾いた様子。今度は石橋さんリード、セカンド赤赤木、サード金澤さんのパーティーでスタート。1P目は1回目よりも早く登れたようだが、2P目の途中でまごついた部分あり、1P目どうやって登ったか覚えておらず。アドバイスいただき何とかクリア。3P目疲労もあってぎりぎりだったが、なんとか登攀成功しました。
下降は練習も含めて懸垂で。無事取り付きに下降できました。
皆さんのフォロー、アドバイスいただき、何とか初マルチピッチ無事終了しました。本当にありがとうございました。

1パーティー目
金澤さんリードでスタート
pic_1593207625084_convert_20200629214801_2.jpg

セカンド 赤木、サード 遠藤さん
FB_IMG_1593465987563_c.jpg


2パーティー目
石橋さんリード
FB_IMG_1593465980110_f.jpg


堀江さんリード
FB_IMG_1593465816475_e.jpg



1回目登頂後
FB_IMG_1593401938250_convert_20200629214628.jpg

pic_1593218322949_convert_20200629214938.jpg

2回目石橋さんリードでスタート
FB_IMG_1593465973192_b.jpg



遠藤さん核心部
FB_IMG_1593465952637_d.jpg

最終P終了点 伊勢田さんリード
pic_1593230799759_convert_20200629231416.jpg

一ノ倉沢南稜

2020/6/21(日)
金澤、松嶋、原、堀江、伊勢田、ばし(記)
ベースプラザ 4:15~ 一ノ倉沢出合 5:00 ~ 南稜終了点 12:00 ~ 一ノ倉沢出合 16:00 ~ ベースプラザ 17:00

天候は霧。

烏帽子沢奥壁南稜へいってきました。
出合付近は雪渓なし。
ひょんぐりの滝あたりで雪渓が割れていたため、左岸を高巻いてテールリッジ付近で懸垂下降しました。

テールリッジから南稜取り付きまでは問題なく通過。
南稜取り付きは先行2パーティを待ってから登攀開始しました。
1ピッチから岩が濡れていて、フリクションが効かず慎重に登りました。

核心の最終ピッチは全部A0で終了点へ。
国境稜線へ抜ける計画でしたが、検討の結果同ルートを下降して下山しました。


上部は霧
FB_IMG_1592910301241.jpg

1ピッチ目から気が抜けなかったです
FB_IMG_1592910292489.jpg

景色はありませんが乾いていたのでよしとします
IMG_20200621_095328.jpg

ここ割れてました
IMG_20200621_154757.jpg

越後駒ヶ岳 BCスキー 

4月4日(土) 晴れ  石橋、堀江(記)

石抱橋 6:40 ~ 山頂 12:15 ~ 石抱橋 16:10

太田市を3時に出発し、 奥只見シルバーライン入り口に5時15分到着。
ゲートが開いていいなかったため、6時まで仮眠。
石抱橋に着くと、木村さんたちと遭遇し、抜きつ抜かれるつのBCスキーになりました。
ただ、木村さんからは、BCスキーのワンポイントアドバイスも頂き大変参考になりました。
ありがとうございました。

DSC_0321_convert_20200409001339.jpg


DSC_0327_convert_20200409000600.jpg

FB_IMG_1586355324957_convert_20200409000759.jpg


OB&現役合同山行

2020年3月22日  山頂 雪  途中 雨  ゲレンデ 晴れ  前橋 25度

太田山岳会のOB会及び現役で年に一度の合同山行を玉原高原で開催しました。
メンバーはOB会員7名、現役4名と会外4名の総勢15名で活動した。
玉原スキーパークにてOB会の岡田リーダー様から行動内容や計画の指示を受けた
おかげで全員が目標の獅子ヶ鼻山の登頂が出来ました。
それと総隊長の生田さんの実績や人柄、指示力と生き字引と語れる立派な方で生田
さんからアドバイスされた方々は大変感動を受けてました。
       ありがとうOB会員様

だ獅子 009

隊列が整ってます
だ獅子 017

痩尾根
だ獅子 026

獅子ヶ鼻山から下山中
だ獅子 033
 
後続隊の先頭ほ鹿山さんです
だ獅子 037

昼休みの風景
15名が決められた時間内での昼休み
だ獅子 041

楽しく生田さんのアドバイスを受けて無事に下山出来ました

Naeba

3/21(Sat)
メンバー 金澤、松嶋、石橋、伊勢田(記)
7:00 駐車場 12:00 山頂 15:30 駐車場

登りは終始先行パーティーのトレースを辿らせていただきました。
(先行パーティーの方々、ありがとうございました。)

三合目で一旦林道へ。トイレは雪に埋まっています。
九合目で板を外してアイゼンを付け頂上へ上がりました。
頂上は広々していて妙高・火打も良く見えました。
九合目まで再びアイゼンで下り、そこから滑走開始。
沢を渡れるか不安でしたが最後までほぼ滑って降りることができました。

念願の苗場山に登れて良かったです。

90491993_878629049248139_5762537426106974208_nnaeba.jpg

90223323_878629092581468_6173357992931491840_nnaeba.jpg

広い山頂。夏も来てみたいです。
90718798_2993023297481192_9018377796187062272_nnaeba.jpg

芝倉沢

2020/03/15(日)
金澤、松嶋、堀江、伊勢田、ばし(記)
天神平 8:00 ~ トマの耳 10:20 ~ 一ノ倉岳 11:30 ~ 芝倉沢滑走 ~ ベースプラザ 15:15

ロープウェイで天神平まで上がると雪が降っていました。
天神尾根はスキーを担いで登り、最後までシール登行しませんでした。

一ノ倉岳の直下で予報通り晴れ。
素晴らしい景色が見えて、筆者はこの時点で満足しました。

一ノ倉岳と茂倉岳の中間からドロップし、芝倉沢を滑走。
途中291号線と交差するところで、トレースに沿ってトラバース開始。
その後湯檜曽川沿いを何度か渡渉して下山しました。


雲が晴れたら絶景でした
FB_IMG_1584700830097.jpg

FB_IMG_1584700739534.jpg

FB_IMG_1584700815256.jpg

FB_IMG_1584701056606.jpg

FB_IMG_1584701102293.jpg

デブリよけて滑るのはとても難しいです
FB_IMG_1584700490525.jpg

IMG_20200315_150418.jpg

巻機山

3/8(日)
メンバー 玉水、松嶋、石川、金澤、伊勢田(記)
清水 7時~ 巻機山 12時~ 清水 15時

井戸の壁と前巻機山直下のガリガリ部分は板を外して上がりました。
それ以外は快適にシール登高できました。
数日前に降った雪が適度に残っていてとても気持ち良く滑れました。
井戸の壁の下りは苦戦しました。
練習してまた行きたいです。

1584355458320maki1.jpg

阿寺山

2020/03/07(土)
金澤、堀江、伊勢田、ばし(記)

駐車場 6:50 ~ 山頂 11:00 ~ 駐車場 13:50

駐車場から山頂までの約1100mの登りのうち大半が急な登りで、尾根の取り付きと中間部あたりで
スキーを担いで登る場面もありました。
ただし、トレースがしっかりしていたのでラッセルはありませんでした。

山頂直下は緩い斜面で筆者にも楽しめました。
その後は急な斜面が続きますが、急斜面がまともに滑れない筆者はかなり時間をかけて下りました。
急な斜面を滑る練習が必要です :-(


取り付きから厳しい
IMG_20200307_072459.jpg

わりと急な斜面をジグザグ登りました。新雪20㎝の下に時折ガリガリな面がありました。
IMG_20200307_091755.jpg

山頂付近はとっても解放感ありました
FB_IMG_1583934519062.jpg

八海山
IMG_20200307_110712.jpg

こっちもよい景色
IMG_20200307_110731.jpg

筆者にとっては、ここのあたりまでは楽しく滑れました
IMG_20200307_120241.jpg

北八ヶ岳 天狗岳

2020.3.6
メンバー:原
みどり池入口7:20~しらびそ小屋8:30~東天狗10:40~西天狗11:00~みどり池入口13:00

平日だったため、みどり池入口の空きスペースに駐車できました。車の様子から全車が前日入山の小屋泊りのようで、トレースから一人だけ本日入山のよう。そのトレースのおかげで助かりました。

泊まりたい山小屋ですが、残念ながら登山口から近すぎます。小動物を探したらリスが2匹いました。
IMG_5831.jpg

東天狗からの浅間山方面。
IMG_5845.jpg

西天狗からの硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳。中岳が可愛らしい。
IMG_5849.jpg

北アルプスも一望できました。
IMG_5851.jpg

下山途中に某有名登山家だと思われる方とすれちがった。
まともな挨拶は返してもらえなかったが、アバラコフとサングラスの間からのほっぺたがそっくりだった。
もし本物だったら、これもいい思い出です。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-