乗鞍岳スキー

5月5日

メンバー:木村、石橋、金澤(記)

三本滝駐車場6:30~山頂10:00~三本滝駐車場11:00

乗鞍岳へスキーに行ってきました。
午後になるとガスが出る予報でしたが、それまでに下山してしまおうということで行ってきました。
鹿島槍の山行から中1日であったため、疲労が抜けておらず最後まで足が思うように動きませんでした。


スタート時にははっきりと見えていた山頂ですがすぐにガスがかかり始め、風も強くなってきます。

P5052010_R.jpg
途中、ガスが下りてきて視界も悪くなりましたが、その後はガスが抜けたり、再びガスったりという感じでした

P5052011_R.jpg
穂高連峰がはっきりと見える時間帯も!

P5052013_R.jpg
当初山頂から滑り始める予定でしたが、ところどころ岩が露出していたため、直下のコルからスタートしました。雪質は重く快適とはいきませんでしたが、3000mからの滑走を楽しむことができました!

頚城山塊

期日 :5月3日
山名 :青海黒姫山
メンバー:桜井進、生田(記)
コース:登山口Ⓟ8:20⇒金木平10:40⇒黒姫山12:30~13:00⇒登山口Ⓟ15:30

17-5-3青海黒姫1
杉林を抜けると気持ちの良いシダの明るい登山道になります。

17-5-3青海黒姫3
カタクリの群落を過ぎるとショウジョウバカマが現れまもなく雪道になります。

17-5-3青海黒姫4
稜線に出ました、日本海と大火災のあった糸魚川市街です。

17-5-3青海黒姫5
白馬、朝日岳方面です。

17-5-3青海黒姫6
左奥が雨飾山、中央が明星山でしょう。

17-5-3青海黒姫7
黒姫山頂からです、左から火打山、焼山(ドーム状の山)、雨飾山です。


期日 :5月4日
山名 :昼闇山(ひるくら)敗退
コース:焼山♨登山口Ⓟ5:00⇒アケビ平⇒退却点11:20~12:00⇒登山口Ⓟ15:10

17-5-4昼闇山1
西尾野川左岸の阿弥陀岳と烏帽子岳です(アケビ平上部より)。

17-5-4昼闇山2
昼闇山の全容です、今回は北尾根から山頂を目指します。

17-5-4昼闇山3
北尾根は雪庇崩落でズタズタに切れ藪漕ぎ、雪稜と交互に現れます。奥に火打山と焼山が見えます。

17-5-4昼闇山4
鉾ヶ岳と権現山です。

17-5-4昼闇山4-2
敗退地点標高1640m付近、山頂まで残り標高差200m程。残念ですが下山します。

17-5-4昼闇山5
下山後、麓から焼山(左ドーム状)と昼闇山(中央)

17-5-4昼闇山6
左が火打山です。

群馬新潟県境縦走

5月3、4日メンバー:三田、(境町山の会)、(大間々山岳会)
県内山岳会の有志で群馬と新潟の県境を歩いてきました。
Honeyview_IMGP0688.jpg
Honeyview_IMGP0694.jpg
Honeyview_IMGP0704.jpg
Honeyview_IMGP0703.jpg
8時半に野反湖から登り始め、白砂山を越えた鞍部でテント泊。
その先から三国スキー場跡までは登山道がありません。雪上を歩けない所はバリバリのヤブ漕ぎになりました。
Honeyview_IMGP0710.jpg
Honeyview_IMGP0708.jpg
Honeyview_IMGP0689.jpg
Honeyview_IMGP0715.jpg
三国スキー場跡で別グループと合流。ビールを勧められ美味しく頂いてしまいました。
しかしそれがいけなかった!
脱水状態だったので一気にアルコールが吸収されてしまい、ゲロゲロフラフラになりながら車にたどり着きました。
<反省>
・ダイエットしましょう。
・アルコールは下山後に飲みましょう。

窓明山から丸山岳敗退

4月29日~5月2日

メンバー:Tamamizu

30日に坪入山と高幽山の鞍部付近にテントを張り、1日に丸山岳までの往復。
2日は下山日で予備日無しの計画を立てのたが1日が朝から雨で昼前に下山
を決めた。

29日夜 桧枝岐のスキー場で仮眠

坪入山 002

30日 登山口5:30-窓明山9:30-坪入山11:00
     1712m付近12:00-1570m付近12:30

坪入山 015
窓明山の山頂
4月16日に窓明山頂まで荷上げしたスキー、ガス、酒を回収して坪入山に向かう。

坪入山 020
窓明かろ滑る
滑走してすぐに滑落した。良かったのか慎重にと斜滑降が多くなる。
坪入山までは前日のスキーのトレースがあった。

坪入山 023
ナイフリッジが現われる
坪入山の先で出た。落ちてもよい方向に移動しながらナイフの先端にスキーを乗せて越える。

坪入山 037
坪入山 041
1570m付近
2頭の熊の足跡が黒谷側から袖沢側ある。雪壁と雪稜でテント場に良いので熊を探しに行く。
居ない様なのでテント場にする。

坪入山 050
御神楽沢と三岩から中門の山々か
いつかは会津駒をベースに中門岳も滑りに行きたいです。

坪入山 046
高幽山、梵天岳で丸山岳は小さく見える
明日の天気が不安定なので高幽山までは行きたいと思っていた。

1日 1570m付近11:20ー坪入山13:00-窓明山14:30
   尾根間違え15:00-1436m登山道鞍部16:00
朝から雨だが高幽山の準備をしていた。回復の見込みがないので10時に下山を決める。
雨の中で面倒な撤収と下山はいやだが、テントの中で停滞しているよりも良かったからだ。

坪入山 057
ナイフリッジ通過
視界が悪いが無事に通過。
 
坪入山 059
坪入山付近
前日のトレースを探しながら進むが難しい。

窓明山山頂で残りの荷物を回収してシールのまま滑る。

坪入山 061
家向山と下山尾根
樹林帯を滑っていて尾根を間違えていた。
登り返して正規の尾根を滑り1436m登山道の鞍部にテントを張る。

無事に今日の行動が終了出来ました。浅草岳の帰りに買った
玉川酒造の越後武士で坪入山の登頂を祝う。

2日 1436m登山道鞍部7:30-窓明山9:00ー登山口12:00

晴れてきたので窓明山に登り下山する。

坪入山 070
三岩や窓明は雪雲の中

坪入山 074
昨日の熊のあと
先週、浅草岳から下山後、浅草大橋付近で地元の元猟師が熊を見ていた
のを思いだした。日帰りならこの時期から熊撃退スプレーを持てば安心かも

坪入山 080
坪入山 079
3日連続で4回目の窓明山登頂

山頂から滑走中に丸山岳を目指す単独女性と二人組に合い会話する。
私は敗退したので頑張れと応援した

坪入山 098
家向山西峰から窓明山を振り返る

目指せ いつかは 丸山岳    では、 また来年

至仏山 BC

■日付
 5月2日(火)
■メンバー
 Sさん(会外)、いしばし(記)
■行程
 鳩待峠 07:30 〜 至仏山 10:25 〜 オヤマ沢方面へ滑走 11:10 〜 鳩待峠 12:50

至仏山へスキー、スノーボードで滑りに行ってきました。
Sさんはテレマークスキー、いしばしはスプリットボード。

4/30は至仏山へ多数の入山者があったそうなので、5/2当日の00:30頃に鳩待峠へ続く林道のゲート前の車列に並び、開通まで仮眠しました。
ゲート前到着した00:30頃で10台、5:30頃には22台ほど並んでいました。

06:00にゲート開通し、鳩待峠の駐車場に駐車。※駐車料金は普通車で2,500円/日
一般車両用の駐車スペースが少ない気がしました(数えてませんが数十台程度)。
当日早朝に出発する場合は乗り合いバス、タクシー利用が確実と思います。

至仏山への行程では難しいところはなく、快晴のもと気持ちの良い登りとなりました。
登山者の装備はスノーボード、スキー、歩行がそれぞれ同程度か、もしくはスノーボードのひとが少し多いようでした。

雪が緩んできた頃に山頂から広大な斜面を滑走開始。
板がよく走り、楽しい滑走となりました。

鳩待峠への帰路には、登り返しを嫌ってオヤマ沢南面のトラバースを試みましたが、複数の沢状地形に行く手を阻まれ、結果として困難なルートとなりました。
沢沿いに鳩待峠に続く登山道まで滑走し、そこから鳩待峠まで登るのが良かったかもしれません。




登り始めから目的地が見えるのがうれしい


樹林帯を抜けたところ


長いトラバースですが足場はしっかりしていました


尾瀬ヶ原と燧ヶ岳


山頂直下の滑走面


オヤマ沢方面


小至仏のトラバース風景


ここから苦労しました


二子山中央稜

今回は、岩井くんと二子山中央稜に行ってきました!

2017年04月23日
8:30 中央稜取り付き
14:00 西岳山頂

メンバー
CL:七五三木
SL:岩井

1ピッチ目:七五三木
2ピッチ目:岩井
3ピッチ目:七五三木
4ピッチ目:岩井
5ピッチ目:七五三木

登り始め、ニコニコです!
登り始め、ニコニコです!

滑ると言いながら、笑顔な岩井くん!
1P目、滑ると言いながら笑顔な岩井くん!

岩井くん、ロープがたるたるだよ。。。
2P目、岩井くん、ロープタルタルだよ〜

今度はリードしてね!
3P目、今度は核心リードしてね♡

テラスでのんびり渋滞待ち
3P目上部の大テラス、渋滞待ち。。。

4P目
4P目、岩井くん2ピッチ繋げての登り! やる〜ぅ!!

やばいっ 落ちる?!!
4Pの途中の危機っ やばっ 落ちる?!!

余裕です!!
5P目、岩井くん余裕の表情!

登頂! 暑い!!
西岳登頂!!

下の上級者ルート、なめたらアカンぜよっ!
下の超上級ルート、岩井くん、なめたらアカンぜよ!!

かねて難しいピッチはなく、ボルトもしっかりしているので初心者向きのルート。最終Pはカムがあると安心かも。
この程度をしっかりの登れて、渋滞を横から登って回避したり、支点ボルトが既に使われている時にどこで支点が取れるかでスピッドアップにつながると思う。

お疲れ様でした〜!














































































テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

岩櫃山

■日付
 4月30日(日)
■メンバー
 みた、きたづめ、かわらい、おぎの、いしかわ、はんだ、いしばし(記)
■行程
 岩櫃山平沢登山口 〜 沢通り〜 岩櫃山山頂 〜 密岩通り 〜 十二様通り 〜 尾根通り 〜 平沢登山口

群馬県吾妻にある岩櫃山に行ってきました。
昨年の大河ドラマの影響もあってか、山頂や岩櫃城本丸城址を目指す方がたくさんいました。

コースによっては鎖・ハシゴ通過の際に緊張を強いられる場面が多数ありました。
山頂からは周囲の景色を遮るものがなく、晴天だったこともあって良い景観でした。

新人の方3名を加え、笑いあり、涙ありの楽しい山行となりました。



9合目から山頂
DSC02302.jpg

パノラマ〜
DSC02313.jpg

9合目と山頂。山頂直下のくさりは特に高度感があった
DSC02329.jpg

花咲く季節になりました
IMG_1735.jpg

IMG_1736.jpg

花瓶山

期日 :4月23日  天気:晴れ
メンバー:L生田、滝沢、荒巻、桜井、服部、あらまき、やまもと、木部
コース :如来沢Ⓟ発8:00⇒向山⇒花瓶山10:30⇒次郎橅⇒土場11:30~12:00⇒Ⓟ着13:00

17-4-23花瓶山1
登り始めてすぐにイワウチワの群落が現れます。

17-4-23花瓶山2
花瓶山山頂です、栃木茨城の県境です。(厳密には茨城県?)

17-4-23花瓶山3
山頂付近はカタクリの群落があります、時期的に少し遅いようです。

17-4-23花瓶山4
カタクリの花をアップで撮りました、中央に桜の花模様がありますが見えますか?

17-4-23花瓶山5
あとは林道を1時間で駐車場です。時間が早かったので帰路途中の広重美術館によって帰りました。

浅草岳

■日付
 4月24日(月)
■メンバー
 玉水、石橋(記)
■行程
 県道385号線 大自然館前 08:00 〜 浅草岳 12:15 〜 大自然館前 14:35

新潟・福島の県境にある浅草岳に登ってきました。
白崩沢橋から登り始め、尾根沿いに浅草岳へむかいました。
途中薮の濃い場所や数十センチのクラックを越え山頂へ。
山頂から360度の眺望を楽しんでから、登ってきた尾根を下山しました。

登る途中何度か急坂があり、石橋はシールで登れず数メートル滑落したのでツボ足で登ることに。
下りでは薮通過の際にスノーボードとストックの組み合わせが役立ちました。

途中でボードを担ぐ
浅草岳 003
浅草岳 005

浅草岳から尾瀬方面
浅草岳 021

次はこっちの広く平らな早坂尾根を滑ってみたい
浅草岳 025

下山開始
浅草岳 030
浅草岳 039





燧ヶ岳

■日付
 4月22日(土)
■メンバー
 金澤、木村、石橋(記)
■行程
大清水 05:20 〜 三平峠 〜 長英新道 〜 燧ヶ岳山頂 11:55 〜 ナデッ窪滑走 12:40 〜三平峠 〜大清水 15:35

燧ヶ岳登山と、ナデッ窪滑走のため尾瀬にいってきました。
大清水の駐車場から雪の積もった林道を進み一ノ瀬まで。
その後は三平峠を越えて尾瀬沼に降りました。
尾瀬沼はほぼ凍結していたため長英新道へ向けて真っ直ぐ横断し、燧ヶ岳山頂に登りました。
登っているときには山頂が晴れる場面もありましたが、山頂に到着した頃には完全にガスに覆われて視界はありませんでした。

下山開始後、ナデッ窪にて本行程唯一の滑走を行い、再度尾瀬沼を横断し三平峠から下山しました。
かなりのロングコースでしたが、

石橋にとってはほぼ初のスキー・シール登下降で、来シーズンに向けて多くの課題が見つかりました。


ここまでガスで全く視界がありませんでしたが、ちょうど晴れてきて滑走開始。上部は急斜面でした。
IMG_1646.jpg

IMG_1720.jpg


滑走中は広大な尾瀬沼が見えます
IMG_1654.jpg

スキー練習しようと思いました
IMG_1661.jpg

ナデッ窪を滑り終えて、尾瀬沼から背後を振り返ると青空と燧ヶ岳
IMG_1684.jpg

IMG_1723.jpg

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-