二子山中央稜

6月19日

メンバー:川名、松嶋(記)

混んでないことと雨が降らないことを願いつつ、二子山中央稜へ行ってきました。

駐車スペースには4台の車がありましたが、取付きに行くと誰もいない。先行者は、すでに2ピッチ目を登っていました。登り始めても後続者は現れず、マイペースで登ることができました。
天気は、終始曇り空でしたが、クライミングには適温で快適に登れました。
3ピッチ目核心は、やはり難しくA0させていただきました。精進します。

3ピッチ目 核心越え直後。
CIMG3838.jpg


4ピッチ目 
CIMG3840.jpg


6ピッチ目
CIMG3847.jpg


終了点より西岳山頂
CIMG3849.jpg

袈裟丸山

6月11日(日)
メンバー: 石川、石橋(写真)、北詰(記)

急に天気予報が変わり、近場で行けるところで、計画しました。2週間前に折場口から弓の手コースで前袈裟丸まで行ったので、今回は塔ノ沢コースで寝釈迦を拝み、賽の河原まで行ってきました。途中リスや鹿にも遭遇、今回も楽しい山行となりました。

201706122247258a9.jpg
晴天のもと 緑まぶしく

20170612221700940.jpg
登山口には小さな滝が

201706122216514a1.jpg
澄んだ水は美しく

2017061222164181b.jpg
苔は柔らかく

201706122216501e4.jpg
足どりも軽やかに

20170612231716702.jpg
木も頑張って岩を支えて

201706122216470a1.jpg
寝釈迦様にご対面 触りまくる…

20170612221653800.jpg
水はいつまでも流れ

20170612221658940.jpg
岩は力強く

20170612221644fe1.jpg
次はどこへ行こうかと話もはずみ

201706122216459f8.jpg
楽しく平和な一日でした。



一ノ倉中央稜

5月20日 
メンバー:金澤、木村、松嶋(記)

晴天の週末、シーズン初めの一ノ倉 中央稜に行ってきました。

今年は、残雪が多く出合いからテールリッジまで雪の上を快適の登れました。
中央稜は、ほぼ貸し切り状態、岩もいつもより乾いているところが多く
快適クライミングができました。
出合い 5:45 ~ 衝立の頭 11:00 ~ 出会い 14:40

18582339_659298497597911_336797199117411523_n.jpg
CIMG3622.jpg
昨年のこの時期は、出会いに雪はありませんでしたが、今年はたっぷり!
テールリッジの取付きも楽でした。

CIMG3628.jpg
中央稜1ピッチ目。登りは風もなく、穏やかな天気!

CIMG3634.jpg
3ピッチ目スタートのトラバース。緊張!

CIMG3646.jpg
4ピッチ目スタート。核心部は、珍しく乾いていた!

CIMG3678.jpg
下降時は、風が強くなり、ロープが流されつつも、大事には至らず、無事下山。

西穂高岳

期日 : 5月14日(日)

メンバー 中村 斎藤(記)


新穂高温泉からロープウェイを使い西穂高岳へ登ってきました。

ルート:鍋平駐車場→しらかば平ロープウェイ→穂高登山口→西穂山荘→丸山→独標→西穂高岳→鍋平駐車場

行き4時間 帰り2時間30分

山荘までの道は雪が腐っていて踏み抜きが多数ありました。山荘→西穂高岳間は雪がありますが夏道がほぼ出ていてアイゼンは必要ありませんでした。
独標→西穂高岳間の雪のある斜面をトラバースするのにピッケルを使いました。そのほか使うポイントはありませんでした。北アルプスを見渡しながら歩くことができて楽しい山行でした。次はテント泊をしにまた行きたいです。












雲取山トレラン

期日 : 4月23日(日)

メンバー 中村 斎藤(記)

雲取山へトレランに行きました。

ルート:三峰神社→雲取山荘→山頂→鴨沢口→山頂→雲取山荘→三峰神社

行き(鴨沢まで)4時間30分
帰り(三峰神社まで)5時間50分

雪解けでぬかるんだ道が多数あり滑りやすいため注意して進みました。
鴨沢の方は道が乾いていて歩きやすい道でした。
43キロの長距離を走るのは初めてで走りきることができるか不安でしたが無事走り終えることができて良い経験ができました。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-