南沢大滝・小滝

2月24日(水)
メンバー:児玉、倉澤

美濃戸に行く道は①白樺湖経由、②野辺山経由とあるが、どちらが合理的なのであろうか。時間、距離、燃費、道路状況、情景etcと要素は多々ある。常に答えを出せないままの気分で選択・・・まっ、いいか。


てな事でうちの会社の特殊事情休日を使って児玉さんと氷登り。南沢は両人とも初めて。美濃戸からの登山道が氷結していて非情に悪い。アイゼンをつけるのも面倒なので、両脇の残雪をフルに使ってなんとか到着。

fc2 1
まずは小滝から。えってぐらい氷が無い!自分の持っているガイド本は両脇にびしっと氷が張っているのに・・・今年は何処にいっても悪いですね。
傾斜は80度ぐらい。ここは自分が何とか出来そうだったので、リード。トップロープを張り、各自3本ほどずつ。

fc2 2
次に大滝。おっ高!と思うも、こちらもやはり氷が無い!ガイド本じゃ岩出てないのに・・・。中間までは70度ぐらいの傾斜で、中間よりは上部は90度。真ん中は青光りしているブルーアイス。バイル刺さるんかしらと不安に。

fc2 3
児玉さんリードで登る。中間まではランニング1本で楽々いくも、上部はやはり氷が硬いらしく、バンバン打ち込む。こりゃ厳しいか何て思いながらビレーしていたが、結局上部もランニング1本で抜ける。
トップロープをセットしていただき、クライミング。群馬近辺の氷と違って、八ヶ岳は硬い。数回バイルを振らなければ決まらず、腕が非情に消耗した。ちょっとしたハプニングもあったが、両人とも2・3回登り、明日は仕事なんで早めの撤収となった。

fc2 4
何かは分からないが、雪をかぶった山が望めた。
20代の若い頃、有雪の北アルプス・笠ケ岳に感動して山を始めた事をふと思い出した。(まだ登ってませんが・・・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-