赤岳

2014年10月11日
赤岳(八ヶ岳)
真教寺尾根経由赤岳、県界尾根下山
Y.A

巨大台風の影響で折角の3連休は後半雨予報。手頃な日帰りコースで赤岳を設定。
標高差と長距離が不人気な東側の2大尾根を日光白根山以来のTさんと共にトレ
スする。久々のまともな山行故、上り5時間、下り3時間の予定で臨む。
前夜、美し森で仮眠。5時45分に歩き出す。紅葉の盛りにはちょっと早い感じ。台風が
過ぎ寒気が下がってくると紅葉も進むでしょう。
このコースはやはり登山者が少なく5パーティ7名位が前後に見えた程度。下半の緩い
上りを3時間ほど行くと木々の間に頂上が見え隠れする。
P1000112c.jpg
上って来た真教寺尾根。ここまでだらだらな上り。
彼方に富士山も遠望できる。
P1000109c.jpg
木々の間から望んだ頂上へ続く稜線。
P1000110c.jpg
赤岳沢を挟んで天狗尾根。横から見ると意外と急登です。
以前取りついた時は夢中で登っていたので気づきません
でした。この日は1組登っていました。

ハイライトの鎖場に差し掛かると脚が攣りペースダウン。話好きなオニーちゃんと話しながら岩場を辿り稜線へ。
山頂へ向かうとどこからか湧いた様な人の数。次々と文三郎を上ってくる。
P1000117c.jpg
頂上はこんな感じでした。小屋前も登山者があふれていました。
P1000118c.jpg
頂上からの御嶽山遠望です。噴煙を上げています。
未だ行方不明の方がいます。早く発見される事を願っています。

好天の中ゆっくり休み県界尾根を下る。上部は急な下りもあるので慎重に降りはじめる。
P1000120c.jpg
下ってきた県界尾根。こちらも下半は緩い傾斜で歩きやすい。

出発点の美し森駐車場着15時30分。上り、下りとも予定より各30分超過し無事下山。
途中、「灯明の湯」で汗を流し帰宅。
スローペースに合わせてくれたTさんのおかげで久々の八ヶ岳を楽しめました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-