常念岳

12月29日~1月1日
メンバー:松島、今関、入江、富岡、安井


29日 9時、釜トン ~ 14時、徳沢
30日 8時、徳沢 ~ 14時、蝶ヶ岳山頂→冬季小屋
31日 6時30分、冬季小屋 ~ 常念岳(敗退)
1日 6時30分、冬季小屋 ~ 15時、釜トン


初日、晴れ。徳沢着後宴会。

二日目、晴れ。長塀尾根はトレースがバッチリ!快適に蝶ヶ岳山頂へ!ガスが出て常念がたまに顔を出す程度の視界。冬季小屋では、松島さん入江さん1年越しに鹿児島大学山岳部の若人と再開を祝う。若人2名と川崎市の単独行の方を交えて盛大に宴会。

蝶ヶ岳から常念
1514464_522296027877911_1953815677_n.jpg


三日目、雪。若人2名、単独行の方を含めて常念岳山頂を目指す!稜線は風雪強く、耐風姿勢をとりつつ一歩づつ進む。若人2名、単独行の方は撤退した模様。蝶槍を過ぎて樹林帯に入ると腰ラッセル。蝶槍の次のピークで天候の悪化から撤退を決定(10時)。帰りはさっき付けた筈のトレースが消え腰ラッセル、苦行。樹林帯を過ぎると風雪の威力が増し、冬季小屋までの行程を考えると生きた心地がしない。蝶槍を過ぎると普通に歩ける風雪となり、冬季小屋に戻る。若人2名と紅白を聞きながら年越しそばを食べ、宴会。

強風
ACIMG1159.jpg

ラッセル
ACIMG1170.jpg

蝶槍から蝶ヶ岳
ACIMG1204.jpg


四日目、雪、荒れ気味。若人2名を連れ下山する。小屋を出るとホワイトアウト。風雪強く、呼吸が取りにくく、横歩きなのに息が続かない。一瞬入江さんの手綱が緩み、遭難を覚悟する。今回の核心!何とかかんとか樹林帯に入ることができ無事に下山。明神小屋辺りで若人2名との再開を誓い、彼等は置き去りに。上高地でも風雪強く苦行の横歩き。

強風
ACIMG1213.jpg


松本市内の焼き肉屋によるも、火事により店外退去を強要され何も食べれない!確かに煙りが凄かった。避難する横目で入江さんが必死にビールを飲み干している姿が目に入る。

下界は下界で危ない。


皆様、年越し山行お疲れ様でした。とても面白かったです!


鹿児島の若人2名、色々とありがとう!食べ物を沢山強奪してしまい、スミマセンでした。群馬で待ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-