泙川小田倉沢~津室沢

13年9月14日(土)晴れ
メンバ:遠藤、金澤、松島、いずみざわ

ひと月ほど前から計画していた湯檜曽川本谷が前線と台風18号の影響で土曜日しか好天が見込めないため、急きょルートを変更した。

ゲート5:30~奈良6:10~泙川~小田倉沢出会~20M滝~奥の二股手前~津室沢12:00~45M滝~泙川~奈良~ゲート17:30

FC2 1
林道工事のためゲートがあり、そこから奈良集落まであるき、泙川に下降。出会いより上流に降りてしまい、間違って川を上り一時間のロス。

FC2 2
秀逸の20M滝。この沢は総じて綺麗でした。

FC2 3
右にFIXが貼ってあるも、金澤さんは果敢に左のラインを。上部がぼろぼろで難しいらしく、残りの三人は有りがたく残地を使わせてただく。

FC2 4
ナメもあり。ところどころ岩魚が走る魚影の濃い沢でした。

FC2 5
左のラインが容易に登れました。

最後の大きな滝を巻くと二人組の釣り師に出会う。彼らは栗原川林道から沢をたどって来たそうです。そこから先行者に敬意を払いできるだけ沢に入らないよう木立を歩く。
それが功を奏したのか津室沢にむかうために踏み跡を容易に見つけられ、それをたどると津室沢に入渓できた。

FC2 6
津室沢のハイライト、45M大滝。左壁にリングボルトで支点が作られていたが、強度に不安を覚えたので大木の根っこで
スリングとカラビナで形成し、懸垂下降。非常に迫力のある綺麗な滝で楽しめた懸垂だった。

あとは遊びながら下降し、日が暮れる前に車に戻ることができた。
テントを持って釣りながら一泊なんてのもお勧めの沢です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-