中門岳・中門沢、会津駒ケ岳・御神楽沢

8月10日~13日
メンバー:玉水・安井・会外2名

8月10日
13:15 会津駒ケ岳登山口
16:00 キャバレー駒
IMGP0090_convert_20130816225948.jpg
10日はキャバレー駒に宿泊。とても居心地が良く、暖かい布団に寝られ快適であった。
この日は、30名満員御礼であった。

8月11日
5:30 発
6:00 中門岳
P8110131_convert_20130816230707.jpg
ガスに包まれた中門岳から北西方面へ藪漕ぎをし、沢に降り立つ。
この時は気付かなかったが北にもう一つ中門岳のピークがあり、
中門沢に降りるには、そのピークの北西を下降しなければならなかった。
中門沢と思っていたのは大間違えで、実際は大倉沢であった。
IMGP0103_convert_20130816231423.jpgIMGP0104_convert_20130816231442.jpg
沢を下降していくと大きなダムが出現。中門沢にも取水池のようなものを地図から読み取れそれと勘違いする。
実際は大津岐ダムであり、気が抜けない高巻きを1時間強行う。その後林道を進み適所にテントを張り就寝。

8月12日
林道を進み、御神楽沢(本当はスクノウシロ沢)の遡行が始まるがトポにある滝など全く出てこず、
沢幅も狭いことから、GPSで現在地を確認する。そこでようやく間違えに気付く。
全員で協議した結果、今いるスクノウシロ沢から中門岳を目指すことにする。
標高1650mにテントを張れるスペースがある。沢終了後の尾根での藪の深さが不明なことから
13時30分、早めに幕営する。
P8120215_convert_20130816234644.jpgIMGP0125_convert_20130816234727.jpg
玉水さんが釣り上げた、大きな岩魚を美味しく頂きました。

8月13日
スクノウシロ沢は1800mで終わり、残り200m・距離1Kmの藪漕ぎが始まる。
深い藪漕ぎをすること約4時間、アブと暑さに耐え、中門岳に突き上げ、無事下山する。
P8130252_convert_20130816235852.jpg

今回は山の難しさを痛感した山行となりました。
地形図とコンパスを携行しながらろくに確認することなく、その都度都合の良い解釈をして、
ミスに気付くのに時間が掛かかりました。次回は、今回の反省を生かした行動をとっていきます。
玉水さん、横浜の加藤さん・越野さん、お疲れ様でした。またよろしくお願いします。

****************************************************
番外編:ぴょん吉
IMGP0117_convert_20130817001745.jpgIMGP0119_convert_20130817001811.jpg
フリーで正面壁の突破を試みるぴょん吉
IMGP0112_convert_20130817001624.jpgIMGP0113_convert_20130817001659.jpg
胸ベルトを懸垂でトラバースし、カメラポーチでレストするぴょん吉。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-