カナダ、テンプル東稜 Ⅳ 5.7

テンプル東稜 Ⅳ 5.7 2013.8.4
メンバー:児玉、会員外2人

4:00キャンモア-5:30駐車場-9:00ビッグステップ-13:30ブラックタワー基部-14:30稜線-15:45テンプル頂上-18:40モレインレイク

北米50クラシックルートであるテンプル東稜に両氏のお誘いにより登ることができた。天気はあまり良くなかったが最高に気持ちよりクライミングができた。
3544mのテンプルだが、1600m以上の標高差のクライミングでその8割方は岩登りでグイグイ登って行け、且つ立っているクライミングもある。最後は雪稜となり頂上に着く、アルパインクライミングだ。
P8040025-1.jpgP8040041-1.jpg
朝4時出発しモレーンレイク手前の駐車場から50m戻りアバランチガリーを登って行く。90mピナクルの左を通り詰め本来右にトラバースするところを左に行ってしまい時間ロス。右に戻りリッジを回り次のケルンがあるリッジを登る。その後登りやすいガリーを行き、また左を回ってリッジ/ガリーを登ると10m程の立った壁面に当たる。ハンガーが打ってありロープをだす。少しリッジを詰めるとビッグステップが見えてくる。ここまでかなり登って来た。ロープは1回出したが、それ以外は弱点を突いてグングン登ってこれる。素晴らしい。
P8040009-1.jpg P8040013-1.jpg
P8040018-1.jpgP8040021-1.jpg
P8040023-1.jpg

ビッグステップは快適だ。立ってる割にホールドがありそれほど脆くない。だがリードともなると岩ごと落ちそうで怖いので慎重になる。所々にスリングやハーケンがみられる。ビレイステーションはしっかりしていて安心だ。そこが終わってからまたルートがはきりしない。チムニー的なカムが残置してあるところを登る。ビッグステップより厳しい感じ。そこを出るとようやくブラックタワーが間近に見えてくる。ルートをまずリッジ沿いにとりトラバースする。雪渓も残っていてブラックタワーの基部を目指す。基部にはしっかりとした支点がある。しかし浮石が多く落とさないで登ることは困難だ。落先を食らわないように登るが多少あたってしまう。このパートが一番嫌らしい。所々に新しいしっかりした支点が見える。最後は左の細いガリーを詰めると稜線に出る。
P8040030-1.jpg P8040036-1.jpg
P8040040-1.jpg P8040047-1.jpg
P8040052-1.jpg P8040065-1.jpg
P8040067-1.jpg P8040077-1.jpg
P8040079-1.jpg

稜線からは氷河に覆われていて氷河歩きとなる。クレバスや雪庇があり凍っているところもあるのでアイゼン/ピッケルは必須だ。頂上まで結構長い。あられ/雪が降ってきた。周りの視界は殆どなく景色は見れないが時折雲が消え見えることもあった。頂上は天気が悪いせいか誰もいなかった。旗が立っていて記名する手帳があり初登頂の記録を残した。下りはスクランブルで使用している西南稜を下る。誰もいない。雨が降った後なので埃もなく快適だ。天気も良くなってきた。モレインレイクまで来ると午後7時近いというのに人が一杯だ。
P8040084-1_20130806034144a40.jpg 1097785_576956832345835_8253983_o_201308060341439b8.jpg
P8040089-1_20130806034145aa4.jpg P8040090-1.jpg
P8040096-1.jpg P8040100-1.jpg
P8040117-1.jpg P8040119-1.jpg
P8040122-1.jpg P8040123-1.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-