槍ヶ岳

4月27・28日
メンバー:玉水、三田、(会外 加藤さん)、松島

当初は白出沢 経由 奥穂高岳へ登る計画でしたが、
雪の影響で、飛騨沢 経由 槍ヶ岳へ変更。(会へは、往路の車中で連絡)
槍の頂上まではとどきませんでしたが、2日目はきれいに雪化粧した
北アルプスの景色を眺めることが出来ました。
27日 10:00 新穂高駐車場 発 → 11:50 穂高平小屋 → 13:20 奥穂高岳 →
    16:40 滝谷非難小屋
28日 6:30 滝谷非難小屋 発 → 10:00 千丈沢乗越分岐 手前(2350m)→
   11:20 槍平小屋 → 12:30 滝谷非難小屋 → 14:50 白出沢出会 → 16:10 新穂高駐車場

DSCN1123.jpg
新穂高駐車場に着くと周りは真っ白な雪景色。しばらくは雪が止みそうにない。
スポーツシューズで奥穂高登山口まで行くつもりが、はじめから登山靴。

DSCN1129.jpg
奥穂高登山口。当初は、ここから穂高方面に行く予定でしたが・・・。
この日の奥穂方面へ踏み跡は、ありませんでした。
白出沢を越えると登山道となり所々踏み後が消えている。木に目印のテープがついていますが、
注意しないと見落としてしまうところも。

DSCN1144.jpg
滝谷非難小屋は先着者がおり、手前の林間にテントを張る。
鍋物とうどんをたらふく食べ就寝。

DSCN1163.jpg
DSCN1178.jpg
2日目は、朝から晴天。沢沿いはほぼ無風だが、稜線は強風で雪煙が上がっている。
滝谷非難小屋を過ぎ10分も行かないうちに、踏み後を消し沢の中まで達するデブリが現れる。
数人の先行者の踏み後をたどって進む。
進行方向右側の南岳・中岳方面は、デブリの起こっていない雪面が続いている。
注視しながら槍ヶ岳へ向う。
槍平小屋から飛騨沢を見ると先行者が2組。
中崎尾根上にも2組ほどのパーティが見える。
飛騨沢側のの先行者1組を抜くと、その先の先行者は
スノーシューをはいているようで、つぼ足のわれわれは
フルラッセルに近くなる。
千丈沢乗越分岐手前(2350m)でタイムアップ、下山することに。

DSCN1179.jpg
下山中前方を見ると青空と穂高連峰がきれいに見えました。
下山時の南岳・中岳方面の雪面は、部分的にデブリが出始めていた。
今回の山行は、雪山のよい勉強になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-