足尾 大岩沢

2月11日 メンバ:原、和泉澤

足尾の大岩沢に行ってきました。両名ともはじめてで入渓点が分からず、行ったり来たりして30分ほどロス。
太田を六時に出たのに、結局スタートは9:00でした。

南橋集会所の横を抜けて、廃線となった線路を越える。大岩沢の下部は堰堤がこれでもかというぐらいにあり、それを全て越えていく。雪が着いててちょっと怖い場面も。

fc2 1
30分ほどでF1に着き、準備。ここは自分がリード。始めのほんの数メートルが80度ぐらいで、あとは緩い。氷は堅く締まっていた。

FC2 2
F1を越えるとすぐに現れるF2.下部7メートルほどが80度ぐらいであとは段々と緩くなっていくが、高さがある。何故か平爪を持ってきた原クンがリード。

FC2 3
次のF3もほどほどに緩いが、長いためザイルを50メートルぐらい使った。

クライミングの対象はF3のみで、あとは沢を詰めていく。1対1にみえた二股があり、左のほうのが非常に緩いが氷が張っていたので、こちらに。氷が終わったところから尾根沿いに進む。稜線に出るにあたり、岩場があり、アックスと木登りを巧みに使い越える。終わってみてここが一番難しかったかな。

FC2 4
稜線にでて暫く岩稜帯を行く。眼下に足尾の町並みがすぐそこに見えた。

FC2 5
備前楯山に向かう稜線の途中で、昔から気になっていた足尾の街の上にあるダムが見えた。情報どおり赤い水であった。おそらく銅による有害物質であろう。

備前楯山までは人の足跡はなかったが、鹿の踏み後がずっとあり、つぼ足が大分楽できた。頂上につき、そこからは登山道を下り、舟山駐車場へ。そこから車道を延々あるき、車に15:00すこし前に着きました。総合的に遊べて充実した一日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-