大同心大滝 敗退

12月23日
メンバ:金澤、漆原、原、和泉澤

広河原沢左俣を計画し、太田を3時に出発。船山十字路を右折し、ゲート前につくと30台以上の車が!!
あまりに多い先行に辟易し、急遽美濃戸へ。その間の車中で大同心大滝に変更決定。

普段の駐車場は停められず、一段低い場所へ。こちらも多い登山者。クリスマス連休、世間はもっと違うことやってますよ~、登山者さん。

北沢の登山道を行き、赤岳鉱泉につくも、ここも人が多い。大滝にトップロープが張られやるところがないと想像できたが、大同心稜とわかれ、大同心沢に入るとノントレース。先行者いない、ラッキーと思うも、その見返りにトレースをつくらねばならず、しばしラッセル。

大同心大滝
初めての大滝の感想は結構でかい!と思った。
四人とも初めて及びシーズン始めなので、とりあえず多段になっているのでピッチを切る。氷が非常に堅く難しく感じる。また非常に寒い。

中間部
あまりのコンディションの悪さに垂直部分はまだせず、左の肩のところに残地があったので、そこを支点にトップロープで練習することにした。
そのうち気温があがったのか、氷が柔らかくなり登りやすくなった。

しかしアクシデント発生。ビレイをしていたAさんの顔に落氷があたり、出血。これでストップし下山とした。
バーチカルに取り付く前の下山となり、次回リベンジしたいと、登れそうな人は思ったであろう。

撤収し、沢を下降していると3パーティほど登ってくる。どうやら午後氷が緩んだころに登ってきたようで、我々の無知が露呈した格好となってしまったようです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-