FC2ブログ

ヨーロッパ遠征

7/24~8/24

■メンバー
・入江

7/25~8/1グリンデルワルト
8/1~8/9ツェルマット
8/15~8/23シャモニー

7/27メンヒ
7/30~31ユングフラウ
8/3~5マッターホルン
8/8ブライトホルン
8/18~19モンブラン
8/21モンブランデュタキュル

装備:ロープ、ハーネス、ピッケル、アックス、アイゼン、ヘルメット

7/27メンヒ(monch,4099m)PD.岩登りⅡまで、雪/氷面40度
晴れのち曇り
10:00メンヒ取り付きー13:00山頂ー16:00メンヒ取り付き
ユングフラウヨッホ(3475m)まで登山鉄道でいけるので登りは600mくらい。
高度順応せずに登ったので体が重い気がした。緊張感のあるリッジがあった。



207540_287228118051371_30272452_n.jpg
山頂より下山路。

7/30~31ユングフラウ(jungfrau,4158m)PD+.岩登りⅡまで。雪/氷面40度、部分的に50度
ピーカン
4:00メンヒ取り付き-9:30山頂-13:30ユングフラウヨッホ
30日にメンヒ取り付きにテント泊し、31日にアタック。
最初一時間氷河歩きがある。
下山で岩と雪の急なところで懸垂を2回した。
下山は途中で分かれていてフングフラウヨッホに近道できるのだが、同ルート下降した結果、ノートレースの氷河をあるいてしまい、ひどく緊張した。
391515_288293224611527_171706724_n.jpg
このスカイラインを登る。



8/3~5マッターホルン(matterhorn,4478m)AD-。Ⅲ-まで。
3日晴れ、4日晴れ後曇り時々雪、5日曇りのち雪、雷

3日ヘルンリ小屋まで2時間。テント泊。
4日、3:30ヘルンリ小屋-10:00山頂-20:30ヘルンリ小屋

マッターホルンはルートファインディングが難しいと聞いていたので、ガイドさん達が出発するまえにテント場をでた。暗い中、最初の固定ロープをのぼり、トレースをあるいて岩場に取り付くがわからない。どこでも登れそうなのだが躊躇してるうちに、ガイドさん達は早く、すぐに抜かれヘッテンの明かりを見つけついて行く。ソルベイ小屋の前で3パーティーくらいの渋滞。そこでの待ち時間ドイツ人2人組と話し、ひとりは危ないとのことでザイルを組んでいこうと言ってくれたので、ありがたくザイルを組みました。頂上に着き、下山も三人でしました。4200mくらいでアクシデント。一人のドイツ人の片方のアイゼンが外れ、落ちていきました。片方のアイゼンなしで、雪があるので安全にということで懸垂の連続で時間がかかります。4000mを下り雪も少なくなりクライムダウンで降りていきますが迷います。登り返しも何度かしました。下山に11時間近くかかりました。
5日、テントを回収して下山。雪に降られる。



293233_290515317722651_1426299327_n.jpg
ハイキングにて逆さマッターホルンGET.

8/8ブライトホルン(breithorn,4164m)PD-
晴れ
9:00ロープウェー駅-10:20山頂-11:10ロープウェイ駅
255246_290834964357353_2068251989_n.jpg
ロープウェイ駅からの景色

8/18~19モンブラン(mont blanc,4807m)F
二日ともピーカン
18日、10:00駅-16:30グーテ小屋
19日、2:40グーテ小屋-6:00山頂-8:20グーテ小屋-12:30駅
テートルース小屋からグーテ小屋まではⅡまでの岩登り。途中落石の非常に多いクーロワールを通過する。
グーテ小屋から山頂まではずっと雪。山頂付近では風が強かった。
246861_294661543974695_134029682_n.jpg
山頂にてご来光。



8/21モンブランデュタキュル(mont blanc du tacul,4248m)PD
晴れ
モンブランで知り合った山内さんと登った。
8:00ミディ-11:00山頂-13:40ミディ
大きいクレパスが3個くらいある。山頂直下のみ岩場。下山時岩場のみ懸垂。
484616_295315103909339_1139005194_n.jpg
山内さんありがとうございました。
246865_295314600576056_1795064352_n.jpg
クレパスの中。

8/7ツェルマット教会から歩いて10分の岩場にてフリークライミング、テント場で知り合った坂さんと。
484102_290935394347310_1449575861_n.jpg

8/20ガイアンの岩場にてフリークライミング、山内さんと。
417314_295030127271170_1617064394_n.jpg


どの町にもハイキングコースがたくさんあったのであるきました。
396134_286596128114570_1994883781_n.jpg
二月に始めた体幹トレーニング。後ろの山は左からアイガー、メンヒ、フングフラウ
391265_289150651192451_1964369842_n.jpg
エーデルワイス
480328_289150327859150_1656249001_n.jpg
スネガよりマッターホルン
480768_293972874043562_743275474_n.jpg
綺麗な形のドリュ。

海外一人旅が初めてでどーなることかと不安もあったが、行ってみると日本人が非常に多くいた。テント場では夜はいつも宴会だった。いろいろな出会いがあって旅はいいものだなぁと思いました。
一ヶ月天候に恵まれました。
山は無数にあるんだなぁと思いました。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-