大水上山~小兎岳スキー縦走

5月12日~14日

メンバー:Tamamizu

昨年の5月に三国川からスキー縦走を
計画したが、ブロック雪崩が怖くて中
ノ岳に変えた。今月も1日~2日に計
画したのだが大雨予報で断念でした。

今回は三国川を調べてからの山行です。
ブロックは落ち切りました。
残りは?デブリからの滑落です。
時期により変わるが?今回も恐怖でした。
三国川の通過は4回目で全部春でしたの
で確実に怖いイメージしか無い。

12日は冬型になったおかげで雪が積もり
綺麗で白い雪山で遊んでこれました。

5月12日
十字峡18時に着き三国川の偵察

5月13日 
十字峡6時30分発

小兎岳 007
小兎岳 008
長いデブリ地帯が続きます。
三国川に落ちたら終わりなので慎重に行動する。
小兎岳 017
二合目です。
コブシ花とシャクナゲの花と新緑です。
小兎岳 018
標高1350mまでのぼりました。
残雪の上に新雪が積もり綺麗です。
ここから等高線がゆるやかになるのでシール登高です。
小兎岳 024
丹後の避難小屋です。
ドアの外側の仕切り板が凍ってました。
悪天時は助かるが今日は無視する。
小兎岳 028
大水上山と荒沢岳です。
大水上山に13時着。
ゆっくり休み兎岳をめざす。
小兎岳 037
小兎岳 052
兎岳と兎岳山頂からの滑走。
小兎岳 048
明日登る中ノ岳です。
オオシラビソ?の枝先の雪壁が気になります。
小兎岳 054
小兎岳からテント場を探しながら滑走。
小兎岳 056
中ノ岳と小兎岳の鞍部に決めました?
奥只見のマッターホルンがカッコ良いから 

5月14日 
ガリガリに締まってるので慌てない。
7時発。シール登高でゆっくり登ったが?
危ないのでスキーを担ぐ。前日見た不安の雪壁が現れる。
季節風のいたずらなのか、10mの壁でした。左右共に巻けないので?敗退か?
と思ったが?負けたくないのでステップをしっかり作りアイスバイル一本を頼りにし
て乗り越えました。
小兎岳 064
九合目に着いて下山するルートを偵察しました。
日向山までは3か所雪が切れています。
山頂に行かずに1800mまで降りて休む。
小兎岳 067
シールを干して行動水を作り滑走の準備をする。
小兎岳 077
日向山まで下降しました。
雪がまだきれいです。
小兎岳 083
雪が汚れてきました。
スキーのまま藪こぎや岩登りなどのルール
違反をしたが無事に滑りおさめ?(富士山行くかも)が出来ました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-