小烏帽子山


4月18日(晴れ)

メンバー;Tamamizu

小烏帽子の偵察でルートを今までの逆(布引~雨ヶ立の逆です。)
のコースで登ったが新しい事がいっぱいで整理出来なかったが
B峰の中間まで行けたので楽しめました。

今回は板幽沢の右から登り雨ヶ立を目指したが途中から近道して
布引尾根に向かってしまう。

雨ヶ立 005

布引尾根が見えました。奥の大きな山を見てびっくりしました。
(今年2回ほどこの辺をうろうろしてたが風雪と風雨で何も見えなかったせいだろう。)

雨ヶ立 012

布引尾根を標高1500mから標高1380mまで滑走して宝川を確認する。
谷川岳と白毛門とウツボキ沢の谷が写真で分かります。

雨ヶ立 021
雨ヶ立 025

布引尾根を登ると二本槍が現れる。カッコ良い山だが何だかわからないので
写真の左の槍をA峰右の槍をB峰と仮名を付けました。

雨ヶ立 036

ビックリした大きな朝日岳です。

布引山山頂に着いて荷持つを置きシールのまま滑走してB峰を目指す。

雨ヶ立 031

B峰の登りですが中央から上は急なのでトラバースして巻く
かなり下にあるルナ水沢まで滑落しないように注意する。
巻くとA峰が見えてきました。

雨ヶ立 042

A峰です。5人パァテーがA峰を左側から登っていました。
土合からA峰の往復なのか(12時30分ころ)
A峰に行きたいが往復2時間か、あの斜面は滑れない
でB峰中間で敗退しました。ここからシールのまま滑落しない
ようにゆっくり布引山に戻る。

雨ヶ立 047

布引山に戻りました。地図で確認するとA峰が大烏帽子でB峰が小烏帽子らしい
下山の準備の合間に奥利根のダムを発見しました。地図を見ると須田貝ダムから
の尾根がこちらの布引山まで続いているので偵察して下降しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-