奥只見黒又川支流H沢

8月14日~8月15日一泊二日
メンバー T水、M田、(O高氏)
5時時すぎには北関東道にのり、帰省&海水浴行で混み合う関越道にて小出インターで降りた。群馬側は晴れていたが、トンネルをこえ新潟に入ったとたん大粒の雨である。まあ沢登りだし、どうせ汗びっしょりになるから雨なんかどうでもいいや、と気軽におもっていた。新たな刺客が待ち構えているのを知らずに・・・。
 途中、群馬でなじみのコンビニに寄り最後の買出し、シルバーラインをはしる。トンネル途中の泣沢
待避所のシャッターをあけ、程なく駐車場に到着。広々とした駐車場のはずだったが草が生い茂り、せいぜい10台そこそこしか停められないなと思った。
 沢靴を履きスパッツを着けていると、白黒の縞のハエくらいの大きさの蜂に似た虫が集まってきた。
T水さんに聞くとメジロアブだよ、と。はじめて見るアブで、かんたんに叩き落とせるのでとろいアブ
だなぁとその時はおもった。

8:00 出発
ザックを背負い、歩き出したとたん数十匹のアブが体中にはりついてきた。こりゃたまらん!!立ち止まるとシャツのうえからでも刺してくるし、刺された瞬間、ズキン!と痛みが走る。顔、首はもちろん
、頭も刺される。ズキン!と痛みがはしり、髪をかきむしるとバラバラになったアブがでてくる・・・
。そのうえ、3人中かなりの比率で私ばかり集中攻撃をうけている。体臭キツイのかなぁ・・。そうなの
です、新たな刺客とはメジロアブのことでした。
 未丈ヶ岳につづく登山道の分岐までは、踏み跡は比較的しっかりとついていたが、その先はトラバースぎみで、やぶこぎをしながら足元を確認し歩き進めるという感じでした。雨のため山肌は濡れていて、さらに粘土質の土でとても滑りやすく、木の枝につかまりながらの歩行はとても足が疲れた。おまけにメジロアブの攻撃!下は黒又川の谷で、滑っちゃいけない緊張してるときにズキンとやられる。
そっちは精神的に疲れた。

10:00 テン場着~遡行
 思ったよりもだいぶ早くついた!とT水さんの声でみあげると、沢からすこし上ったところにブルー
シートでタープらしきものが張ってある!先客か!そばにいってみると数週間は経っているが十分そろ
まま使えそうである。そこを今夜のテン場とし、ブルーシートの下にテントを張った。T水さんが偵察
に行っているあいだ、O高さんにコーヒーを入れてもらいしばし休憩。10分ぐらいの間だが、手のひら
いっぱいにメジロアブの山ができた。
 偵察から戻ってきたT水さんが、どうも渓相が違うという。滝がなくなっていると言っていた。大休
憩の後支度をし、沢を遡りはじめた。淵ごとに釣り糸をたれるが全然釣れないし、魚影がない。14:
00頃にはテントに戻り夕飯の準備および一杯に入る。GPSと地図で現在地を確認。今我々はH沢の
手前の沢にいるらしい。リーダーT水さんはショックを受けているようだった。ひと寝入り後、再度の
夕食と晩酌をし8:00就寝。三日月がよく見える。あすは晴れそうだ。テントの外で大きめの動物の
足音がする。

☆8月14日 天候:晴れ
 4時半起床、5時半には食事を済ませ出発。向かうのは本当のH沢。今日はアブが少ない。朝が早いからかと。トラバースは相変わらず滑りやすい。まあ、帰りは地面も乾いて歩きやすくなるでしょう。
1時間程歩いたところで松の木が見え、尾根まで登り一気に下る。着いたところがH沢でした。そこからはベテランのO高氏。立て続けに尺イワナを3本釣り上げた。
O高氏


F1過ぎからは交代で私がやっと27センチを釣った。今までの沢登りと違い、滝をクライムダウンするかと思うと気が重い。T水さんが釣り上げ、O高さんが40センチオーバーを釣り上げた。針をはずそうとイワナの口を広げたとたん、かえるがでてきた。こいつ(イワナ)は、かえるが口のなかにいるにもかかわらず、釣りえさのミミズにくいついたのか!まったくもって貪欲である。大胆かつカレー。
T水M田いわな
 釣りは9時半をもって折り返し、帰り支度をする。やはりクライムダウンは足元が見えないのできつい。

 11:00 テン場着~帰路
 テン場についたら軽く行動食を食べ、テントを撤収。来た道を戻る。日が高くなるとアブが待ち構え
たように食いついてくる。頭と顔についたアブをちぎってはなげ、ちぎってはなげ、意識もうろうとト
ラバースすること3時間半。3時前に駐車場についた。やっとアブから開放されたと思い車を走らせると
、雨が降ってきたかのように車がコンコンカンカンと鳴る。雨ではなく、アブが体当たりしているのだ
。この群れは数千匹はいるであろう。最後のエジキをT水さんになってもらい、シャッターを開けても
らう。さようなら、メジロアブ!!あとは駒の湯に入り体を洗い流し、帰省&事故渋滞の関越道を途中
で降り、帰途についたのであった。

後記:次ぐ日は頭がパーになるくらい体が痒い!!来年はどうしようかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大漁

尺オーバーをゲット、おめでとうございます。
良いお土産になりましたね。
ただ、「アブ」は出てきて欲しくないですね。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-