西穂高岳 独標

12月17・18日

メンバー:今関、松島

年末・年始の準備山行として、西穂高へ行ってきました。
1日目は青空も見え思いのほか穏やかな天気。おかげで途中のんびりしすぎて独標までとどかず。
2日目は大荒れの吹雪状態でしたが、冬山の厳しさを体験できた良い準備山行が出来ました。

12月17日 太田5:30→新穂高温泉ロープウェイ乗場11:00→西穂高口11:30→
        西穂山荘13:10着 14:25発→丸山14:45→独標手前のピーク15:20→丸山→西穂山荘16:00
12月18日 西穂山荘10:15→丸山→独標11:40→丸山→西穂山荘12:50着 14:35発→
        西穂高口15:05→新穂高温泉ロープウェイ乗場15:45→新穂高温泉駐車場16:00→
        焼岳ホテル16:30着 18:00発→太田着21:30。
1日目
新穂高ロープウェイ乗場前のはかりで荷物の重さを測る。松島 23kg、今関 なんと30kg!!
その荷物を背負って西穂高口~山荘までの登る。歩荷実践トレーニング。
山荘に着くと、イモトのロケ隊?と遭遇。立派なテントでテン泊していました。
IMG_3311-1.jpg


山荘までは穏やかな天気でしたが、稜線はやはり風が強くガスも出始める。
時折見える西穂高山頂がものすごくキレイ。時間的に独標手前のピークから下山しました。
IMG_3321-1.jpg


気温は-15℃。しかし、テン場にはたくさんのテントが・・・。
IMG_3324-1.jpg


2日目
朝から吹雪状態。天候が良くなるのを期待して待つが一向に良くならない。
帰りの時間もあるので、10:00ごろから独標へ向かう。
風と雪に手こずりながらも、山頂到着。手こずった分 独標到着はうれしい!!
IMG_3330-1.jpg
IMG_3337-1.jpg IMG_3350-1.jpg


西穂高までの稜線。いつか必ず登りたい。
IMG_3338-1.jpg


登りですれ違う下山者がアンザイレンをしていたので、大事をとってアンザイレンをする。間隔の取り方が難しい。
IMG_3361-1.jpg


下山後は、焼岳ホテルの温泉に入り疲れを癒し帰路へ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-