132歳の明神岳東稜

期日:8月11日
OB会個人山行
メンバー:櫻井、生田(記)

 2人で132歳の高齢者が明神東稜に登って来ましたので報告いたします。

 前日に嘉門次小屋に泊まり早朝2:50にライトを点けて出発、宮川のコル
で明るくなり、レリーフまで一気に登り、線香をたむけ黙祷しました。
 ひょうたん池から東稜です、第一階段は切れたロープが垂れ下がっている
が使用せず問題なく通過、潅木と草の根につかまりながら、らくだのコブ着。
 コルから草つきを1ピッチ、そこから100m程でフェース基部、凹角を10m
程で核心部は終了、後はガレた岩場をコンテで左に巻きながら主峰9:35着
 主峰の下りは奥明神沢へ懸垂20mがあるが問題なし、前穂11:30~12時発
重太郎新道を下り、上高地着16:30、バスで沢渡へ、立ち寄り湯で汗を流し
帰宅しました。

005.jpg
慰霊碑に線香をたむけ合掌

2011_0811明神岳東稜0009
レリーフ:山をおとのう人の・・・

006.jpg
いま話題の『なでしこ』がひょうたん池の登りに群生してました。

008.jpg
上宮川谷上部と明神岳4・5峰

010.jpg
ひょうたん池から朝の『三本槍』

014.jpg
バットレス取り付き点の『岩キキョウ』

2011_0811明神岳東稜0020
1ピッチ目のトラバースから草付部

2011_0811明神岳東稜0022
核心部のバットレス取り付き、ここから右上し凹角へ

2011_0811明神岳東稜0026
バットレス上部、間もなく核心部終了

018.jpg
主峰直下、後方は二峰

020.jpg
やっと青空が見えました。

027.jpg
主峰の下り(奥明神沢の懸垂20m)

028.jpg
奥明神沢コル上から主峰と二峰

032.jpg
重太郎新道より岳沢ヒュッテ、さすがに疲れました。
写真は櫻井、生田の合作です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-