万太郎谷大ベタテ沢右俣

8月6日(土)
メンバ:鹿山、児玉、金澤、遠藤、倉澤

天気は快晴にもかかわらず、快適な万太郎谷をわずかに遡行し大ベタテ沢に着いたとき、流れが源頭部のようなあまりの貧弱さに「もう終わり~」と計画者の自分に向けられた冷ややかな目。
自分も当然不安は覚え、「この計画は失敗か~」と思われたが・・・

先日の大雨の影響で沢の状況が気になっていたが、今回の遡行では一箇所を除き問題なし。
出だしの魚道のある堰堤に倒木が引っかかり、突破するのにすこし手間取った。

fc2 1
万太郎谷の下部は大ナメなどがあり、非常に快適で綺麗

fc2 2
ちょっと遊んで水線通し


もうちょっと遊んで滑り台

fc2 3
右から入る大ベタテ沢へ。水量はこんな感じで少ない。もう少し行くと3:1の二俣に着くが、ルートはさらに水量の少ない右俣へ。ここでさらに冷ややかな目が・・・

fc2 4
しかしここからがこのルートの面白いところ。5段60M。1段目はハングしていて不可能。ほてった体にシャワーを浴びて、左から巻く。

fc2 5
2段目はリスにハーケンが打ち込んであったが、まず無理。左壁を木登りor岩登りで登る。いやらしい。

3段目は難しいも登り、4段目は容易。5段目はどこだったか。。。

fc2 6
ハイライトの20Mスラブ。水量はわずか。大ベタテ沢はもしかしたらこれを登るためのアプローチかもしれない

fc2 7
鹿山さんが水線左側をリード。小さい潅木数本と残地リングボルト1本でランナーが取れます。乾いてさえいれば手足ホールドがありますが、リードは気合を入れて。濡れていたら引き返した方が良いかも。

fc2 8
後続はFIXで。タイブロックは役に立ちます。30Mザイルでは足りないので、それ以上を。

fc2 9
後は小滝を越え、沢床がなくなる箇所から踏み後に導かれるように樹林の中へ。踏み後がしっかりした容易な藪漕ぎで15分程度で稜線へ。の中、吾作新道を1時間ほどおり、駐車場へ戻りました。

帰りに旧赤堀の赤城食堂へ。相変わらず「肉豆腐定食」は美味しかった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-