早池峰山・栗駒山

4月29日~5月1日

メンバー:玉水、羽生のカメラマン(元会員)、松島

“東日本大震災の被災地支援が少しでもできれば・・・。”と思い、
岩手県の早池峰山と栗駒山へ行ってきました。
早池峰山は1300m地点敗退、栗駒山はピークハント成功でした。

4月29日は、太田から早池峰山周辺に移動。
途中の高速道路は修復跡がたくさんあり、自衛隊の車両も多く行き交っていました。

4月30日 早池峰山
7:30 に、岳地内の冬季用ゲートから6km先の河原の坊に向かい林道を歩き始める。
出発時の林道にはまったく雪が無く、天気も晴れで、コンディションは良好。
しかし、周辺には他のパーティはいない。
30分ほど歩くと林道は一面雪で覆われる。やはり雪路はなかなかペースが上がらない。
9:45に河原の坊に到着。そこからコメガモリ沢を登ろうと計画していましたが、
沢の雪が深そうなので、林道2km先の小田越登山口から登ることに変更。
しかし、雪量も徐々に多くなりさらにペースダウン。
11:00小田越登山口到着。
天候は雲が厚くなり、風が強くなってきました。
小田越えルートをたどり山頂を見上げると、樹林帯→木々の無い岩場尾根→雲に覆われた山頂となっていた。

IMG_1107.jpg

5合目の岩場まで行けたらと思い、木の枝に付けられた登山道マークを頼りに樹林帯の中を登り始める。

IMG_1115.jpg

木の枝からは、雪どけ水が雨のように降ってくる。
傾斜も除々にきつくなり、風も強くなってきたので12:00に樹林帯の中(高度1300m)で敗退を決断。
登ってきたルートを下山。14:30に岳地内の冬用ゲートに到着。下りは早い。
15:00栗駒山周辺へ向けて出発
早池峰山は登って楽しい山のようです。鶏頭山・中岳を含めた縦走も楽しそうです。
また、来てみたいと思います。

5月1日 栗駒山
イワガミ平へ向かう林道ゲートが9:00に開き、車で出発。
朝から降り続く雨のためか、この日も他の登山者はいない。
羽生のカメラマンさんも、雨および体を労るため車で待機。
9:30 雨で山頂は見えないものの、2人で中央コースを山頂目指し登り始める。
登り始めは、スキー場のゲレンデのような雪斜面を登る。
玉水さんはスキーで登り始めるが、しばらくして現れた夏道には雪が無く、
スキーをデポすることに・・・。
しばらく行くと夏道も雪で覆われるが、雪の量は少なく雪解けの小川に足を取られながら登ってゆく。
10:20 地図看板が立ち晴れていれば見晴らしのよさそうな場所につく。
山頂かと思いきや、地図看板の少し先に山頂はさらに先を指す看板が・・・。

IMG_1147.jpg

雨なので戻ろうか迷うが、小降りになったので進むことに。
夏道の低い木々の中を抜けると一面雪で覆われたスキー場ゲレンデのような斜面にでる。
雪原は、雨はやんだもののガスと強風で視界は最悪。

IMG_1136.jpg

GPSで確認したところ、山頂まであとわずかであったため、もう少しがんばることに・・・。
約10分後の10:50に山頂到着。(GPSは頼りになります。)

IMG_1133.jpg

一休みし、11:00に下山開始。途中地図看板地点あたりからはガスが晴れ、
栗駒山周辺の山並みを見ることができた。晴れていれば、景色の良いところと感じられた。
11:40 スキーデポ地点へ到着。わずかな距離だがスキーを楽しむ。

IMG_1161.jpg

11:50 イワガミ平駐車場到着。帰路につく。
栗駒山は、コースによればスキーで長い距離を滑れたようです。また来たいと思います。
帰路途中、文字温泉に寄ろうと通った道で、3年前の岩手・宮城内陸地震崩落箇所を偶然見ることができ震災の恐ろしさを実感。今回の東日本大震災の影響か?わき道では通行止めの箇所もありました。早期復興を願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-