巻機山(割引岳)

3月5日

メンバー:玉水、入江、松嶋

巻機山(割引岳)を目標に、玉水(山スキー)・入江(ワカン+スノボ)・
松嶋(スノーシュー)でピークハントにチャレンジしてきましたが、
2・3日前から降り積もった雪の多さに、5合目で敗退となりました。

新田を4時にスタート、清水バス停付近に6時半ごろ到着。天気は雪。
そこから登山準備をはじめ、7時過ぎに巻機山の登山案内板横の車道を登り始める。

しばらく歩くと除雪されていな道となり、車道は大量の雪で覆われ見えなくなる。
そこから、スキー・ワカン・スノーシューを装着し、2・3日前からの寒波が
降らせたふかふかの新雪の中(1mくらいありそう)をラッセル。
これは、入江・松嶋初体験。これは、かなり大変!!と思っていたところ、
地元のスキーヤー4人が先行しトレースを着けてくれました。感謝!!

しかし、喜んだのもつかの間、入江・松嶋・玉水の順でトレースをたどりながら
進んだところ、重量級+スノーボードを担いだ入江君(ワカン)には
スキーヤー4人のトレースはあまり意味がなく、フルラッセル状態。

しばらくし、松嶋(スノーシュー)が先頭を行くも細いスキーヤーのトレースでは、
10~20cmくらい沈む状態。その後の入江君はところどころ沈んでいましたが、
根性で登り続けます。玉水さんは、最後尾から入江君をフォローしながらスキーで登ります。

桜坂駐車場を越え、二合目を越えると井戸の壁の急斜面に先行スキーヤーの
登ったトレースがみえます。やはりスキーは早いです。

こちらも、井戸の壁に差し掛かったところ、
急斜面のためか?晴れ間も見え気温が上がってきたためか?
トレースをたどっても沈みやすくなってきたので、入江・松嶋で
ワカン・スノーシューをチェンジ。浮力はやはりスノーシューが上です。

井戸の壁を登りきり井戸尾根迄行き午後1時となり引き返すことにしました。

そこから、入江君初のバックカントリースノーボード…?
井戸の壁は危険なため入江・松嶋は歩いて下山。
玉水さんは華麗にスキーで滑り降りました。

PM4時ごろ無事下山。ラッセルの大変さと、スキーの快適さを実感した1日でした。

二人のスローペースに付き合っていただいた玉水さん、ありがとうございました。

IMG_0902-1.jpg
あまり沈まなくなっり快適歩行。
IMG_0925-1.jpg
セッピが大きいです。
IMG_0931-1.jpg
ボードが見えませんが、初バックカントリースノボ?
井戸の壁 014
雪が深いと大変です。
井戸の壁 017
最後はボード滑りで滑り収め
IMG_0939-1.jpg
そのうちリベンジに行きたいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

雪が深かったんですね…。
入江君の気持ち痛いほど分かります。
しかもワカンじゃね…。
次回はスノーシューがいいよ。
お疲れさまでした。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-