FC2ブログ

二子山中央稜

11月14日 二子山 中央稜
メンバー:漆原 原

同じ高校の先輩後輩のペアです。
ぽかぽか日でクライミング日よりでした。

混雑しているという先行情報があったので5:00に出発し、7:20に現地に到着。駐車場は我々の車も含めて4台だけだったので、とりあえずホッとする。しかし・・・
二人とも初の二子山。事前にインターネットで事前調査したにも関わらず、アクシデント(落ち葉の中を先輩が・・・)も発生し中央稜の取り付きに辿り着いたのは8:00位になってしまいました。取り付きには誰もおらず、駐車場で先行出発した男女のペアの声が上部で聞こえるだけ。しかし、1ピッチ目の終了点についたら男女のペアが停滞中。話を聞くと先行パーティーが遅くて40分位待ているとのこと。終了点が男女のペアで使われていたので、別の岩に支点をとって先輩を待つ。っつうか、そこから見える隣のテラスにさっき居た・・・道に迷って。
そんなんで、しばらく4人で過ごしていると、上部の先行パーティーから「ゆっくりでいいよ」「そこをつかんで」「大丈夫?」などなど・・・、こんな声を40分以上聞いている男女のペアは可哀そう。

お世話になります先輩!
PB140001.jpg

核心辺りですが、何気に怖くて2~3メートルの間にヌンチャク、スリング、カムで支点取りまくり。
PB140006.jpg


何だかんだで、上に抜けたのが13:00近くのゆっくりクライミング。しかし、下山道が何気に核心。長いクライムダンが終わった後には、落ち葉に埋もれた急峻な坂を下る。
多分、車に着いたのが14:00位だったような。当初、早く下山したら仲間の居る「黒岩」に行こうと話していたのですが、そんな時間になってしまい・・しかし、先輩の「とりあえず行ってみるか!」の一言でGO!

しかし、榛名山山麓の途中で、帰路の仲間とすれ違いになり、合流してドリームに寄って帰りました。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

そんなに行きたいとは思わなかったけど、人が行ってると行きたくなるi-180

あ~、たのしかったなぁ
かな先輩ご一緒できなくてひじょ~に残念です

私的には、試行錯誤できて良い練習になりました。
かな先輩!ご教授下さいませ。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-