一ノ倉沢凹状岩壁

9月4日
メンバー:武井、鹿山、金澤

 凹状岩壁に行ってきました。
 出合を5時15分出発。
 ヒョングリの滝の高巻き下降で多少順番待ちをしてそれでも中央稜取り付きには6時20分ごろ到着。小休止後取り付き地点へ向かいます。この時点でかなりヘロヘロ。武井さん早すぎます。
 本日は武井さんは腰痛のためリードは鹿山さんと金澤で受け持つことになりました。

 1P、2P目は鹿山さんリード。中央カンテへの分岐へと向かいます。

P1010432.jpg

 3P、4P目は金澤がリード。岩も脆く4P目の核心部近くではつかんだホールドがパカッと拳ほどの大きさの岩が外れて焦りました。

P1010435.jpg
 
 結構高度感も出てきてます。

P1010439.jpg

 5P、6P目は鹿山さんリード。6P目は以前崩壊したピッチですが、セカンドにもかかわらずビビリまくりました。たまたま鹿山さんのリードだったわけですが、自分でなくて後からホットしました。現在の核心は間違いなくここだと思います(3人の意見)。

 7P、8P目は金澤がリード。8P目のクラックは見た目ほど難しくなくホールドもしっかりしており、一番安心できました。

P1010441.jpg

 終了点より烏帽子岩。


 今回は8mmのロープを使いましたが、トラブルもなく使うことができました。当初は懸垂下降で止まらなくなる心配がありましたが、空中懸垂もルベルソキューブでの下降なら十分すぎるほどのブレーキがかかり問題ありませんでした。8mmめちゃくちゃ軽くてイイです。

 今回は武井さん鹿山さんと同行させていただきましたので色々と勉強させていただきました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいなぁ~

凹状行けていいなぁ~

もっと練習がんばるので

今度、連れて行ってもらいたいですv-237
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-