裏銀敗退

裏銀座縦走
阿久津(単独)

2010年8月7日
上信道の事故渋滞で9:30七倉着。速攻パッキング、登山届けを出して10:00スタート。
5日分の荷が重い。久々の山靴が重い。標高差1400に気が重い。高天原まで辿り着けるか?
1_20100810215938.jpg
取りあえず「槍」がみえました。全体に雲量多かったです。
2_20100810215938.jpg
おまけに高瀬ダムです。七倉からタクシーで2000円なり。

「山と高原地図」に拠ると6時間のコースタイムを5時間でこなし、船窪小屋のスタッフにご褒美として
冷えたトマトを頂き天泊受付。「今日は小屋も天場もいっぱいですよ~」と言われ天場へ急ぐ。
天場に着き場所を確保して水場へ降りる。
3_20100810215938.jpg
写真だと良く分かりませんが、崩壊地のど真ん中に湧いてます。時々転落する人がいるらしい?

8月8日
5時行動開始。これから先は水場が無いので2日分の行動用と炊事用、計6Lを持つ。「重て~」
行動開始30分でバテバテ。秘密兵器の「アミノバイタル」をチャージ。多少利いたような気が
するが船窪第二ピークの登りで電池切れ。後から来るパーティに道を譲りのんびりと行く。
水もある。テントもある。いつでも幕営O.K。気楽な単独行。
相変わらずガスが巻き、崩壊地の際をルートが取られていて時折吹き上げる風に気が抜けない。
それでも何とか本日一の大登り、不動岳に10:30着。
4_20100810215938.jpg
ガスの中、展望利きません。

この後一旦南沢乗越まで下り200程上り返すと「南沢岳」花崗岩の白い山で「燕岳」風。コマクサもちらほら
咲いていましたが、バテバテで写真撮れず。コースタイム7時間のところ9時間掛けて烏帽子の天場。
天泊受付してビールでエネルギー補給。

8月9日
夜半に雨が降り、起床時も霧雨が降っていた。天気予報では台風が沖縄近海にいるらしい。今後2~3日は下り坂決定。
「昨日の疲れも残っているし。雨の中あるきたくねーし。ブナ立の馬鹿尾根下ろー。」と即決。
のんびり朝飯食べて、テント畳んで、撤収!!
5_20100810215938.jpg
小屋の前で僅かに水晶、赤牛方面が見えた。

馬鹿尾根の下りもきつい。この歳になると膝を痛め易いのでゆっくり下る。
6.jpg
途中、船窪から辿った稜線が見えた。

ようやく高瀬ダムの湖畔に降り着く。ここまで下ると時折陽が差しほっとする。
7.jpg
稜線は相変わらずガスの中。

ダムから相乗りで七倉まで。数年前まではダム堤の九十九折れをひたすら歩いたのだけど、今はお金で解決。

そんな訳で「野口五郎岳」という、大変に行きにくいところが残ってしまった。次は湯俣を基点に
竹村新道経由で攻略方法を考えてみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-