唐松岳

メンバ:進藤
8月7日、8日で不帰ノ嶮を通り、唐松岳に登ってきました。
前日、19時30分に太田を出発。
23時に白馬村の八方尾根スキー場無料駐車場に到着。
翌日、6時25分のバスで猿倉に向かい、7時に行動開始。
多くの登山者が登る大雪渓には向かわず、鑓温泉に向かう。
いくつかの雪渓をトラバースし、鑓温泉で休憩。
その後、標高差1000mほどの急登を登るが、
天気が良いせいか、荷物が重いせいか、体力がないせいか
200m登ることに小休止。
16時頃、稜線に出て、16時40分に天狗山荘に到着。
天狗山荘
テント場にテントを張り、夕食を食べて、1日目は終わり。
2日目、天気は曇りだが、眺望は良好。
5時20分に行動開始。
天狗の大下りを下りたところで、小休止。
ここが不帰キレット。白馬村小日向の湯付近の橋から見える
荒々しい稜線のところです。ここからもその橋が見えました。
不帰ノ嶮
不帰キレットからこれから向かう不帰ノ嶮を写真に収めましが、
あまり、迫力がありません。
写真左から一峰の一部、二峰北峰、二峰南峰、三峰と続きます。
一峰の下りから二峰北峰を見上げると結構、高度感を感じますが、
沖縄に発生する台風の影響か南風が入り、この辺りから先は、
雲の中といった感じです。
唐松岳山頂からも眺望は望めず、後は八方尾根を下り、
12時30分頃、リフト乗り場に着きました。
八方尾根は登山者が多く、若い山ガールが多い印象でした。
唐松岳頂上山荘には「めざましテレビ」が取材にきていました。





進藤
8月7日、8日で不帰ノ嶮を通り、唐松岳に登ってきました。

6日19時30分頃、太田を出発し、白馬村には23時頃に到着。
翌日、6時25分のバスで猿倉へ向かい、7時に行動開始。
多数の人が向かう大雪渓には向かわず、鑓温泉に向かう。
いくつかの雪渓をトラバースし、鑓温泉で休憩。
そこから急登が始まり、200m標高を上げる度に休憩。
16時頃に稜線に出る。
16時40分に天狗山荘に到着。
この日は天気が良かったせいか、荷が重いせいか、体力の
ないせいかで標準時間より40分より時間がかかってしまった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-