FC2ブログ

八ヶ岳 中山尾根

2020/02/22(土)~24(月)
金澤、松嶋、伊勢田、ばし(記)

赤岳鉱泉をベースに、アイスクライミングとアルパインクライミングに行ってきました。

[2/22] 赤岩の氷柱
 ばしにとっては過去最重量の荷物を背負って赤岳鉱泉へ。
 
 テント設営後、北沢を戻って赤岩の氷柱へ行きました。
 氷の状態は悪く、特に滝の落ち口は氷が薄くリードが困難だったため、左岸から巻いてトップロープをかけて登りました。

[2/23] 摩利支天大滝
 ゆっくりスタートだったため、滝に到着したときには先行パーティが登っていました。
 空いているラインを1回登り、後続も来たため帰還しました。

 赤岳鉱泉着くと赤岳登山のため入山した川名さん津久井さん赤木さんと会うことができました。

[2/24] 中山尾根
 前日に数パーティ入っていたようで、下部岩壁の取り付きまでトレースがしっかりできていました。
 2/22の降雪で20cmくらいの積雪があったため、トレースには大変助けられました。

 明るくなる頃に取り付きに到着し、装備を整えて登攀開始。

 ばしは1ピッチ目リードでハングらしきところを必死で通過。
 あとで聞くとハングは右から巻けるとのこと。相変わらずルートファインディングが課題でした。
 
 上部岩壁のハングも緊張しましたが、チムニー状だったため高度感がそれほどなく助かりました。

 終始快晴の下、風もほどほどに、直近の降雪の影響も特になく快適なクライミングが楽しめました。


赤岩の氷柱。右の滝をトップロープで登りました。落ち口はハングらしきムーブになりました。
87579881_860307584413619_3438363359034998784_n.jpg

中山尾根下部岩壁。三角状の岩が2つ並んでいる、左側を登ります。
85121018_2934912999958889_3626303139268788224_n.jpg

上部岩壁。尾根の頂点から右少しにそれた凹角を登ります。
87879365_2934913099958879_4268272442167787520_n.jpg

ここでクライミング終了。良い景色でした。
87363627_860309107746800_8211426910979227648_n.jpg

行者小屋から中山尾根ルートがよく見えました。
87390143_860309207746790_1141910307971530752_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-