FC2ブログ

ミチギノ沢下降→御神楽沢

8月11~13日
メンバー:玉水・松島(記)

御神楽沢は、筆者が沢登を始めた2011年に玉水先輩に連れられトライし、中門岳からのルートミスとアクシデントで、到達できなかった沢。今回、再度玉水先輩とトライさせていただき無事登りきることができました。御神楽沢は、とても美渓、魚影も濃く、高巻、へつり、ロープ出しなどなどとても楽しめました。
終始天気は良く、暑くなった体を冷たい沢水で冷やしながら快適に進めました。
4年前は、御神楽沢上部に雪渓が残っていたそうでしたが、今年はありませんでした。
同日同ルートを、1組の先行と入れ替わりながら進むことができ、ルート取りなど参考にさせていただき助かりました。

1日目
7:30会津駒ケ岳滝沢登山口(チャリデポ)→7:50旧窓明の湯入口駐車スペース、8:20発→12:15三ッ岩岳避難小屋→13:50ミチギノ沢下降ポイント(窓明山側俱鞍部の湿原)→16:40 1202mテン場適地

2日目
6:40 テン場発→9:50 御神楽沢出合い→11:51畳岩→12:20 2段10m→14:40 1335mテン場適地

3日目
6:30テン場発→6:50 18m大ナメ→8:00 7m直瀑→9:30 3段12m→12:20登山道に出る→12:30会津駒ケ岳山頂→12:50肩の小屋→15:10滝沢登山口着→15:45旧窓明の湯入口駐車スペース→16:10 滝沢登山口→帰路へ

駐車スペースを出発し、三ッ岩岳登山道から三ッ岩岳避難小屋を目指す。
避難小屋で沢装備を身に着け窓明山方面の鞍部の湿原へ!
20190813_190816_001.jpg

湿原の脇よりミチギノ沢目指して、背丈以上の笹薮の中に突入してゆく!
20190813_190816_002.jpg

玉水先輩の沢センサーのおかげで無事にミチギノ沢に出る。
20190813_190816_003.jpg

穏やかな渓相の中を進み、開けてきた1202mのテン場適地にテントを張り、釣り・食事を楽しむ。
20190813_190816_004.jpg20190813_190816_005.jpg

2日目、ミチギノ沢の下部は、ゴルジュ・大釜を持った滝が現れ、巻きも多くなる。
最後の2mの滝は、大きくないが釜が大きそうで、右岸を高巻く。
沢に戻る良いポイントがなく、ザイルを出し懸垂で沢に戻った。
20190813_190816_006.jpg

やっと御神楽沢出合いに到着
渓相は、ひらけて水量も多く、滝やナメ床が多くなる。
20190813_190816_007.jpg

名物らしい畳岩
20190813_190816_009.jpg

8m滝。右岸枝沢の滝を中段を横断して、本流8m滝を超えた。
20190813_190816_010.jpg

2段10mは、上段の右側直壁をザイルを出して登った!
20190813_190816_011.jpg

1335m地点のテン場適地で、早めにテント設営し、ゆっくり釣り・食事を楽しむ!
20190813_190816_012.jpg

3日目。会津駒ヶ岳と中門岳の間の登山道めざし登る。18m大ナメ
20190813_190816_019.jpg

7m直瀑 左岸より巻く
20190813_190816_014.jpg

3段12m 高く、滑りやすいので注意が必要
20190813_190816_015.jpg

最後の分岐を左に進み急な笹薮に突入
20190813_190816_016.jpg 20190813_190816_017.jpg

30分の藪漕ぎを経て、花の咲く草原・登山道に出た。
20190813_190816_018.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-