FC2ブログ

北穂高岳東稜~奥穂高岳

メンバー:伊勢田、ばし(記)
2019/8/9
上高地 6:40 ~ 涸沢 12:15
2019/8/10
柄沢 3:00 ~ 北穂高岳東稜取り付き 4:00 ~ 北穂高岳 6:00 ~ 奥穂高岳 8:45 ~ 涸沢 11:40

<<8/9>>
8/9,10に屏風岩を登る予定の金澤さん•momiさん(沼田)と一緒に上高地へ。
上高地から横尾まで4人で歩きました。

横尾からは屏風岩チームのお二人と別れて涸沢へ向かいました。
登攀装備を含むテン泊装備を背負うのは初めてでしたが、快晴のもと陽に焼かれながら歩きました。
この辺りから装備の軽量化不足が重くのしかかることに...

涸沢にはこのときが初めてでしたが、ヒュッテ近くのテン場は大きな石だらけでテント設営に向かず、涸沢小屋側にテント設営しました。

その後は翌日予定している北穂高岳東稜の取り付きを偵察。
事前に涸沢小屋に確認した通り、北穂高岳南稜登山道から東稜へのトラバースには残雪はありませんでしたが、ガレ沢から東稜の取り付きは判然としませんでした。

就寝後19時過ぎに一時雷雨となりましたが、翌日起きてみると周囲は特に濡れていませんでした。

<<8/10>>
2時に起床して北穂高岳の東稜へ。
ガレ沢を東稜にむかって登りつめますが、ばしが右往左往している間に、伊勢田さんが岩場の踏み跡を見つけ出し、無事稜線上につきました。

しばらく歩くと2羽の雷鳥に遭遇。
雷鳥のかわいらしさに癒されながら歩くと、ゴジラの背と呼ばれる大きな岩が見えてくるので、岩にのぼってゴジラの背を通過。
核心部は右側を通過したので、とくに苦労しませんでした。
ゴジラの背で2ピッチロープを出して、懸垂支点からクライムダウン。
そのまま稜線上を歩き、北穂高岳山荘へ到着。
北穂高岳山頂から奥穂高岳へ向かいました。

奥穂高岳への途中、翌日予定している滝谷ドーム中央稜への取り付きを偵察しましたが、「日本の岩場」に記載のあるアプローチの説明をみても理解できず。
下山途中に穂高岳山荘にいた岐阜県警の救助隊の方や、涸沢の長野県警救助隊の方に話を聞きながら情報収集しました。

最高の晴天のもと、奥穂高岳から見える景色を堪能してからザイテングラードを経て涸沢へ下りました。

夕方になると、翌日に前穂高岳北尾根を登る沼田山岳会の方々が到着。
屏風岩を登ってきた金澤さん・momiさんたち沼田のみなさんと一緒に、お酒を交わしながら大勢で楽しいひと時を過ごしました。

今回の山行では伊勢田さんが食担でしたが、この日はとてもおいしいカレーとカボチャサラダを作ってくれました。
前日のパスタ・マッシュポテト・きなこ餅に続き、おいしい食事ごちそうさまでした。

↓翌日以降の記事はこちら
滝谷ドーム中央稜&前穂北尾根


屏風岩チームと一緒に
FB_IMG_1565704760160.jpg

横尾からはチームごとに行動開始
FB_IMG_1565704769174.jpg

屏風岩!
FB_IMG_1565705914888.jpg

金曜日でもテントたくさんありました。
FB_IMG_1565704854599.jpg

北穂高岳東稜の取り付き(たぶん)
FB_IMG_1565704873485.jpg

雷鳥さん!
FB_IMG_1565704879195.jpg

ゴジラの背。右側通行しました
FB_IMG_1565704900776.jpg

ギザギザしている前穂高岳北尾根
FB_IMG_1565704931515.jpg

穂高岳山荘~奥穂高岳
FB_IMG_1565705709991.jpg

奥穂高岳から望む槍ヶ岳
FB_IMG_1565705120660.jpg

同じくジャンダルム
FB_IMG_1565705125127.jpg

カレーおいしかった~
FB_IMG_1565705160656.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-