針ノ木雪渓スキー

5月3日
メンバー:阿久津、児玉、倉澤、金澤

 念願の針ノ木雪渓でのスキーです。朝6時に阿久津会長と扇沢ターミナルで待ち合わせをし、6時20分スタートです。出発後すぐに渡渉し、そこで児玉さんはシールを装着です。どうしてそうなったのか他の3人はシールを持っていません。


 昨日の白馬主稜の疲れが残っており足がとても重いです。板を担いでいるのは我々だけです。完全に失敗したと思いました。大沢小屋あたりで、児玉さんと二人で先を行くことになりました。

P5030144.jpg
 斜度が上がるにつれ傾斜も増し、かなり辛くなってきます。マヤクボ沢の出合からは針ノ木小屋への雪渓を上がっていきます。ここが最高に疲れました。足はズボズボ埋まるし、斜度は急だし。児玉さんと休憩をどこで取ろうかと話しているうちに針ノ木小屋へ着いてしまいました。8時50分です。ここで30分の大休止。
 ここからはアイゼンを履き稜線沿いに山頂を目指します。
 
P5030152.jpg
 山頂直下の急斜面です。雪壁といったほうがいいかも知れません。このポイントから滑降することとし、ここで板をデポしました。
 この登りの斜度は50度ぐらいあるでしょうか。前にいる大学山岳部はザイルを出していました?下りはクライムダウンで下りましたが、凍っている時はここはかなり嫌なところになるなと感じます。

P5030154.jpg
 10分程度で山頂到着です。10時20分でした。多少の風はありましたが黒部湖も良く見え最高の景色です。

P5030171.jpg
 さて、滑降です。滑り出しの斜度は35度程度で雪もやわらかいので快適な大斜面です。大回りターンでスピードにのって滑らないともったいない!

P5030172.jpg
 ノートラックの中ガンガン行きます。

P5030173.jpg
 マヤクボ沢出合まで半分ぐらいのところで倉澤君が上がってきました。その場から板を装着し滑降開始です。

P5030176.jpg
 マヤクボ沢出合で会長と合流し、更に滑っていきます。

P5030177.jpg
 下部はべたべたズタズタの雪でみんな苦労しました。

 下山後、大町の薬師の湯へ行くと何と加藤さんがいるではないですか!1人で立山でスキーをしてきたとのこと。しかも、奥大日から馬場島のほうに一回滑ってから戻ってタンボ平を来たとか。一緒に行く人がいなかったから1人で行って来たそうです。つくづく山が好きなんだなぁと思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-