FC2ブログ

西ゼン

3月27日
メンバー:児玉、K(会員外)、倉澤

元橋~ヤカイ沢左岸尾根~平標山~西ゼン上部~平標新道小ピーク~西ゼン~群大ヒュッテ~土樽駅

サイコー!シーズン終盤にきて、これほど美味しいBCが出来ると思っておりませんでした。

早朝、高速道路より天気予報が外れたようで、谷川連峰が綺麗に見える。現地につくとドッピーカン。天は我々に見方せり。土樽駅にて友人のKと合流。一台デポし、私の車で三国小学校へ。

7時40分スタート。前日の降雪が15~20cmほどあるも、先行者のおかげでトレースはバッチリ(感謝)。前回の平標山とは違い、非常に歩きやすい。しかし晴れずぎで暑い!顔から汗がダラダラ。

fc2 1
左岸尾根につくと風があり多少寒い。ここでは膝ぐらいまで積雪がある箇所もあり。筍山、苗場山、遠くに浅間山が望めた。尾根の途中から計画どおり笹穴沢にドロップしようとしたが、風の影響からかあまり良くなさそうな雪面のため、パス。

出発より2時間45分で頂上へ。前回のカリカリ斜面のときよりかなり早い。頂上には我々のほかに2パーティおり、平標山の人気が伺えた。360度の頂上からは仙ノ倉や谷川岳、茂倉岳、大源太山などが綺麗に望めた。

fc2 2
西ゼンのオープンバーンをKからドロップ。あっという間に下へ。我々も負けじとドロップ。多少堅い面もあるが、足首ぐらいのパウダーで快適に滑る。
頂上を見上げて、右手の平標新道の小ピークに登り返す。

fc2 3
小ピークより西ゼンにむけて30度ほどのノートラックを滑る。1本目よりよい雪質で、ウハハでした。

fc2 4
児玉氏
fc2 5


この斜面を撮っていると、デジカメのバッテリーが切れる。とほほ・・・あとは文章のみ。

沢は次第に狭まり、咽の部分は滝が少し出ており危ない。回避すべく左岸にいくと、何と40度を越える斜面が。まずはじめに児玉さんが慎重に滑り降りる。柔らかいスラフが発生する。こんなん滑れませーんなんて日和っていると、Kはドカーンとかつ雪に圧をかけないようにノートラックの膝パウダーを滑っていく。呆然。私も斜滑降ですこしおり、あとは30度ぐらいのパウダーを堪能。わはは。。。

西ゼンはこの滝の部分で上部と下部に別れております。下部も快適なパウダーが続き、存分に楽しむことが出来ました。そのうち斜度もなくなり土樽駅へ向け、長いクロカンの始まり。一箇所いやらしい渡渉があるも、先行者のトレースのおかげで14時半に下山となりました。

K、児玉さん、お疲れ様でした。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-