FC2ブログ

八ヶ岳 赤岳

2月23,24日 八ヶ岳 赤岳
メンバー 川名、津久井、赤木(記)

念願だった冬の赤岳に行ってきました。しかも初の冬テント泊、川名さんに色々教えて頂き、大変勉強になりました。
1日目は赤岳山荘を出発して赤岳鉱泉まで。テントを張った後、アイスキャンディーで遊ぼうと思ったら、3連休でしかも半分の面が整備中で混雑のため締め切りとのこと。暫く待っていたら、辞めるパーティーがいて、何とか1時間強出来ました。
夕刻、テント内でのお酒+夕飯を済ませ(不注意でお酒をこぼしてしまいました、川名さん、大変済みませんでした)、就寝。私は冬用シュラフを持っていなかったため、3シーズン用シュラフx2重+上下ダウンジャケット+テントシューズ&カイロでのぞみましたが、全く寒さも感じず寝ることができました。
翌朝起床し朝食後、6時20分ごろからスタート。文三郎尾根から樹林帯を越え、雪の急登。岩の稜線に出る手前から時折冷たい強風が吹くようになってきました。徐々に雪は少なくなり、岩と一部氷の道に変わって行きました。アイゼンで岩を登るのは歩きにくかったですが、徐々にコツをつかんできました。人が多く、すれ違いに注意しながら登り、南面の稜線にでると、太陽が当たり、急に温かみを感じました。程なく赤岳頂上に到着。雲一つない快晴で、富士山、北、中央、南アルプス、浅間など360度の展望を堪能することができました。
赤岳展望荘横で昼食後、地蔵尾根を下山し、一時間ほどで赤岳鉱泉のテント場まで戻りました。急ではありましたが、岩が出ていない雪の着いた道だったため、降りやすかったです。テント回収し、14:00前に車を置いた赤岳山荘まで戻ることができました。
初の冬季赤岳、テント泊でしたが、天候にも恵まれ、充実した山行となりました。

富士山くっきり
富士山くっきり

南アルプス
南アルプス

蓼科と北アルプス
蓼科と北アルプス

頂上にて
頂上にて
スポンサーサイト



八ヶ岳 中山尾根

2020/02/22(土)~24(月)
金澤、松嶋、伊勢田、ばし(記)

赤岳鉱泉をベースに、アイスクライミングとアルパインクライミングに行ってきました。

[2/22] 赤岩の氷柱
 ばしにとっては過去最重量の荷物を背負って赤岳鉱泉へ。
 
 テント設営後、北沢を戻って赤岩の氷柱へ行きました。
 氷の状態は悪く、特に滝の落ち口は氷が薄くリードが困難だったため、左岸から巻いてトップロープをかけて登りました。

[2/23] 摩利支天大滝
 ゆっくりスタートだったため、滝に到着したときには先行パーティが登っていました。
 空いているラインを1回登り、後続も来たため帰還しました。

 赤岳鉱泉着くと赤岳登山のため入山した川名さん津久井さん赤木さんと会うことができました。

[2/24] 中山尾根
 前日に数パーティ入っていたようで、下部岩壁の取り付きまでトレースがしっかりできていました。
 2/22の降雪で20cmくらいの積雪があったため、トレースには大変助けられました。

 明るくなる頃に取り付きに到着し、装備を整えて登攀開始。

 ばしは1ピッチ目リードでハングらしきところを必死で通過。
 あとで聞くとハングは右から巻けるとのこと。相変わらずルートファインディングが課題でした。
 
 上部岩壁のハングも緊張しましたが、チムニー状だったため高度感がそれほどなく助かりました。

 終始快晴の下、風もほどほどに、直近の降雪の影響も特になく快適なクライミングが楽しめました。


赤岩の氷柱。右の滝をトップロープで登りました。落ち口はハングらしきムーブになりました。
87579881_860307584413619_3438363359034998784_n.jpg

中山尾根下部岩壁。三角状の岩が2つ並んでいる、左側を登ります。
85121018_2934912999958889_3626303139268788224_n.jpg

上部岩壁。尾根の頂点から右少しにそれた凹角を登ります。
87879365_2934913099958879_4268272442167787520_n.jpg

ここでクライミング終了。良い景色でした。
87363627_860309107746800_8211426910979227648_n.jpg

行者小屋から中山尾根ルートがよく見えました。
87390143_860309207746790_1141910307971530752_n.jpg

鍋倉山

2020.2.24(月)


温井集落6:40~山頂8:40~温井集落9:30
北尾根に乗り、ひたすら直登。左の尾根に合流したと思ったら、あっという間に山頂。
帰りのツリーランも気持ちよかった。

目的はブナ林と山頂からの絶景。
IMG_5814.jpg

山頂から、信越トレイルルート一望。日本海までばっちりでした。
IMG_5821.jpg

冬季封鎖の道の末端で地元の方は利用しない道ですが、完全に除雪されていて地域の方々のご理解に感謝です。

根子山

2020.2.23


奥ダボススキー場9:30~山頂11:40~下山12:40
避難小屋過ぎたらトレース無し。
風雪ガスで何も見えず、激寒で指の感覚が・・・。
山頂付近で地元山岳会の方に抜かれて、その方のおかげで山頂に行けました。
今年初めて、今は冬なんだと感じました。

IMG_5809.jpg

武尊山

2020.2.14 (日)


 オグナ武尊スキー場から沖武尊を目指しましたが、剣ヶ峰のトラバースが怖くて敗退しました。
 前武尊までは連日の暖冬で春山スキー気分でしたが、剣ヶ峰側に出ると川場谷から吹き上げる風が強く、雪面もガッチガチに凍っていました。向かって左側からトラバースを試みるも、斜面が硬くスキーのエッジも噛んでくれない。ではと右側から試みると、意外と行けるが相当に神経を消耗するので敗退しました。
 荒砥沢はクラフトでモナカなので滑らず。十二沢をリフト降り場から登り返すつもりで、きれいな斜面を探しながら滑っていたところ、どんどん谷状になってきて「こんな斜面あったっけ」 そう、尾根を越えて反対側(不動岳)の沢に滑り込んでいた。慣れている場所ですが、滑りに集中するあまりに周りが見えなくなっていた自分にヒヤッとしました。

IMG_5796.jpg

春山感覚で行けるかなと思っていた考えが甘すぎました。
IMG_5794.jpg

米子不動 不動戻し

2月11日
メンバー:大社長(沼田)、金澤

大社長にお声を掛けていただき行ってきました。
最初はアナコンダへ向かいましたが、事情により不動戻しへ。
意気揚々と臨みましたが、洗礼を受けました。
また来たいです。
P2111830_R.jpg

神楽ヶ峰

2020.2.7 (金)


リフト券負担が惜しくて行ったことのなかった神楽ヶ峰。
神楽ヶ峰側の斜面を1本滑って登り返し。中尾根に移動したら反対側にいい斜面があったので、そこを滑ったら和田小屋に到着しました。前日積もった数十センチの新雪も好天のため少し重ため。それでも2年ぶりのスキーは面白かった。
IMG_5787.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-