FC2ブログ

小中川 下の滝沢登り、弓の手沢下降

7月28日
メンバー:玉水、石川、松島

当初、米子沢を計画していましたが、台風の影響で近場の小中川 下の滝沢登り、弓の手沢下降に変更。
登り始めは雨が残ることを予想しましたが、良い天気に恵まれました。風がとても気持ちよかった!
水量は、やはり多めだったようです。
橋下の入渓地点に降りたところ先行の釣り人の方がいらしたので、中間地点あたりまで林道を登り入渓。
大小さまざまな滝が出てきますが、まくこともできザイルを出さずに快適に超えていけました。
登り最後は、若干の藪漕ぎを経て前袈裟山頂へ!
下降は、登山道から尾根道に移ったところで明瞭な踏み跡がない部分もあり、注意が必要!
下降時、1箇所 釜で腰上まで浸かって涼んできました!

大滝
20190728_190731_001.jpg

20190728_190731_002.jpg

稜線 風が気持ち良い
20190728_190731_003.jpg

下り
20190728_190731_004.jpg

腰までつかる
20190728_190731_005.jpg
スポンサーサイト



湯檜曾川 ゼニイレ沢

7月21日(日)
メンバー:沼田の里さん、木村、石川(記)

駐車場には、沢登りの方々が結構いらっしゃいましたが、ゼニイレに入ったのは私たちだけだったみたいです。
出発から小雨がパラパラしましたが、すぐに止み、1日曇ってましたが蒸し暑かったです。

出合からガレ場、暫くすると長いナメがあり、連続する小滝、再びナメ、スラブと、
徐々にきつくなる斜度に、自分の靴のフリクションを信じながらあがりました。
支点の取れない場所で何度となくロープをだしていただき、気付くと奥壁?
右からまき上部のブッシュでボロボロになりました。

釜やヘツリはありませんでしたが、向かいに見える山々を時々眺めながら、高度をあげていく様は格別でした!

67120255_903322800018731_7736700976001712128_n[1]
下部には雪渓が残っています

67308081_884138661961935_8203771612810444800_n[1]
谷川と一ノ倉の鞍部からお賽銭を投げると一ノ倉沢のあまり険しさで
湯檜曾川を超えて対岸のこの沢にはいってしまうから、ゼニイレ沢というそうです。
この日は誰も投げなかったようですね~


天狗岳・縞枯山

期日  :7月21日
メンバー:木部L、滝沢、桜井、岡田、いのうえ、やまもと、生田(記)
OB会月例山行
麦草峠から丸山、中山経由で天狗岳に行ってきました、梅雨が明けませんがまずまずの天気でした。
(生田のみ麦草峠から縞枯山のピストンです)

9-7-21天狗岳1
丸山を経由し中山の展望台です、南アから御嶽山も見えます。(岡田撮影)

9-7-21天狗岳2
奥にこれから登る天狗岳が見えます。(岡田撮影)

9-7-21天狗岳3
西天狗岳山頂です。

9-7-21縞枯5
天狗岳下りの稜線で休憩中です、中央に見えるのがOB会メンバーです。(中山峠西から生田撮影)

9-7-21縞枯1
麦草峠から茶臼山を越えて縞枯山の登りです(生田のみ)、帯状に枯れているのが判ります。

9-7-21縞枯2
縞枯の中に入るとこんな感じです。

9-7-21縞枯3
左から、北岳、甲斐駒、仙丈が見えます。(縞枯山から)

9-7-21縞枯4
山頂から少し戻り展望岩からの天狗岳方面です、左下の赤屋根は麦草ヒュッテです。これから中山峠まで行きます。


小川山 烏帽子岩左稜線

2019/7/13(土)
メンバー 金澤、松嶋、石橋、伊勢田(記)
6:30廻り目平駐車場→7:00取り付き→13:00終了点→14:00林道

1ヶ月振りの外岩は烏帽子岩左稜線へ連れて行っていただきました!
土曜の朝でも廻り目平キャンプ場はテントがちらほらありました。
時間の制約がありましたが行けるところまで2パーティーに分かれて登ることに。
1~3ピッチ目は要所でドキドキする箇所がありフォローに徹していましたが後半は歩きの箇所も含めていつくかリードさせてもらうことができました!
クラックの部分と最後のチムニー部分は金澤さんが華麗にリードしてくれました。
どちらも初めての体験で全然進まず登っている間は時間が永遠に感じられましたが終わってみるとヤミツキになってしまうような面白さがありました。

下山後、難しくはないというフリーのルートをみんなで登りました。
自分だけRPできず無念。

練習を積んでまた行きたいと思います!

アプローチ。あっちにもこっちにも岩壁が。
1 66434236_2352555198194675_8368197662574379008_n

快適にリード♪ロープの屈曲を考えて・・・
2 66453157_2293727404047631_2917055196607545344_o

3 66612192_692006531243726_1317196659284770816_n

4 66507257_2264083853682373_8213335388287139840_o

5 66439854_2352555511527977_3634786047570739200_n

クラックに苦戦。
6 66797167_692006697910376_7361319193653805056_n

クラックをエンジョイ。
7 66729285_2264084127015679_2445336073744678912_o

途中晴れ間もあり小川山の展望を楽しめました。
8 66505629_2293731204047251_6639217766790332416_o

杖必携。
9 66483823_692006781243701_6808843334027575296_n

白毛門沢

2019/7/7(日)
玉水、川名、伊勢田、ばし(記)
05:05 白毛門駐車場 - 05:55 白毛門沢出合 - 09:30 白毛門山頂 - 11:55 白毛門駐車場

谷川岳の山開きに合わせて行ってきました。

天候は曇り。気温も高くなく、快適な気候での沢登りとなりました。
大きな滝は高巻くため難しい登りはありませんが、高巻きで腕力を消耗しました。
山頂に向かって高度を上げていく感じがとても良い沢でした。


IMG_20190707_053355.jpg

水量多かったです
line_133391172323012.jpg

くぐりました
IMG_20190707_083030.jpg

IMG_20190707_082846.jpg

稜線はガスでした
IMG_20190707_091541.jpg

たくさんの花も
IMG_20190707_091131.jpg

尾瀬 大薙沢

7月7日
メンバー 沼田の里さんと清水さん、木村、石川(記)

大清水小屋7:30 →物見橋7:30入渓 →四郎峠12:00下降 →物見橋15:30 →大清水小屋16:00

左俣から遡行、連日の雨で水量は多めだったようです。小滝をいくつか超え、滑滝をまきました。
思いのほか天気よく、稜線からは丸沼も見れました。
帰りは右俣を下降、途中、まるで道路のような滑床が続き、楽々快適。
沼田のお二人とご一緒させていただき、とても楽しい沢山行になりました。

66502989_1095584793969277_1436261630995333120_n[1]


プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-