FC2ブログ

火打山


4/28・29
メンバー:木村、堀江、石橋、石川、伊勢田、沼田のM・Oさん、松嶋

春合宿ということで、火打山に一泊二日でB・Cに行ってきました。

山スキー5名、スプリットボード1名。山スキーの内4名は、今シーズンB・C始めた者たちであったため、通常日帰りルートを1泊2日で行く計画としました。
テン泊装備を背負ってのシール登攀や下降時の沢沿いトラバース、細かいUPDOWNのある林道滑り等良い訓練ができました。
ベースを張った高谷池ヒュッテから上部は、前日に降った雪でトレースのない部分も多く、それぞれの滑りを楽しむことができました。

1日目 笹ヶ峰駐車場 7:30 →高谷池ヒュッテ(ベース) 11:50 →山頂直下の鞍部14:15 → 高谷池ヒュッテ(ベース) 15:30
2日目 高谷池ヒュッテ(ベース) 8:50 → 山頂直下の鞍部 9:40 →火打山山頂 10:10 → 山頂直下の鞍部10:40 → 高谷池ヒュッテ(ベース) 11:30 → サクラ谷下降→笹ヶ峰駐車場 15:00

林道スタート
2019429_190430_0001.jpg

高谷池ヒュッテ到着
2019429_190430_0002.jpg

テント設営。その後山頂へ向けて登って行く!
2019429_190430_0003.jpg

山頂直下の鞍部でタイムアップ!
2019429_190430_0004.jpg

ベースに向けて滑ってゆく!
2019429_190430_0005.jpg

それぞれの滑りを観察
2019429_190430_0006.jpg

前日の降雪バーンにシュプールを描く!
2019429_190430_0007.jpg

途中登り返しも!
2019429_190430_0008.jpg

天気良好のおかげで、テント前でみんなで食事の準備!
2019429_190430_0009.jpg

夕食は、とりきりたんぽ鍋!
2019429_190430_0010.jpg

火打山の向こうに日が落ちる!
2019429_190430_0011.jpg

2日目の朝食は、トマトリゾット!
2019429_190430_0012.jpg

2日目は、火打山頂へ向かう!
2019429_190430_0013.jpg

前日と同様トラバース気味に徐々に高度を上げて山頂直下鞍部へ行く。
2019429_190430_0014.jpg

山頂直下を登る!各人のレベルでスキー または ツボ足で登る。
2019429_190430_0015.jpg

山頂!
2019429_190430_0016.jpg

ドロップ!?ベースへ向かう!
2019429_190430_0017.jpg

ベースより、重荷を背負ってサクラ谷を下降する。今回 ここが一番苦労しました。
2019429_190430_0018.jpg
スポンサーサイト



二子山中央稜

2019/04/21(日)
金澤、松嶋、伊勢田、ばし(記)

二子山中央稜へマルチピッチのクライミング練習に行きました。
晴れまたは曇りで風は無く、良い気候でした。

取り付きに着いたときには先行パーティのセカンドが登りはじめたところで、待ち時間なしでした。
2パーティに分かれて山頂まで約3時間ほどかけて登りました。
時間に余裕があったため、再度取り付きへ戻り3ピッチ目まで登って懸垂下降2回で取り付きまで降りました。

マルチピッチでは登る前の準備・登った後の支点構築・下山時の懸垂下降など、同じ作業を繰り返し行います。
行動時間に大きく影響することから、それぞれの作業を効率良く行う必要があると、先輩方からご指導いただきました。
今回は準備に手間取った場面もあったため、時間を意識しながら行動するよう努めようと思います。


IMG_20190421_131808.jpg

57581558_2209698582480338_3044412547575840768_n.jpg

IMG_20190421_102744.jpg

IMG_20190421_111423.jpg

THE DAY

4月20日 木村
笹倉温泉6:40-アマナ平8:20-北面台地末端9:05-P2260付近12:00-笹倉温泉14:30?

最高でした。
こんどはじっくり腰を据えて狙ってみたいです。

IMG_0944.jpg

IMG_0951.jpg

IMG_0956.jpg

IMG_0957.jpg

至仏山

4/20 晴れ
メンバー 金澤、阿久津、松嶋、石橋、伊勢田(記)
5:00鳩待山荘→8:30至仏山→10:30小至仏山→12:30鳩待山荘

太田を2時発と入会以来最早の出発時刻。
結果、ギリギリの一歩手前で駐車場所を無事確保できました。

シールを付けて緩やかな樹林帯を登ります。
ずっと至仏山の格好良い稜線が見えているので元気が出ます。

小至仏山は巻いて至仏山へ。
頂上直下の少し急な斜面のところはスキー靴とアイゼンで登りました。
他の方はシール歩行でスイスイ登られていました。
道路開通直後の晴れた休日のためか山頂に人が絶えませんでした。
至仏山頂上で阿久津さんと別れ1本目はワル沢へ向けて滑ります。
慣れない非圧接雪の斜面に始めはひどい滑りをしていたそうですが先輩の的確な指導のお陰で後半は多少マシになったようです♪

樹林帯の手前まで滑り小至仏山に向けて登り返し2本目はオヤマ沢へ。
下の方では重い雪や木々やトラバースに苦戦しましたが無事川上川へ到達。
急な登り返しが見えたときは動揺しましたが数十分で小屋の屋根が見えてほっとしました。

まだまだ練習中の私は10回くらい転びましたが天気、雪質、展望良く、楽しく練習できました。

57362468_2207975825985947_1216718295986601984_n.jpg

57338816_641879942923052_1395304560867672064_n.jpg

57407296_2207985879318275_1355608368584065024_n.jpg

57882587_2207986869318176_5087419273559670784_n.jpg

柄沢山

2019/04/13(土)
金澤、松嶋、伊勢田、ばし(記)

巻機山のすぐ南、柄沢山に行ってきました。

沢沿いを歩くと堰堤が2か所でてくるので、いずれも北側から巻きました。
緩やかな沢沿いを進み、1200m付近から1800mの稜線まで急な尾根を登りました。
巻機山と同じくらいの標高差ですが、稜線まで続く急登にはさすがに疲れました。

稜線から沢までは、数日前の降雪で柔らかな雪でした。
筆者には難しい斜度でしたが、雪質がよかったため楽しめる部分もありました。
沢に降りる頃には融雪による抵抗を感じながら下山しました。

バックカントリーデビューとなった伊勢田さんは、シールの登りに苦労した部分もあったようですが、
スキーの歩行、雪山の滑走を楽しんでいました。

晴天・風はほとんどなく、最高のスキー日和でした。

57233919_638150906629289_8934155261333995520_n.jpg

56965427_2144653095621730_7056446682518519808_n.jpg

57049082_2144653225621717_7043254875152449536_n.jpg

IMG_20190413_102011.jpg

56764540_2144653958954977_6658583142967803904_n.jpg

守門岳

4月6日(土) 
曇り時々晴
メンバー  金沢 松嶋 木村 堀江 石川(記)

出発7:10→大岳10:10→ゴール13:20

先輩たちのスキー山行に同行させていただき、初めて買った山スキーのデビューをしてきました。
慣れない、シール走行、ビンディング、非圧雪の雪面、、、すべてに悪戦苦闘でしたが
所々、アドバイスいただき、助けていただきながら、何とか無事に行ってくることができました。
ほろ苦いどころか激苦いデビュー戦となりましたが
早々の引退試合とならないよう、頑張ります。


1554548247516.jpg
カチカチ アイスバーン まさかの登り返し 名付けて「悪魔が天使に変わる場所」

1554548237674.jpg
雪庇 強風でしたが、きれいですな~

1554548224053.jpg
悪雪で撃沈、、、修行の道のりは長く険しい、、、
終日、ありがとうございました。


子持山 獅子岩

3/30 曇り後晴れ
メンバー 金澤、石橋、伊勢田(記)

朝から天候が優れず前日遅くまで雨が降っていたこともあり黒岩か獅子岩か直前まで決まりませんでしたが昼から晴れの予報を信じ獅子岩へ。

午前中は岩が乾くのを待ちながらロープワークの練習。
応用編としてビレイからの解放や、滑車を使って小さな力で重いものを動かす方法を教えてもらいました。
何を質問しても、なぜそうなのか理由を含めてわかりやすく説明してくださる先輩はすごいです。
より安全に登山を続けるため少しずつでも身に付けていきたいと思います。

途中、強めの霰に降られどうなることかと思いましたが予想どおり昼前から晴れ間が見え岩が乾き始めてきたため登る準備を開始。
比較的易しいとされる1、2Pをリードさせてもらいます。
1Pはフリクションを効かせて登るところが自分の核心で足裏がなかなか信用できず難儀しました。
2Pは左足ハイステップで上がるところが大変でしたがバランスを取りながらじわじわ上がりなんとか突破できました。
2Pの支点はカラビナにロープを通すだけだったので支点構築は難なくクリアできましたが、なんせ足場が狭くドキドキします。
2人が近づいて来ると少しほっとしましたが足場の良いところをゆずることはできませんでした。
上から自分が掛けたロープの軌跡を見ると初心者感満載という感じで見事に交差していました。

3Pは金澤さんがスイスイと。岩の下の右足ステップが自分には遠く厳しい。
4~6Pはばしさんリード。なんだかんだ言いながらもきれいに登っていきました。

最後の岩は梯子を使って頂上へ。上州武尊山、浅間山など再び雪を載せていて美しかったです。
下りは練習のため懸垂下降で下りました。

始めてのマルチピッチ。思ったように登れず難儀しましたが充実した練習ができました。
練習を積んで次は余力を持って登れるようになりたいと思います。

20190401202344.jpg

20190401202512.jpg

20190401202625.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-