FC2ブログ

小川山 野猿返し

8月26日

メンバー:原、金澤(記)

小川山野猿返しに行ってきました。
予定はセレクションも行って2本登るつもりでしたが、野猿返しの取り付きを探すのに1時間以上使ってしまい、7:45には出発したにもかかわらずスタートは9:45となってしまいました。さらに、そのおかげで先行を2パーティーも許してしまいました。

ルートの中身は左稜線を短く簡単にした感じです。歩きも含めて10ピッチとなっています。
12時半には駐車場に戻りましたが、仮に順調にセレクションに移動し取り付いたとしても2:00は過ぎるだろうということでそのまま岐路に着きました。

P8262124_R.jpg
スポンサーサイト

尾瀬 小淵沢

8月25日(土)
メンバー 三田、半田、長澤(BO会)、堀江(記)

尾瀬の小渕沢に行ってきました。
楽しく、和気あいあいの沢登りでした。
DSC_0619_convert_20180826223629.jpg

安全第一
DSC_0632_convert_20180826223751.jpg

ラストの滝。 大変だった・ ・ ・
1535285905936_convert_20180826223914.jpg
右巻きが  ・ ・ ・

帰路の燧ケ岳。 
雲行きが怪しく、遠くで雷鳴が ・ ・ ・
DSC_0637_convert_20180826223842.jpg
最後は降られました。 しかし、みどりさんは何故か元気‼ 最後は走り出す Σ(・□・;)

剱岳 源次郎尾根〜立山

2018/08/17〜19
松嶋、ばし(記)
8/17 → 扇沢 08:30 〜 室堂 10:40 〜 剱沢キャンプ場 13:30 〜 源次郎尾根取付き 15:30 〜 剱沢キャンプ場 16:30
8/18 → 剱沢キャンプ場 04:20 〜 源次郎尾根取付き 05:20 〜 剱岳 10:30 〜 剱沢キャンプ場 14:00
8/19 → 剱沢キャンプ場 05:10 〜 別山 06:10 〜 雄山 09:20 〜 室堂 10:40


2泊3日で剣岳に行ってきました。

3日間全て晴天で絶好の登山日和でした。

1日目は、室堂平から剱沢キャンプ場へ荷上げし、剱沢を下って源次郎尾根の取付きを下見しました。
2日目は、源次郎尾根から剱岳を登り、登山道から剱沢キャンプ場へ。
3日目は、雄山を通って室堂へ下山しました。

1日目の登り
IMG_3120.jpg

キャンプ場到着
IMG_3200.jpg

源次郎尾根取付き下見
IMG_3136.jpg

源次郎尾根2峰ピーク手前から
IMG_3149.jpg

懸垂下降は60mロープでちょうどでした
IMG_3154.jpg

山頂
IMG_3159.jpg

富山から能登半島まで見えた
IMG_3160.jpg

下山路はかなり足にきました
IMG_3167.jpg

雄山参拝
IMG_3228.jpg

雄山から室堂までたくさんの人とすれ違いました
IMG_3233.jpg

やることないので

H30.8.19(日) 木村

先日の疲れも取れたけどパートナー難民になってしまったので1人で周回して来ました。
小さな滝が多く全て直登できます。
少しの薮漕ぎもありルーファイの勉強にもなる。早立ちすればお昼には下山出来る。
自分の様な沢初級者にはうってつけの沢でした。

駐車場AM5:10〜〜丸山乗越AM7:20〜ウツボギ沢合流地点AM8:05〜ウツボギ沢遡行〜笠ヶ岳、白毛門、鞍部AM10:20〜白毛門AM11:00〜駐車場PM12:25

DSCF1585_convert_20180819193026.jpg

DSCF1588_convert_20180819193057.jpg

DSCF1590_convert_20180819193125.jpg


利根源流

8/13〜15日
SY氏、KM氏、MO氏(沼田山岳会)、木村(記)

沼田山岳会の夏合宿に参加させて頂き利根川本谷を目指しましたがボートのエンジン不調、低水位による着岸地点の低さ、更には急な雷雨による増水で遡行は危険と判断し越後沢出会いで中止、翌日に越後沢左俣を行けるところまで詰め尾根に乗り上げ7時間の猛烈な薮漕ぎの末、本谷山のコルで一泊。翌朝、登山道にて十字峡へ降りました。
本来の目的は達せられませんでしたがとても楽しい三日間を過ごせました。
機会があれば再度、チャレンジしたいと思います。

DSCF1507_convert_20180816110315.jpg

DSCF1539_convert_20180816110400.jpg

DSCF1551_convert_20180816110435.jpg

DSCF1565_convert_20180816110507.jpg





北岳バットレス Dガリー奥壁

8月11日~12日

メンバー:原、金澤(記)

1日目:広河原7:00~白根御池9:00~偵察~宴会
2日目:白根御池2:45~5尾根支稜スタート5:00~Dガリー奥壁7:00~終了点9:15~北岳山頂10:00~白根御池12:00~広河原1:30

北岳に行ってきました。
天気が悪そうで行先の変更も検討しましたが、紆余曲折の末行くこととしました。

5尾根支稜スタート時は青空が広がっていましたが、横断バンド到着時にはガスが広がり始めあっという間に視界はなくなってしまいました。
最終ピッチの城塞ハングでは雨が降ってきて、滑る外形ホールドに冷や冷やでした。
雨が降ってくるのが、下部のスラブピッチでなくて良かったです。

途中、5尾根支稜と城塞ハングで一緒だったパーティと、5月の一ノ倉沢でも一緒だったことが分かり楽しく登ることができました。

奥壁はつるべで5ピッチに分けて登りました。

このルートは最終バスを気にせず登る時間があるのなら下部フランケからの継続の方が間違いなく良いと思います。




遠くにDガリー奥壁

P8122118_R.jpg
V級スラブ

P8122119_R.jpg
微妙なチムニー

スタート時先を譲っていただきましたパーティの皆様ありがとうございました。

谷川南面ヒツゴ―沢

2018年8月5日  日曜  晴れ

メンバー;石川、Tamamizu

谷川温泉からヒル街道を行きヒツゴ―沢を遡行して、中ゴ―尾根を下山しました。

谷川温泉6時発~稜線15時前~谷川温泉19時着
沢登りを始めて4回目の石川さんを誘って、谷川温泉からスタートした。二俣からは、滝の連続
と高巻きが続く中で、暑さも増して来た。遡行中に熱中症の恐れを感じたので、休みを多く取っ
た。稜線では、石川さんが中ゴ―尾根を希望したので計画通り下山した。


沢谷川ヒツゴ― 021
ヒツゴ―沢F2
水が少なすぎる

沢谷川ヒツゴ― 036
F10あたり
まだ登り出しだが暑い

沢谷川ヒツゴ― 056
元気が少しあるのと雷の心配がないので、中ゴ―尾根へ

沢谷川ヒツゴ― 058
中ゴ―尾根から撮った肩の小屋と谷川岳

沢谷川ヒツゴ― 066
オジカ沢
素晴らしい沢ですが、私には無理

谷川本流の途中から暗くなり、ライトを頼りに下山した。

防災ヘリはるな

防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故という大変なニュースが飛び込んできました。
亡くなられた隊員もいるようです。
数多くの災害や山岳遭難の救助に出動しており、我々登山者の心強い味方でした。また、
毎年赤城青少年交流の家で行われている「山村地域での救命救急と救助技術シミュレーション」
の際には多忙な中デモンストレーションに飛来、体験搭乗をさせていただいた「はるな」です。
数年前には当会会員も滑落事故でお世話になっています。
現在捜索続行中ですがお亡くなりになられた隊員の方々のご冥福をお祈りします。
WS000002.jpg
群馬ヘリポートでのデモフライト写真です。
*捜索が完了しましたが9名全員の死亡が確認されました。
 改めてご冥福をおいのりします。
Y.A

池口岳・熊伏山

期日 : 8/5~8/7
メンバー::生田、非会員1名

南ア南部の池口岳と熊伏山に行ってきました。
8/5 太田⇒登山口Ⓟ(高崎玉村IC~松川IC経由で6時間)
8/6 池口岳登山口Ⓟ3:50発⇒黒薙⇒池口岳⇒南峰(△点)11:20~11:40⇒下山⇒登山口Ⓟ16時着⇒熊伏山登山口へ移動
8/7 熊伏山登山口Ⓟ5時発⇒青崩峠⇒熊伏山7:20~7:40⇒登山口Ⓟ9:40着

18-8-6池口1
夜明けが遅くなりました、ようやく明るくなり唐松林を登ります。

18-8-6池口2
黒薙あたりからの池口岳です。

18-8-6池口3
山頂手前のV字谷から恵那山です。

18-8-6池口4
北峰と南峰のコル付近から光岳です、光石も視認できました。

18-8-6池口5
中央奥は上河内岳です、その右が茶臼岳。コル付近から

18-8-6池口6
加加森山です。コル付近から

18-8-6池口7
南峰からの池口岳北峰です。


8/7 熊伏山
18-8-7熊伏1
熊伏山登山口から青崩峠に着きました、遠州と信州の国境です。

18-8-7熊伏2
熊伏山山頂です、一等三角点の山ですが眺望はありません。

18-8-7熊伏3
青崩峠の信州側(遠山郷)です。あとは帰るのみです。

夏が来れば

8月5日
沼田山岳会、あーたくさん、TOSHIさん、O氏、H氏、木村(記)

沼田のO氏からの誘いで小淵沢に行って来ました。

DSCF1464_convert_20180806135740.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-