二子山中央稜

2018/05/27(日)
松嶋、ばし(記)
07:15 倉尾登山口 - 08:20 1ピッチ目開始 - 12:00 山頂 - 13:24 倉尾登山口

1,3,5ピッチを松嶋さん、2,4,6ピッチをばしがリードしました。
3番目のスタートでした。

快晴・無風で快適なクライミングとなりました。

3ピッチ目核心では事前に聞いていたクラックの奥のホールドを見つけられず、早々にA0であがりました。

ダブルロープのかけ方、支点構築・回収、セカンドのビレイ、足の痛み等、マルチピッチの良い練習になりました。


IMG_2958.jpg

IMG_2957.jpg

IMG_2965.jpg

IMG_2961.jpg

IMG_2964.jpg

2ピッチ目でばしが左行き過ぎ&ロープが交差している図
IMG_2966.jpg

先行パーティーの2ピッチ目ライン
IMG_2967.jpg
スポンサーサイト

一ノ倉沢 南稜

期日5/27 メンバー金澤、原、中村(記)

念願の一ノ倉連れてってもらいました。
天候にも恵まれて快適なクライミングでした。
リードもやる事ができて良い経験と、なりまた一歩成長する事が出来ました。
20180527184148fdd.jpeg
20180527184316c1c.jpeg
20180527184325fee.jpeg
20180527184335773.jpeg
2018052718434283c.jpeg


次は稜線上抜けをしてみたいです。
ありがとうございました。

袈裟丸中尾根~中袈裟~後袈裟~押溜沢下降


2018年5月13日  曇で昼過ぎから雨

メンバー:石川、K様、Tamamizu

スタート6:30 中袈裟丸山11:10 前袈裟丸山12:05 鞍部12:20
ゴール16:15餅ヶ瀬川林道の遮断機

餅ヶ瀬川林道から袈裟丸中尾根を登り、中袈裟丸、後袈裟丸、前袈裟丸、
P1685の先の鞍部から、押溜沢に下降しました。

尾根中袈裟中 003
シロヤシオ
中尾根は新緑とシロヤシオが満開

尾根中袈裟中 016
上は、やっぱりアカヤシオ

201805170531075c1.jpeg
中袈裟丸山山頂
雨と風で寒いからすぐに下山

尾根中袈裟中 042
枝沢を下降
枝沢から押溜沢へ下降

尾根中袈裟中 053
石川さんが押溜沢に懸垂下降の練習
雨降る中で無事に下山出来ました

新保岳(下越)

期日 :5月13日
メンバー:岡田、やまもと、川島、生田(記)
コース:登山口(林道始点)Ⓟ9:20⇒尾根取付き10:30⇒新保岳11:30~12:00⇒登山口Ⓟ13:20
天気 :◎のち小雨
山形県に近い下越の新保岳に行ってきました。片道310Kmで山に登るより大変です。

18-5-13新保岳1
林道から尾根に上がるとブナの林がみごとです。

18-5-13新保岳2
巨木も多く癒されます。

18-5-13新保岳3
残雪とブナの新緑が綺麗です。

18-5-13新保岳4
一等三角点の山頂です、あいにくの曇りで日本海に浮かぶ粟島がかろうじて見えました。

一ノ倉沢 中央稜

5月6日 
メンバー:松嶋、金澤(記)

中央稜行ってきました。
この日一ノ倉沢に入っているパーティーは他におらず、完全貸し切りの中、余裕をもってクライミングができました。



DSC_0615_R.jpg

槍ヶ岳 北鎌尾根

槍ヶ岳 北鎌尾根
期日4/28〜30
メンバー金澤、松嶋、原、木村、岩井、中村(記)

20180507005303a94.jpeg

睡魔との戦いが始まります。
201805070054315e4.jpeg

汗だくだく
2018050712302814a.jpeg

水俣乗越を超えテントを張りご飯。
2018050712320789c.jpeg

2日目北鎌沢を詰めてコルまで激坂3時間。
20180507123343c93.jpeg

独標とパシャリ。
201805071234482ac.jpeg

槍に少しずつ近づいてる。
201805071245273df.jpeg

3日目強風であまり寝れずに山頂へ取り付く。
20180507124641fd4.jpeg

先行メンバーがいたためかなり待つ。
20180507125027a50.jpeg
201805071250470ab.jpeg

無事みんな山頂へ!
2018050712513908c.jpeg
核心の林道。ここが辛かった。

3日間共に天気が良く絶景を見ながらの山行でした。トラブルもなく全員で山頂に立ち無事下山できて本当に良かった。
皆さんお疲れ様でした。

黒い稜線の丸山岳ほ無理だった

4月29日~5月1日 3日間晴れ
メンバー:Tamamizu

29日 窓明登山口~家向尾根~窓明山~坪入山~1583m
30日 1583m~高幽山~梵天岳~高幽山~坪入山~1612m
1日 1612m~窓明山~家向尾根~窓明登山口

29日は、15日に窓明山手前にデポしたスキーを回収してシール登高の開始です。窓明山の
先と坪入山の先のナイフリッジで雪が切れていて手間取る。時間が早いが1712mのピークか
ら少し下り1583m付近、鞍部の手前にテント泊
30日は、高幽山の登りと下りで雪切れが数カ所有ったが藪から巻けた。梵天岳からはトレー
スの有る藪越えが続くが、往復で4時間暗いの藪越え出来る体力が無いので下山を決めた。
下山の途中で藪越えの無い窓明山まで行こうと思っていたが、窓明山手前の鞍部1612m
付近で力尽きテント泊
1日は、4カ所の荷上げで無事に窓明山に戻れた。

丸山岳 007
鞍部から高幽山

丸山岳 024
梵天岳と、奥が丸山岳

丸山岳 046
梵天岳から撮った丸山岳

丸山岳 048
丸山岳までは、黒い藪の稜線

丸山岳 057
奥只見ダムと未丈ヶ岳

丸山岳 058
三岩岳から尾瀬の山

丸山岳 096
窓明山を目指す。次のピークが窓明山
無事に下山して、新しくオープンした窓明の湯の中で思った事は、
目指せ いつかは 丸山岳
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-