黒岩

10/22

■かなざわ、かやま、ともの、たかや、みどり、りゅうじ、いしばし、いりえ(記)

またまた新人さんたくさんで黒岩、賑やかです
新人さん今季3度目、4度目の黒岩 少しずつ岩になれてきた様子です

がくゆうかい朝一のクライマーとものくん、ビレイヤーたかやくんの意思の疎通が不足していました。
リードクライミングの怪我や事故は人災、コミュニケーション不足が一つの要因です
どういうシステムで登るのか、意思の疎通が取れているのか毎度確認しよう。

周りのクライマーのかたがたにはご心配をおかけしました。金澤さんのサポートに感謝します

クライマーとビレイヤーの信頼関係、意思の疎通はすんごく大事です
慣れてきた時こそ、確認作業、意思の疎通をしっかりと!!


西稜でのみどりさんの登りに感動
途中で何度もセミになりながらもノーテン完登
上では息子の受験合格祈願で叫んでました!!

新人さんの御陰様でこちらがいろいろ勉強になります
なにより賑やか

どうもありがとうございました
スポンサーサイト

前川大滝沢

2016年10月22日
12メンバー:きむら、まつしま

涼しくなりましたが、癒しの沢、前川大滝沢に行ってきました。
紅葉・滑沢・大滝、噂通りにとてもきれいでした。
美渓の沢としては、トップクラス。
へつりは、ちょっと厳しいところもあり良いスパイス!
また行きたい楽しい沢でした。

入渓 7:20 ⇒ 大滝 8:10 ⇒潜滝 12:40 ⇒登山道 10:20 ⇒大滝見晴台 14:05 ⇒駐車場 14:20


M3276
入渓地点の橋の上から。ここからきれいです。

M3288
ナメ滝

M3290.jpg
滑沢

M3295
大滝 120m 大迫力 

M3300.jpg
釜の右壁をへつって越えようとしましたが・・・。

M3301
行けそうで、行けない。クライミングシューズほしい!

M3302
下からトライ、でも難しい!最後は、釜に足を入れたら、ひざ上くらいしかなく、難なくクリア!

M3350
小滝の連続!

M3351
ちょっとだけ、シャワークライム!

M3405
中央突破を試みるが・・・。

M3407
やはりこの傾斜は登れない。!

M3450
潜滝

M3451
潜滝下側の釜は、エメラルドグリーン

太山連 太田市民ハイク 谷川岳天神尾根

10/16
イシバシ,カワナ,イリエ(記)

34名で天神尾根
秋晴れと紅葉がすばらしかったです
予定時刻よりはやく全員下山し、お手伝い完了
またよろしくおねがいします
ありがとうございました

14639662_1093983680709140_4320414503419566692_n.jpg
14670598_1094154797358695_5466371342381280331_n.jpg
14671185_1094154580692050_5030421509090319637_n.jpg
14725761_1094154440692064_968493012089487980_n.jpg

一ノ倉沢本谷2ルンゼ

10月16日(日)
金澤、原、木村(記)
BP~南稜テラス(7:00)ド~2ルンゼ~ザッテル(12:40)~広河原~Cルンゼ~国境稜線(16:10)~西黒尾根~BP(18:20)

秋晴れの下、2ルンゼに行ってきました。
久しぶりの好天で待ちわびたクライマーで出会い駐車場はテントの花が咲き乱れていましたが、我々とダブるグループは無く自分達のペースで楽しめました。

2ルンゼは最終のザッテルまでの1ピッチを木村が担当した以外はすべて金澤さんが担当。
ヌルヌル、ボロボロのルートを淀みなく登っていく技術は確かで見入ってしまいました。

広河原から国境稜線までは確保なし。
しかし急傾斜の滑る草付きと滑った岩場で気を抜けません。
登山道手前の1Pが非常に悪くここだけロープを出し少しの藪を漕いで登山道に出る事ができました。
明るいうちに歩き出しましたが途中で日没、久しぶりのヘッデン下山となりました。

地理的に一日中日陰になり陰湿、岩も風化が進んでいて個人的にはキツかったですが結果的には楽しい登攀となりました。


2ルンゼ
DSC_0006_convert_20161018160621.jpg

本谷バンド
DSC_0007_convert_20161018160637.jpg

前回の東南陵に引き続きヌメヌメなルンゼです。
さらにホールドが脆く何度もヒヤッとしました。
DSC_0012_convert_20161018162946.jpg

DSC_0021_convert_20161018160653.jpg

Aルンゼ
DSC_0034_convert_20161018160724.jpg

懸垂にて広河原へ
DSC_0033_convert_20161018160709.jpg

Cルンゼから国境稜線へ
DSC_0035_convert_20161018160529.jpg


続・山には関係ないけれど・・・

またまた山に関係ない(少しはある?)ですが。
02.jpg
こんなお方がアメリカの旅番組に出演されてました。
7~8年前の雪男探検隊での目撃証言してました。(日本語ですが)
01.jpg
KUNIAKI YAGIHARA CHAIRMAN. JAPAN MOUNTAINEERING ASSOCIATION
と紹介されております。間違いなくYGHRさんです。
Y.A

つばめ

10/9~10
■いりえ
10/9 13:00中房温泉-燕山荘16:00  summitピストン
10/10 11:00燕山荘-12:00中房温泉

テント泊で燕岳へいってきました
はじめてのつばくろ、展望の良さ、サンセット&サンライズ、流れ星、ブロッケン、テント場では群馬の方おふたりと隣になり宴会
登山道では山登りのきっかけになった足利の叔父と遭遇 夜は宴会

絶景とブロッケンと巡り逢いに感謝感謝です
どうもありがとうございました

14516444_1088349761272532_1535839979660542505_n.jpg
雲海からのサンライズ
14657521_1088717021235806_6836378234699003216_n.jpg
小屋の方々シルエット
14657526_1088353654605476_1216908306725371733_n.jpg
中之条と昭和村のお二人とテント場で宴会
お二人はテントデビュー!!こんぐらっちゅえいしょーーーん!!!
14666081_1088350057939169_1160797706784246137_n.jpg
初日のサンセットの時間帯ブロッケン現象@summit
30分くらい見続けることができた テンションあがった
14670780_1088716997902475_7616659774850779140_n.jpg
サンセットとブロッケンにジャンプ
13076780_963819817058861_4355956087647047361_n.jpg
てんじょうびとのきぶん
14568260_1088350504605791_4383936925487310454_n.jpg
イルカ

二日目の朝は
深呼吸 WGS yoga- 体幹トレ 瞑想 その後もう一眠りし11時から下山開始
ねこ平で温泉につかり、フラフラしたのち太田へ帰りました

14570369_1088631217911053_6174855768737475732_n.jpg
ふらふらその1
@シャロムヒュッテ
きそいあいからわかちあいへ 森の中のマルシェ
14650519_1088630381244470_6313426589506449109_n.jpg
ふらふらその2
@シャンティクティ
ここちよい持続可能な農的な暮らし

ピンと来たかた山のついでにいってみてください

槍ヶ岳

H28.10.2
メンバー 斎藤 中村 中島(記)

新穂高温泉からの日帰り槍ヶ岳山行に山岳会最年少チームに混ざって挑戦してきました。

長い長い林道は走る予定で、トレラン装備。ハイドレーションデビュー。



夜明け前に出発の予定でしたが、夜明けてました。(°_°)

空は曇ったり晴れたり。。。
体調も良かったり悪かったり。笑

聞いていた通り、長い道のりをなんとか進み



ようやく槍ヶ岳山荘到着。
ガスが一瞬晴れ



槍穂出現。

そして


登る



登る



登ったー!!

一瞬の晴れ間を狙って撮影。
晴れ間の譲り合い。(取り合い)(撮り合い)

無事怪我なく登頂!!

ヘリ無いので、
ここから下山。

帰りの林道は走らせて頂きました。
トレラン装備最後で活躍。

16日のトレランのいい練習になりました。

次回は上高地からせめたいです。

燕岳

H28.9.10
メンバー 中島

初ソロ山行
山ガールに人気の燕岳に行ってきました。
登山道分かりやすく天気にも恵まれ
登りやすかったです。








駐車場 4:30到着 ほぼ満車
人気の高さが伺えました。
中房温泉登山口から山頂までノンストップでおよそ3時間。
燕山荘から山頂までは軽装備な宿泊者?の方が多く、山ガールで賑わっていました。

特に危険箇所もなく、日帰り登山にちょうどいいなと思いました。


マチガ沢/本谷〜東南稜

H28.10.2(日)
メンバー:金澤、某氏、木村(記)
谷川岳BP(5:50)〜マチガ沢出合(6:15)〜本谷・東南稜〜登山道直下(12:00)〜一般登山道経由、谷川岳BP(14:30)
1P(金澤)2P(某氏)3P(木村)

クライミング遠征の予定でしたが天気がパッとせず断念。
ならば地元、谷川岳にしようという事になり前々から聞かされていた東南稜に。

先行で3パーティー程入っていましたが四ノ沢までに抜かさせて頂き一番で入りました。
1P〜2P目はヌルヌルで個人的には今季一番の悪条件。
フォローの安心感はどこへやら...悪態つきながら何でもありで全身泥だらけになりながらも必死に攀じ登りました。
その後、国境稜線まで出て登山道にて下山。

ヌルヌルの凹角の事は聞いていました。
経験不足とはいえ、これ程キモを冷やしたのは久しぶりです。
次回があればもう少しスマートに登れるよう頑張りたいものです。

DSC_0004_convert_20161003204546.jpg

DSC_0007_convert_20161003204633.jpg

DSC_0011_convert_20161003204730.jpg

DSC_0012_convert_20161003204802.jpg

DSC_0019_convert_20161003204822.jpg

稜線は紅葉   白毛門~朝日岳

  
日時 10月2日  曇り時々晴れ

メンバー:カメラマン、Tamamizu

白毛門沢を止めて土合から笠ヶ岳に行ってきました。


門毛白 004
白毛門から撮った笠ヶ岳と朝日岳

門毛白 011
笠ヶ岳から撮った朝日岳

門毛白 015
裏の白毛門

沢を止めて失敗したが、稜線の紅葉が綺麗だっので良かった。

行き   伊勢崎から水上  1440円
帰り   17号から上武道路
      太田、土合往復185Km
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-