平標山

3月25日 雪

メンバー:友野、鎌倉の加藤さん、職場の杉ちゃん、Tamamizu

先月末に同じ職場の杉ちゃんと休暇を合わせて計画を立てた。
その後、新人の友野君と鎌倉の加藤さんが参加する。

昨日からの積雪で深雪の中をスキーを担いだ友野君がワカンで
ラッセルしスノーシューの杉ちゃんがスコップで除雪して山頂を目
指すが稜線は悪天なので標高1680m付近まで戻りみんなで
滑走する

平標山 004
新人に友野君
三国小学校前で登山準備中

平標山 023
平標山 042
友野君&杉ちゃん
友野君はスキーを担ぎワカンでラッセルし
スノーシューの杉ちゃんはシャベルで除雪

平標山 048
稜線は悪天
稜線の偵察後に標高1680m付近まで戻
りみんなで下山を決めて安全に滑走する

平標山 071
平標山 072
スノボの杉ちゃん カッコ良いね

平標山 083
無事に急斜面を滑った友野君

みなさんお疲れ様でしたまた何処かの山で遊びましょう
スポンサーサイト

南沢大滝・大同心大滝

日程:3月21日~22日
メンバー:今関夫妻、入江、三浦、木村(記)
21日:美濃戸~南沢大滝・小滝~赤岳鉱泉(小屋泊)
22日:鉱泉~大同心大滝~鉱泉~美濃戸
天気:晴れ

今シーズン最後のアイスクライミングに行って来ました。
八ヶ岳もどことなく春の気配が感じられましたが氷の状態は良く快適なクライミングが出来ました。

来シーズンも宜しくお願いします。

IMGP0502_convert_20150323105026.jpg


IMGP0515_convert_20150323105150.jpg

IMGP0507_convert_20150323112243.jpg

IMGP0519_convert_20150323105241.jpg

西ゼンスキー

3月22日
メンバー:原、金澤

コースタイム:平標登山口6:50~平標山頂9:05(大休止)~滑降開始9:50~毛渡橋11:20

西ゼンを滑ってきました。
土樽駅から越後湯沢までの電車が13:59にあり、それを逃すと2時間ぐらい待たなければいけないので余裕を持って7時前には出発しました。



山頂より西ゼン

P3211467_R.jpg
西ゼン上部の1枚バーンはガリガリでしたが遮るものが何もなく気持ちよく滑り降りられました。

P3211474_R.jpg
第2スラブの核心部の滝は完全に隠れているのか上からでは判断がつかなかったので、左岸よりにクラックの入った雪面を縫う様に横滑りしながら降りました。ガリガリの40度程度の斜面でしたので転倒注意です。
また、しばらく行くとデブリで斜面が埋め尽くされて板を外して降りました。先週の西ゼンの記録を見たところデブリがあって板を脱いだ様子はなかったので、この1週間で両岸の雪が落ちたようです。

毛渡橋まで雪がついていたので時間短縮ができ土樽駅発11:58の電車に乗ることができ、越後湯沢からバスで登山口まで戻りました。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

瑞牆山~金峰山

日付 3/14-15
メンバー 三浦×2
コースタイム
初日 瑞牆山荘 9:00 - 富士見平 9:40 - 11:00発 - 瑞牆山頂 12:30 - 富士見平 13:50

二日目 富士見平 6:00 - 大日岩 8:00 - 金峰山頂 10:00 - 富士見平 13:10

久しぶりに夫婦でテント泊山行にいってきました。

寒さも緩くなってきましたが、初日の瑞牆山は山頂で雪。残念ながら展望は無しでした。

テン場に戻るとテントが15張ほど張られていました。中には高校の山岳部グループもおりました。若いって素晴らしい!

夜になると天気も回復。満点の星空のもと眠りにつきましたが、朝方も-15℃くらいまで冷えこみ、かなり寒かったです。

二日目は金峰山へ。
昨日とは変わって青空の広がるピーかんでした!南アルプスから富士山、八ヶ岳等、壮大な景色を堪能できました。


駐車場はまだまだ雪


道中までは天気も持ってましたが。


山頂は雪


二日目はピーかん


富士山もバッチリ


最高の天気でした!


二日目は最高の景色を堪能できました。
が、帰りの駐車場でまさかのスタック。
雪が溶けて亀さんに。。

たまたま横にいた方に牽引して頂けましたが、次回から気を付けます。

庚申山

期日 :3月15日
天候 :晴れ
メンバー:三田(現役)、滝沢(OB)、岡田(OB)、生田(OB、記)
コース :銀山平Ⓟ6:30⇒庚申山荘9:30⇒山頂(見晴らし)12:20⇒銀山平Ⓟ16:00着

 昨年に続き現役とOBの合同山行でOBチームは庚申山に行ってきました。
雪の状態は良好でしたが山荘裏の岩壁帯は梯子、クサリが雪に埋もれ通過にてこずりました。
また、林道ではがけ崩れ、道端には子鹿の死骸11頭(カモシカ1頭含む)がありました。
強力な現役のサポートで計画通り山頂に立てました、ありがとうございました。

15-3-15庚申山1
山荘を通過し裏見の滝に向かいます、雪は締まっていて快適です。

15-3-15庚申山2
裏見の滝に向かう三田さんです。

15-3-15庚申山3
岩壁帯を抜けシラビソの森です、アイゼンをワカンに替えトレースの無い道を進みます。

15-3-15庚申山4
 山頂先の展望台からです、皇海山が眼前に突然現れます。

15-3-15庚申山5
日光白根山です、左に錫ヶ岳も見えます。

15-3-15庚申山6
山頂を後に岩壁帯を慎重に通過し裏見の滝まで下りました、後は踏み抜きに注意しながら林道へ。

15-3-15庚申山7
林道の『坑夫の滝』付近の切通し部で大きな岩盤崩壊がありました、通過は細心の注意が必要です。

庚申山合同山行

中倉尾根

3月15日(曇~晴)

メンバー:鹿山、カメラマン、Tamamizu

庚申山を目指して銀山平からのルートと中倉尾根からの2パ
ーティに分かれてOB&現役が合同で山行の計画を立てた。

中倉尾根パーティだが強力な参加者が無かったので目標を
下げてオロ山に変えたが無線機での交信に時間を取り過ぎ
沢入山の先で下山を決める。

中倉尾根 020
中倉山で10時の交信中
8時9時10時と無線機での交信が出来ない
中倉山の手前でアイゼンを付ける

中倉尾根 026
沢入山を目指す
晴れて来た

中倉尾根 029
沢入山山頂

中倉尾根 037
左から庚申山、オロ山、皇海山
オロ山に向かっていたが12時の交信が鞍部になると交信が
不可能なので下山を決めて戻り沢入山手前で交信する。

中倉尾根 046
孤独なブナ(下山中)
11時12時13時と交信が出来ない(不安)
途中で石塔を採る予定だったが道間違いで石塔の手前を降りて
しまったが無事に15時下山する。交信が出来なかったので舟石
峠~銀山平に向かうと積雪があったがなんとか通過できた。

交信が出来なかった原因は尾根が電波を遮ていたか

岡田さん三田さん お疲れ様でした

沼田山岳会事務所にて

日付 3/8(日)
メンバー 今関夫妻 三浦
天気 雨のち晴れ

日曜日は生憎の天気。

アイスクライミングは諦めて、
沼田山岳会事務所にお邪魔しました。

到着すると大勢の沼田山岳会の方々が。
まるで宴会場の如く山談義で盛り上がっておりました。

今日の目的は事務所に設置されているドライツーリング用の壁にチャレンジ。
雨が弱まった昼前から取りつきました



見事なルーフ超えルートです。

今関さん早々にノーテンで完登です。

腕だけで体を持ち上げるパワーと体幹には感服してしまいます。。

自分もチャレンジしましたがアックスの刺さり具合と体の引き付け方によって、刃が簡単に外れてしまいます。。
奥が深いです。

沼田山岳会のIさんは見事なフィギア4でクリアしていました。かっこよかった。。

その後は道具のメンテナンスをしたり、
ムーブの講習を受けたりと非常に勉強になりました。

自分も最後になんとかトップアウトできました。ご教授頂いた皆様ありがとうございます。

その後はドライルート脇の木の柱を今関さんが完登。アイゼン無しですごいです。

ドライルート横にはこんなクライミング壁も



またお世話になりそうです

雨のなかとても良いトレーニングになりました!





巻機山

井戸尾根から巻機山を目指す 2

3月8日(日)雨~みぞれ~雪~ガス~晴
メンバー:Tamamizu

よっちゃんと根子岳を計画していたが7日の夕方にキャンセルの連絡がきた。
では、どこ行くか考えたら、6日巻機山の計画書を8日に変えて再計画した。

清水は雨だが7時に出る。一人ラッセルだったが井戸の壁手前で後続4人
パーティにトレースをお願いした。5合目先ではシールがダンゴで苦戦中に
後続12人に抜かれ登りやすいルートになった(ありがとうございます)
7合目付近からガスで小雪。先は誰もこない。標高1600m付近では視界が
悪いので回復を待って2時間近く休む(小雪だが寒くない)1時過ぎ前巻機を
目指すと、視界が回復して来た。2時前に前巻機山に到着して下山。


2巻機山 004
シールがダンゴで重い登高
シールが悪いかやや湿った雪の時のダンゴ対策を考えねば

2巻機山 022
標高1600m付近で2時間近く休む
(テント、燃料、食料あり)

2巻機山 038
空から8合目付近まで視界が回復して来た

2巻機山 060
前巻機山から撮った巻機山
またまたいけなくて残念でした

2巻機山 063
2巻機山 085
前巻機を滑る

2巻機山 098
無事に清水に到着

巻機山

井戸尾根から巻機山を目指す 1

3月6日(金)雪~晴れ
メンバー;Tamamizu

井戸の壁や井戸尾根は順調だったが、8合目手前付近から氷の面と
新雪がミックスとなる。標高1600mから上は氷の割合が多くなり、登
れれも下山が無理なので、ここで下山を決めた。

巻機山 004
5合目付近

巻機山 018
6合目付近

巻機山 027
7合目付近

巻機山 036
8合目手前付近
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-