黒岩

8/24(sun)
■鹿山、松島、入江(記)

黒岩への道路が通行止めのため、2キロ手前くらいから歩きました。
静かな道路を歩いていると、沢の音や虫や鳥の鳴き声がよく聞こえました。

岩場は終日貸切で静か。道路も車が通らないので、常に静かな黒岩を体験できました。

ピラミットフェース、岳友会、柿泥棒、鶴、アヒル

お昼前に通り雨がありましたが、一日楽しめました^^

帰りはしんとう温泉ふれあい館で湯につかり、カラオケ^^
伊勢崎の新しくできたボルダリングジムランボに寄り道し、夕食はフラガでお腹を満たしました。

ありがとうがざいました〜

スポンサーサイト

源次郎尾根

2014.08.13~08.14
メンバー:新井夫婦

08.13
立山駅6:30-室堂7:30-雄山10:30-大汝山11:00-富士ノ折立11:50-真砂岳12:50-別山13:40-剱澤小屋14:30
08.14
剱澤小屋3:30-源次郎尾根取り付き5:00-剱岳山頂11:00-剣山荘13:40-剱澤小屋14:45-室堂17:45

夫婦で立山、剱岳の縦走へ行ってきました。
1日目お盆休みの為、人が多かったものの天気も良く快適な山歩きが出来ました。テントを張り剱岳を眺めながら
ワインを飲もうと思っていたのですが、高山病にかかりそのままお持ち帰りとなりました。
P8131517_convert_20140823115322_convert_20140823120928.jpg

P8131561_convert_20140823115353_convert_20140823121031.jpg

2日目
高山病が少し残っていた為、出発を30分遅らせ今回のメイン源次郎尾根からの剱岳登頂へ出発しました。
剱澤から夏道を下り、程よい所でアイゼンを装着し雪渓へ、源次郎尾根の取り付きは明瞭な踏み跡もしっかりあるので問題なく登頂開始。今回は尾根ルートで登りました。
1峰、2峰と特に迷う事もなく、クライミングをやっていれば難しい所はなく快適なルートでした。
2峰頂上付近で後続パーティに道を譲ったのですが、懸垂ポイントで30分ほど待つ事に
懸垂はトポに30mの懸垂とありましたが、事前にネットで調べたところ50mロープの折り返しで問題無いという情報を信じて50m1本をセットし下降。下降地点から簡単なクライムダウンが有りますが、全く問題無しでした。
そこから少しガレた道を詰めれば山頂です。
下山は一般登山道から下山し室堂からバスに乗るはずが最終便に5分ほど間に合わず...
立山ホテルに泊まり始発で下山しました。
出発を遅らせた事と、後続パーティに懸垂ポイント手前で道を譲った事などが重なりバスに間に合わず、計画と決断の甘さがホテル代という高い勉強料を払う事になってしまいました。

P8141634_convert_20140823115428_convert_20140823121114.jpg

P8141668_convert_20140823115525_convert_20140823121148.jpg

P8141678_convert_20140823115606_convert_20140823121208.jpg

バスの件を抜かせば、夫婦でアルパインをするという素晴らしい経験ができ最高な山行となりました。
会の皆様には色々とアドバイスを頂き感謝しております。
これからも夫婦共々宜しくお願い致します。

水晶岳、鷲羽岳

8月12日〜14日
天気:1日目曇り→どしゃ降り→曇り
2日目快晴
3日目曇り→雨→曇り

1日目 新穂高温泉5時→わさび平前でどしゃ降り。10時鏡平→15時前三俣蓮華岳キャンプ場着

2日目 5時発→6時鷲羽岳 →8時ごろ水晶岳→11時テント場着し、テント回収→12時30分発→三俣蓮華岳→双六岳→16時前に双六テント場着

3日目 5時発→布引岳分岐付近でどしゃ降りのため、笠ヶ岳は諦め下山。10時30分新穂高温泉着

今回は雨によく降られましたが、テント設営と撤収時は雨がやみ、メインの2日目は快晴で、いい山行となりました^ - ^





光岳

日付:8/14-16
メンバー :三浦×2

8/14 便ヶ島前泊
8/15 易老渡 4:30~易老岳 10:30~
光岳 12:45~光石
8/16 光岳 6:10~易老岳 8:40~
易老渡 11:50

南アルプス最南端の百名山、
光岳に行ってきました。

終日天候が悪く、南アルプスの壮大な景色を望むことはできませんでしたが、人も少なくとも非常に静かな山行を楽しめました。
途中で熊の目撃情報を聞いたときには引きましたが。。

便ヶ島前泊地
山奥ですが非常に綺麗な施設有



樹林帯をひたすら昇りました。
霧でずっと周りは見えず



ゴーロの谷筋のガレ場を過ぎると
全体が緑に包まれている場所に



ミヤマトリカブトが咲いてました



光岳山頂



光石 いきなり岩が現れます
一瞬青空が見えましたが。。残念





天気は残念でしたが、静かで奥深い南アルプスを堪能できました。

おまけ
便ヶ島までの道が落石だらけでおっかないです。自分達の帰り道、雨の影響で当分通行止めになるとの情報。
確かに岩が所々落ちてました。


富士山〜剱岳

8月13日
メンバー 今関さん、入江さん、冨岡、会外5人

天候はほど良く初めての富士山でしたが、
みんなで、支え合い登れました。
最高の思い出になりました!!




8月14日〜16日
剱岳
メンバー冨岡、会外2名

初日で、劔沢キャンプ場
2日目に剱岳へアタックとしました!
初日は天候は持ちましたか、2日目8時ごろから天候悪化で、前剱で敗退しました。

今回勉強になったこと次に活かしたいと思います。


白峰三山

8/13-14
メンバー 松島

1日目 奈良田5:30⇒広河原⇒大樺沢二股⇒北岳肩ノ小屋⇒北岳⇒間ノ岳⇒農鳥小屋15:20
2日目 農鳥小屋6:10⇒農鳥岳⇒大門沢小屋⇒奈良田14:00

白峰三山の縦走をしてきました。
1日目は、良い天気。登りながらの北岳の姿、山頂・稜線から見える周りの良い景色が見られました。
2日目は、朝から雨。農鳥岳山頂を経て、のんびり下山してきました。
1DAY走者と、初日3・4組、2日目も雨の中1組と出会ったのは驚きでした。

北岳を眺めながら登れるのは、気持ちが良い。
mCIMG1557.jpg

北岳山頂より富士山
mCIMG1618.jpg

北岳山頂より間ノ岳方面の稜線
mCIMG1622.jpg

農鳥小屋テン場から農鳥方面
テン場から下に往復30分のところにある水場へ行くのが、きつかった~。
mCIMG1651.jpg

西農鳥岳と農鳥岳の間の登山道で、雷鳥の親子に出会いました。
mCIMG1674.jpg

下山中の発電所取水口付近の濡れたつり橋は、緊張!
mCIMG1719.jpg

三角山~赤柴沢~未丈ヶ岳

四十峠を越えて赤柴沢での修業

メンバー:加藤、越野(雪稜登高会)Tamamizu

日時10日夜~13日

天気は台風11号の通過後に前線がかかり2日間雨で最終日に回復した。

初日は三角山手前でガスと雨の中藪こぎに苦戦し、三角山の三角点~ルート
を間違えて峠ノ沢に下降した。間違えにきずき三角点に戻りぜんまい沢を下降
したのだが次々と滝が現れる。懸垂下降途中には手首の怪我を起こすが暗くな
る前に赤柴沢に着きテントが張れた。全身びしょ濡れなので暖をとり、敗退か継
続か会議を行い。二日目の朝の天気で決行を決めた。

1日目
前日の夜出た横浜の二人と当日の2時に小出の道の駅で会い一杯飲んで仮眠。

泣沢7時~三角山12時~間違え~三角山13時半~赤柴沢出合17時半着

沢赤柴 002
黒又川に新しい鉄橋です。
先月28日の偵察では橋の工事中でした。

沢赤柴 008
1192mのピークから三角山を目指す。

沢赤柴 013
雨の中下降

沢赤柴 014
ぜんまい沢の下降で懸垂をを5回くらいする。

沢赤柴 021
最後の下降で深い釜に降り泳ぐ
その後、赤柴沢にテントを張り明日~の作戦会議をする。

2日目
朝晴れていたのでダワの沢を目指すがすぐに雨が降る。ここから先は
赤柴沢のハイライト、ゴルジェ帯だ。次々と現れる難所を高巻きや荷揚
げで苦戦したがなんとかダワの沢に着けた。

ぜんまい沢8時半~ダワの沢16時半

沢赤柴 023
ゴルジェ帯

沢赤柴 025
標高728m左から沢の出合い

沢赤柴 033

沢赤柴 035

沢赤柴 040

沢赤柴 042

沢赤柴 044
夕方にダワに着き出合いにテントを張る。晴れて来たが
焚火が出来ないので小さい岩魚を釣り岩魚汁を作る。

3日目
ダワの出合いからは小滝が続くが簡単に高度を上げる。
1250m付近の二俣で迷い左に行ったが戻り右に進む。
1300m付近の二俣でまた迷い右に進む。1450mです
ぐ左上に未丈ヶ岳が見えるが猛烈な倒木なので1300m
まで戻るか検討したが、このまま倒木越えで山頂に進む。

ダワの沢7時~未丈ヶ岳12時~泣沢16時

沢赤柴 050
小滝が続く

沢赤柴 056
標高1000m付近の雪渓

沢赤柴 057
山頂で握手し越野さんが担ぎ上げたチュハイで乾杯

沢赤柴 059
丸山スキー場方面

沢赤柴 060
登山道からの三角山

無事に修業が終わりました。加藤さん
越野さん、ありがとうがざいました。

東北山行

日付 8/9-10
メンバー 三浦

台風が心配でしたが、
嫁さんに山行計画を託し行ってみました

8/9午前 岩木山 百沢コース
曇りでしたが、雨にも降られず、
とても涼しく登れました。

錫杖清水から山頂


山頂から北側
もう少しで北海道ですね。。



8/9午後 八甲田山 酸ヶ湯より
午後も天気がもちそうでしたので
行ってきました。
山頂では曇りのため午前にいってきた
岩木山等は見えませんでしたが、
眼下の湿原は綺麗に見えました

登山口と山頂


山頂。寒かったです


眼下景色



8/10午前 岩手山 馬返し

山頂付近ではひたすら雨、風でした。

岩手山五合目から
この時まではまだ下が見えてました


山頂。風がすごかったです
何も見えず


午後に八幡平にもドライブ行ってきましたが、嵐の為車から出れず。

次の日も早池峰山とかもいきたかったのですが、流石に諦めて早めに帰ってきました。

東北には初めていきましたが、
また天気の良い時に行きたいです

北岳

日付 8/2-3
メンバー 三浦 会外4名

会社の仲間と北岳に行ってきました。
テント初の方もいたのでピストンのみ。

草すべりからのコースでしたが、
花の咲く良い時期でしたので楽しめました。

雨にも降られましたが、
夕暮れ、ご来光はバッチリでした。

キタダケソウ?


テント場と虹


ご来光


北岳な影写ってます

茶臼岳

メンバー冨岡、会外1名

8月2日
天気は晴れ

茶臼岳は結構のぼりますが、
今までで一番暑かったです。
一緒に行った友達も山の良さを満喫してくれて、良かったと思います!


プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-