皇海山

5月24日 晴れ
メンバ : 鹿山、木村、イズミザワ
銅親水公園(5:30)~ウメコバ沢出合い~ニゴリ沢出合い~ヨモギ尾根~国境平~皇海山(11:10)~同ルート~銅親水公園(17:00)

松木沢からピストンで皇海山に登ってきました。このルートは沢づたいで行くので変化に富んで楽しく登ることができました。
ウメコバ沢の出合いは勝手知ったるルート。林道がさらに崩壊しているような気がしました。出合いより少しいったところで沢靴に履き替え。巨大な堰堤は左岸、右岸どちらからでも巻くことが可能。大きな釜をもった箇所は泳ぐ気がなかったので巻く。出会いより1時間ほどで右手より入るニゴリ沢に到着。看板が出ているので間違えることはない。10分ほど進むと、左岸にヨモギ尾根の看板が。オリエンテーリングで使用する看板が木につけてある。この尾根はあまり登られていないらしく、落石に注意しながら、急坂を登る。いままで平坦な河原を歩いてきたので、足にくる。一時間ほどで国境平。残雪ののこる皇海山が頭上に見える。平な台地で低草や砂地のある綺麗な場所でした。また上州武尊や日光白根、至仏など名山が一望できる場所でした。ここから頂上までは原生林のなかの急登。至るところの木にマークがしてあり興ざめするが、迷うことはない。最後のほうでは残雪があり、全員スニーカーなので、木につかまりながら登る。なんだか人の声がするなと思ったら頂上に出た。おそらく栗原川林道経由で来ているのだろうか、多くの登山者がいた。頂上は展望がなく、残念だった。帰路は同ルート下降。ニゴリ沢で釣りをしたり(ボーズだった)したこともあるが、結構疲れていたので、下山のほうのが時間がかかってしまった。かえり、NPO法人(森びとプロジェクト委員会http://www.moribito.info/)よったらペットボトルのお茶をいただいてしまい感謝でした。
皇海山に登るのならおすすめのルートです。

続きを読む

スポンサーサイト

女峰山

期日 :5月24日
山名 :女峰山~帝釈山
OB会月例山行
メンバー:櫻井(L)、荒巻、鎌須賀、滝沢、岡田、服部、荒巻(正)、櫻井(裕)、生田(記)
コース:志津林道7:00⇒馬立⇒唐沢小屋10:20⇒女峰山11:10~12:00⇒帝釈山⇒富士見峠経由⇒志津林道16:00

女峰14-5-24-1
馬立を過ぎて2時間ほど、急な雪渓を登ります。

女峰14-5-24-2
唐沢小屋上の針葉樹林帯です。

女峰14-5-24-3
山頂手前のガラ場を登ります、視界も開けて眺望もいいです。

女峰14-5-24-4
山頂です。

女峰14-5-24-5
女峰山頂からの眺望です、男体山、大真名子、小真名子山が眼下にあります。

女峰14-5-24-6
女峰山を背に帝釈山へ向かいます。

女峰14-5-24-7
富士見峠を経由して下山、今日のコース全体が見える位置です。

焼山スキー

日付:4月27日(日)~28日(月)
メンバー:原

3年我慢して行ってきました。
笹倉温泉を8:30発。林の中を歩いて11:30に北面台地に到着。ここでテントを設営し、焼山を目指しました。時間も限られていたので、15:30を引き返しのリミットとして出発。途中まではスキーで進めましたが、2000メートル付近からはスキー背負って登坂。腐れ雪でなかなか前に進まず、最後はスキーを捨てて登坂しました。
IMG_1485.jpg

天気に恵まれたおかげで日本海まで見渡せます。
台地の末端まで滑ります。といっても登坂で疲れ果てて、やっとの思いで下りました。
IMG_1488.jpg

下山できる時間でしたが、この地に泊まることを目的で来たので、残った時間をゆっくり過ごすことができました。
この日のテントは2張しかおらず、静かな夜を過ごすことができました。
IMG_1503_201405152243225b0.jpg

翌朝は5:00起床6:30には出発して、あっという間の下山でした。
笹倉温泉に入浴して帰るつもりでしたが、9:00オープンまで待てずに帰宅しました。

涸沢

5月9日(金)~11日(日)
木村(ソロ)

涸沢で景色見ながら癒されて来ました。

金曜午後から翌朝までの降雪で北穂は途中敗退。
奥穂は月曜日に急遽出張が入ってしまったので断念しました。

ヒュッテで生ビール
10246737_240560869471678_3519249950024878080_n_convert_20140514130134.jpg

奥穂のモルゲン
10259901_240561086138323_5450221193981797582_n_convert_20140514125724.jpg

前穂
971985_240561082804990_1065690065673323693_n_convert_20140514125646.jpg

北穂
10342445_240561122804986_6256302660836693675_n_convert_20140514125743.jpg

のんびりしたひと時を過ごすのも良いもんですね。





テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

袈裟丸山 弓ノ手沢

5月12日(月) 晴れのち曇りそして雨
メンバー 玉水 小林

新緑の美しいなか、濡れない沢登りをしつつ前袈裟丸へ
アカヤシオが、ちらほら咲いた弓ノ手コースを下りてきました。
きれいに整備された登山道は歩きやすく、楽しんでいるハイカーが
多くいました。(新緑の中のピンクの花は三つ葉ツツジです)
201405121937195a5.jpg
林道小中西山線の弓ノ手沢の橋に車を止めて橋~遡行を開始したが、雨が
心配で、エスケープの釣り遡行で標高1400m付近まで行き左の尾根を越え
て、下ノ滝沢に降りてこの沢を釣りながら下降に変えようとした

20140512193554fc6.jpg
釣り中に天気が良くなって来たので計画道り弓ノ手沢を遡行する
P5120051.jpg
標高1400m付近
ヤシオも空も綺麗なので前袈裟を目指して頑張る
P5120059.jpg
標高1700m付近
この先標高1800mで沢が終わり笹藪となる。藪越えを避けて右に巻
いて尾根らしき所(コメツガなどの樹林帯)を登り両毛国境に出れた
P5120061.jpg
前袈裟山頂
橋7時発で11時到着
P5120065.jpg
賽ノ河原付近
下山は弓ノ手コース(登山道)
アカヤシオは咲き始めでシカが遊びに来た
P5120069.jpg
林道小中西山線~
林道下山中に出合ったカモシカ
弓ノ手沢手前で雨が降ってきたが無事に車に着いた
20140512193553dc0.jpg
アカヤシオ前線 見頃は2、3日後?
赤に染まる袈裟丸を楽しんで下さいね

日光白根山

2014/5/11 晴れ
Tさん、Y.A
連休中は山頂を踏めず消化不良のTさんからお誘いが・・・
日帰りの手軽な残雪の山はどこに?
ということで日光白根山を菅沼から登る。
駐車場にはは8台の先客。これならトレース
をバッチリ戴き。
7時30分発、10時30分着。下って13時でした。
1日光白根
Tさん日光白根を征服。頂上周辺は雪がなかったです。
2日光白根
男体山方面
3日光白根
尾瀬方面。
燧ケ岳の右側には更に会津駒、飯豊まで見渡せました。
かえりは温泉に立ち寄り充実の一日でした。

至仏山(敗退)

5月5日(月) 霧と強風!
メンバー 吉田 田野 小林(記)

天気を心配しつつも、行ってみました。
景色が見えたのも最初だけ…小至仏手前辺りで引き返してきました
寒かった!
20140505154144af9.jpg
こんな天気でもスキーヤーやボーダー、ハイカーで、混んでいました。
やっぱり山はお天気がいいですね、
お疲れさまでした

至仏山~燧ヶ岳

日程 5/2-5/4
メンバー 三浦×2

のんびりテント泊で
尾瀬に行って来ました。

去年より雪溶けが早く快適でした

至仏山頂



尾瀬ヶ原広いです



2日目 燧ヶ岳山頂より



水芭蕉も顔だしてます



木道も所々出てましたが
時々雪を踏み抜いて落ちてしまいました

かなりおっかなかったです。。

大烏帽子山

大烏帽子山

2014年5月2日

玉水、進藤(記)


太田3時発で宝川温泉5時にスタート。
天気雨で登りは雨もしくは霧という天候。
布引山に9頃着。
玉水さんがルート確認するが、
目的の尾根が見通せず、ここで敗退決定。
帰りは雨ガ立岳経由で滑走&下山。
下山中、天候回復しました。

大烏帽子山

大烏帽子山

大烏帽子山


テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

北ア、霞沢岳

山名 :霞沢岳、八右衛門沢
期日 :5月3日
メンバー :櫻井進、生田(記)
OB会個人山行
コース :帝国ホテル前6:20⇒稜線(K2)10:20⇒霞沢岳10:50~11:20⇒上高地14:30

念願の霞沢岳八右衛門沢へ行って来ました、八右衛門沢は霞沢岳へのクラシカルルートです。

霞沢岳14-5-3-1
八右衛門沢全景です、デブリの跡が末端までありました。

霞沢岳14-5-3-2
八右衛門沢2300m付近から上部です、落石が凄い音で飛んできました。

霞沢岳14-5-3-3
振り返ると穂高連峰が見事です、まだ天気はいいです。

霞沢岳14-5-3-4
K1から発生する支尾根の岩壁です。

霞沢岳14-5-3-5
K2へ続く雪稜です。(櫻井さん撮影)

霞沢岳14-5-3-6
K2からK1を撮りました。

霞沢岳14-5-3-7
K2から霞沢岳山頂です。

霞沢岳14-5-3-8
山頂で雷鳥が出迎えてくれました、まだ冬毛で真白です。
山頂からは往路を雪崩と落石に注意しながら下り、上高地バス停まで歩きました。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-