白毛門

2014/3/29(sat)晴れ

■入江、中村有宏(会外)、新井祐介(会外)

7:00土合-11:00松ノ木沢の頭12:00-13:20土合

ゆうちゃん雪山デビューおめでとう!!


入江はファンクショナルトレーニングツールViPRを絶景の中堪能^^贅沢でした!!

ありがとうございました。また行きましょう
スポンサーサイト

南沢大滝

3月22日(土)
メンバー:児玉、松嶋、入江、木村(記)

美濃戸口(6:50)〜南沢大滝(9:00〜16:00)〜美濃戸口(18:00)

南沢大滝のアイスクライミングに行って来ました。
連休中日で激混みを覚悟しましたが現場に到着すると先着の2パーティーのみ。
天気にも恵まれ今季最後のアイスを楽しめました。

IMGP0106_convert_20140327231842.jpg

IMGP0113_convert_20140327231604.jpg

IMGP0104_convert_20140327231416.jpg

IMGP0107_convert_20140327231528.jpg

来季のアイスシーズンも宜しくお願いします。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

谷川岳

山名:谷川岳
期日:3月24日
メンバー:生田

 移動高の張り出しで快晴が約束されたので写真を撮りに天神平から登ってきました。雪の状態がよく夏時間より早く登れます。

谷川岳14-3-24-1
どうですか、この天気、雲ひとつありません。

谷川岳14-3-24-2
爼倉方面です。

谷川岳14-3-24-3
オキの耳から山頂です。

谷川岳14-3-24-4
東尾根と東南稜です。

谷川岳14-3-24-5
西黒尾根と朝日岳方面です。




家ノ串山

家ノ串山
3月23日 日曜 天気(回復が遅れて冬型のち曇り) 
メンバー:Tamamizu

片品村花咲の親戚に用事があったので家ノ串山を計画しました。
スキー場のリフト終点からのんびり前武尊を目指す。前武の山頂に
はボーダー&スキーの4パーティがいて、先に行くか検討中でした。
そんな事でここから私が先頭で家ノ串山を目指した。

家ノ串山 041
前武~剣ヶ峰に向かう

家ノ串山 042
家ノ串山です
ボーダーと川場側を巻く

家ノ串山 045
家ノ串山山頂
ボーダーは来ない?視界が悪いし風が強いのでシールで滑るか迷ったが
シールをはいで滑走する。雪崩を起さないように注意して前武に向かう

家ノ串山 063
前武からの剣ヶ峰と家ノ串山
視界がひらけてきました

家ノ串山 064
前武からの滑走
軽い雪から段々重くなり、最後は止まっては向きを変えての繰り返しで
無事に下山出来ました。

相沢奥壁 エイプリルフール

2014.03.19 相沢奥壁 エイプリルフール
メンバー:児玉、会員外1人

犬殺しに行くつもりでいたが、この気温上昇で氷柱は危ないので相沢に行ってみる。相沢の氷瀑は穴も幾つか空いているしアイスも良くなっそうなので隣のエイプリルフールへ行く。
DSCF3027-1.jpg

続きを読む

荒船山、昇天の氷柱

2014.03.18 昇天の氷柱(グレード5級上 ピッチグレードⅥ-)
メンバー:児玉、会員外1人

内山峠を通るたびに荒船山に掛かる昇天の氷柱を見て、いつか登って見たいと思っていた。シーズンも終わりで登れないと思っていたが、登る1週間前に登った人の写真を見てまだ登れると思い行くことにした。4ピッチのうち下3ピッチは通常より氷の出来が良いようだ。最終ピッチは笠の下は氷が殆どなく、雪解けのせいか水が雨のように降っていた。しかし、ハーケン/ボルトもありあまりランアウトせず登ることができた。

8:00内山峠-9:10取付き-11:35終了点-13:40駐車場

1800169.jpgDSCF3021-1.jpg

続きを読む

日白山

山名:日白山(新潟)
期日:3月16日
メンバー:櫻井(L)、飯塚、滝沢、岡田、生田(記)、以上OB会、玉水、鹿山、松嶋、小高、以上現役
コース :二居駐車場8:10発⇒稜線11:15⇒日白山11:55~12:30⇒二居駐車場14:40着

 現役とOBの合同山行で新潟の日白山に行って来ました、合同山行は初めてでしたが現役の力で計画通り昼には山頂に立てました。午後から雨の予報でしたので早めに下り駐車場少し前で雨となりました。
現役の方は物足りない山行のようですがOBの方は充実した山行のようでした。

日白山14-3-16-1
二居の林道除雪終点の駐車場で出発準備です。

日白山14-3-16-2
1200m付近で休憩です。

日白山14-3-16-3
稜線に出ました、気持ちの良い広い稜線です。

日白山14-3-16-4
前方の丸い山頂が日白山です。

日白山14-3-16-5
山頂からは360度見渡せます、谷川岳方面です。

日白山14-3-16-7
記念撮影です。

日白山-6
予報どうり霞が濃くなり雲が増えてきました、降られる前に下山です。

中倉山

山名:足尾、中倉山
期日:3月12日
メンバー:生田
OB会:個人山行
コースタイム:銅親水公園8:00⇒中倉山11:50~12:10⇒親水公園14:30

 足尾の松木川と仁田元川を分ける尾根上にあるのが中倉山です。仁田元側から支尾根に取り付き1300m付近からワカンで1人ラッセル、4時間弱で山頂でした。

中倉山14-3-12-1
仁田元川右岸の山(右が通称塔の峰)

中倉山14-3-12-7
中倉尾根の通称石塔尾根の由来となった岩塔です。

中倉山14-3-12-5
1400m付近から備前盾山です。

中倉山14-3-12-3
中倉山頂と大平山、右奥は男体山です。

中倉山14-3-12-2
右から沢入山、オロ山、庚申山、中央奥に小さく皇海山が見えます。

赤岳主稜

3月8日(土)

メンバー:鹿山、松嶋、入江、MOMIさん(沼田山岳会)、木村(記)

赤岳山荘(6:35)〜行者小屋(8:45)〜主稜取付き(10:45)〜赤岳山頂(16:00)〜行者小屋(17:35 地蔵尾根経由)〜赤岳山荘(18:50)

八ヶ岳山荘の仮眠室を利用し赤岳主稜に行って来ました。
翌朝4時起床の予定でしたが暖房の効いた快適過ぎる環境が災いし(?)気が付いたのが5時。
初っ端から躓きました。
私に至っては枕元に置いた筈のヘッデンが行方不明・・・先が思いやられます。

駐車場にてチェーンを装着した松嶋氏のフォレスターは快調に林道を走り赤岳山荘に到着。
既に数台の車があり殆どが4駆+チェーンですが数台はスタッドレスのみ強者も。。

6時半過ぎに出発し南沢にて行者小屋。
赤岳山頂はガスで覆われています。
ここで装備を整え文三郎尾根にてトラバース道入り口を目指しました。

IMGP0048_convert_20140309153912.jpg

主稜取付きまでのトラバースにはトレースが無く我々がトップの様です。

IMGP0051_convert_20140309154416.jpg

取付きにて準備中に2名のパーティーが到着したので先に行ってもらい、いよいよ登攀開始です。

IMGP0055_convert_20140309153000.jpg

IMGP0076_convert_20140309161144.jpg

IMGP0081_convert_20140309161015.jpg

IMGP0064_convert_20140309153358.jpg

IMGP0071_convert_20140309153209.jpg

IMGP0091_convert_20140309153445.jpg

時間の経過と共に天候も回復し山頂では素晴らしい景色が出迎えてくれました。
その後、地蔵尾根にて下山。

今回、初心者の私を連れて行ってくださった鹿山さんを始めとするメンバーの皆さん、そしてMOMIさん。
ありがとうございました。
ご迷惑をお掛けしたとは思いますが、また機会がありましたら宜しくお願い致します。

なお、行方不明だったヘッデンは八ヶ岳山荘売店に届いていました。
松嶋氏の衣類と共に(笑)

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

熊野岳(蔵王)

2014/3/2(日)
メンバー:三浦、三浦嫁
坊平 8:30 → 刈田レストハウス 9:20
→熊野岳山頂 11:25 → 坊平 13:50

週末は天気が悪いとのことで、
景色は見えなくても樹氷は見える!
と思い立ち、以前から行きたかった蔵王にいってみました。

気温は山麓で-3℃程度。
リフトを使って上部まで移動。
ツアー組が二組いました。

視界はやはり真っ白で風景は全く期待できません。

でしたが直ぐに樹氷地帯がはじまりました。


しばらくすると有名なエビのしっぽも見受けられました





途中視界もかなり悪くなりましたが、
ポールが山頂まで設置されていましたので順調に到着です。



神社が埋まっているらしきところ



帰りは視界も晴れてきて
安心して下ることができました。

時間もあったので樹氷を堪能



ただ帰りはリフトが使えなかったので
ゲレンデを歩いて帰る羽目になりました。。


次は山スキーでも行ってみたいです
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-