空木岳

4月27日~28日

メンバ:児玉、原、遠藤、金澤

 今年は明神岳東稜~主脈と西穂高沢から西穂岳へ登ろうと計画をしていたが、前日からの降雪により涸沢穂高周辺は入山規制がかかる。涸沢ヒュッテ周辺で80cm降ったようだ。貴重な3連休、行くだけ行ってみようという選択肢はなく、上高地滞在15分にてタクシーで沢渡へトンボ帰りした。その後松本で作戦会議。その結果中央アルプスの空木岳に決定した。全員初めての中央アルプスであり、この山の漢字を読めない人もいた。会長へ連絡し許可を得る。

1日目
 事前の準備では食料等は軽量化していたが、今日は無人小屋で宴会となるのでアルコール等を買い込んで登山口に昼頃到着。1時間半程度で池山の小屋に到着する。2時頃から飲み始め7時頃に就寝。
2日目
 池山の小屋6:10~空木岳山頂9:40~池山の小屋~登山口駐車場13:15
 天気は晴れ!小屋を4人で出発するが1時間ほどすると高度障害(アルコール性)にかかった1名が途中リタイヤする。このリタイヤした人ともう1人はウイスキーを合わせて1リットル持ってきていたが、寝るときには全て飲み干していた。山頂までのコースタイムは5時間であったが3時間半で着くことができた。途中痩せ尾根と急な雪壁があり帰りはそこはクライムダウンでちょっと緊張する。

P4281042_R.jpg
遠くに山頂。

P4281044_R.jpg
もう目の前に山頂、ただしここからが足が進まず苦しい!

P4281046_R.jpg
山頂手前の急斜面をやっとのことで登りきり山頂に着く。

P4281051_R.jpg
遠くに南アルプス。

P4281053_R.jpg
穏やかなピーカンに見えるけど、猛烈な風でしばしば耐風姿勢を取らなければいけない状態だった。

機会があれば無雪期も来てみたいと思う。
スポンサーサイト

至仏山

4月30日(霧雨~曇り)

メンバー:Tamamizu

飯豊の山スキーを計画していたが、天気が悪そうなので至仏山に変更
しました。(悪天だと予備日が取れなかったので)

黒保根から雨が雨が降ってきたのだが戸倉では霧雨になり安心した。
小至仏や至仏は、雲の中だったが重い雪と楽しく遊んで来ました。

至仏山 005
至仏山 006

小至仏山
雲の中です。写真には人はいないがボダー&スキーヤーが多い。
至仏山 012

至仏山山頂
ここから、ムジナ沢を滑走
至仏山 014

滑走終了地点
この先がムジナ沢だが雪が浅くて、植物を荒らす可能性があり止める
本当は、スキー藪こぎ大好きだが、尾瀬では自然保護ですね
ここからシール登高で至仏に戻り復路をのんびり滑る

至仏山 018

悪沢岳~撮った笠ヶ岳だったがガスのなかです。
笠ヶ岳の東斜面が良い滑走に見えたので休憩後
に撮ったらガスでした。

ムジナ沢上部だけクラストして、後は全部重い
雪だったが楽しく遊んで下山出来ました。

5月2日に八海山行きます。
 参加者募集中です。装備はピッケル、アイゼ
 ンでスキーセットは無くても良いです。




槍ヶ岳

4月27・28日
メンバー:玉水、三田、(会外 加藤さん)、松島

当初は白出沢 経由 奥穂高岳へ登る計画でしたが、
雪の影響で、飛騨沢 経由 槍ヶ岳へ変更。(会へは、往路の車中で連絡)
槍の頂上まではとどきませんでしたが、2日目はきれいに雪化粧した
北アルプスの景色を眺めることが出来ました。
27日 10:00 新穂高駐車場 発 → 11:50 穂高平小屋 → 13:20 奥穂高岳 →
    16:40 滝谷非難小屋
28日 6:30 滝谷非難小屋 発 → 10:00 千丈沢乗越分岐 手前(2350m)→
   11:20 槍平小屋 → 12:30 滝谷非難小屋 → 14:50 白出沢出会 → 16:10 新穂高駐車場

DSCN1123.jpg
新穂高駐車場に着くと周りは真っ白な雪景色。しばらくは雪が止みそうにない。
スポーツシューズで奥穂高登山口まで行くつもりが、はじめから登山靴。

DSCN1129.jpg
奥穂高登山口。当初は、ここから穂高方面に行く予定でしたが・・・。
この日の奥穂方面へ踏み跡は、ありませんでした。
白出沢を越えると登山道となり所々踏み後が消えている。木に目印のテープがついていますが、
注意しないと見落としてしまうところも。

DSCN1144.jpg
滝谷非難小屋は先着者がおり、手前の林間にテントを張る。
鍋物とうどんをたらふく食べ就寝。

DSCN1163.jpg
DSCN1178.jpg
2日目は、朝から晴天。沢沿いはほぼ無風だが、稜線は強風で雪煙が上がっている。
滝谷非難小屋を過ぎ10分も行かないうちに、踏み後を消し沢の中まで達するデブリが現れる。
数人の先行者の踏み後をたどって進む。
進行方向右側の南岳・中岳方面は、デブリの起こっていない雪面が続いている。
注視しながら槍ヶ岳へ向う。
槍平小屋から飛騨沢を見ると先行者が2組。
中崎尾根上にも2組ほどのパーティが見える。
飛騨沢側のの先行者1組を抜くと、その先の先行者は
スノーシューをはいているようで、つぼ足のわれわれは
フルラッセルに近くなる。
千丈沢乗越分岐手前(2350m)でタイムアップ、下山することに。

DSCN1179.jpg
下山中前方を見ると青空と穂高連峰がきれいに見えました。
下山時の南岳・中岳方面の雪面は、部分的にデブリが出始めていた。
今回の山行は、雪山のよい勉強になりました。

西上州・碧岩

期日 :4月26日(金)
山名 :西上州、碧岩・大岩
OB会月例山行
メンバー :櫻井(L)、荒巻(2人)、滝沢、鎌須賀、井上、生田(記)
コース:三段の滝駐車場8:30発⇒作業小屋跡8:50⇒大岩10:00⇒碧岩11:10~50⇒駐車場14:00

 西上州の大岩と碧岩に行って来ました、アカヤシオを期待したのですが今年は外れ年のようでした。
予報では大気が不安定なので雨を覚悟してましたが終日好天でした。

碧岩01
三段の滝は左岸の巻き道を登ります、新緑と滝がきれいです。

碧岩04
碧岩を背に大岩の岩稜を登ります。

碧岩03
碧岩山頂です、眺望もよくのんびり昼食を済ませ下山しました。

雪上技術講習

4/20(sat)谷川岳マチガ沢
■メンバー
・鹿山、金澤、今関、冨岡、小林、入江(記)namiheyパイセン、ゆかりさん、いりえのおじさん

雪上技術講習@谷川岳マチガ沢

其の一、歩行。ツボ足ANDアイゼン、ハの字、キックステップ、トラバース
其の二、滑落停止。
其の三、雪洞、かまくら、スノーブロック。
其の四、スタンディングアックスビレイ。
其の五、怪我人搬送。

310780_399319630175552_929894838_n.jpg
534020_399319863508862_1420825416_n.jpg

529201_399313720176143_1371260961_n.jpg
399828_399314030176112_578866728_n.jpg



547096_399314356842746_1942739993_n.jpg
65649_399320123508836_923188031_n.jpg
625420_399314880176027_1030547382_n.jpg
Garda Hitch
310961_399314956842686_807823691_n.jpg
558128_399320103508838_742782110_n.jpg
311093_399315180175997_1440615850_n_20130420224256.jpg



525372_399320230175492_267887518_n.jpg
下山後は湯テルメであたたまり、中華たむらでおなかを満たす。


スノウ棒の検証




407110_399320253508823_1258090786_n_20130420225954.jpg
記念撮影@山とスキーの店ドリームbox石井

これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。ありがとうございました。
技術の伝承、シェアこそ山岳会。素晴らしいことだと思いました。

林道にふきのとうが沢山ありました。春です。結構ですなぁ~

from冨岡
本日は、黒岩をさいての、
雪上訓練を行って頂きありがとうございます(^^)
大変勉強になりました( ^ω^ )
今後も、未熟者ですが、よろしくご指導をお願いします(^ ^)
精進致します。

from小林
初めて雪山を歩きました。アイゼンは重くて少し大変でしたが、
雪山はたくさん魅力があって、もっともっと知りたくなりました!
体力と技術をつけて、雪山に挑戦していきたいです。
装備をたくさん貸してくださった玉水さん、いろいろ教えてくださったみなさん 
本当にありがとうございましたm(_ _)m

from金澤
ここ何年も人が集まらず企画が流れてしまっていたセックンですが、
楽しく参加することができました。支点の構築については頭でしか
考えていなかったことが試すことができてとても良かったです!
毎年やらないとね(^^)

from入江輝夫(67)
マチガ沢に入っての雪訓、4月下旬なのに新雪が10センチくらいのって条件は最高。
雪洞掘りなど、グリセード内容豊富なメニューありがとうございました。

Mot de M. Kayama.
Bonjour 面白かったです。またやりましょう。ありがとうございました。
登山は安全第一、技術を高めて、みんなで楽しく山に行きましょう。

from今関
とても有意義な講習でした。
こういった講習をこれからも継続的に行い技術の伝承をしていければ、
会の存続及び活性化につかながると思いますので、みんなで考え、
企画して参加してガンガン盛り上げていきましょう!

from namihey パイセン
今回参加させていただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。
また機会があれば是非参加したいです。

総会

4/14(sun)PM16:00~18:00総会@例会所

現役会員24名にて総会が行われました。

後18名で打ち上げ。PM18:30~21:00@昇龍太田北口店

後13名で打ち上げ二次会。21:00~24:30@焚火ラウンジ宮

新リーダー原さんより「今年度も安全登山」ありがたいお言葉頂きました。

4/13(sat)黒岩
■メンバー
・エリイ、入江(記)
イプシロン下部。全く歯が立たず・・・・

下手糞の上達へのみちのりは己が下手さを知りて一歩目。

BHuHN_ACIAA_oRh.jpg
天気がよく帰り道中の榛名に沈む赤く染まった夕日。精進あるのみ。
前橋&沼田の方々またよろしくおねがいしま~す^^阿久津さんまた一緒に温泉いきましょ~^^

天神尾根

4月14日 晴れ

メンバー:カメラマン、Tamamizu

コース:天神平7時30分~肩の小屋10時30分~天神平12時30分~
    田尻沢13時~西黒沢~土合13時30分
    
本日は、太田山岳会の総会が16時~開催するので総会に間に合う
手頃な場所として天神尾根を計画しました。

谷川岳 004

天神尾根~山頂
谷川岳 006

肩の小屋~滑走
谷川岳 017

多くの登山者
谷川岳 018

田尻沢上部
谷川岳 022

西黒沢出合い
デブリが無く沢が空いている。
谷川岳 025

無事に土合に到着しました。

笠ヶ岳(錫ヶ岳の西)

期日:4月5日
山名:笠ヶ岳(敗退)
メンバー:生田、非会員
OB会個人山行

コース:香沢林道入口5:50⇒深山橋8:20⇒林道離脱9:30⇒2120m退却点12時⇒深山橋14:30⇒林道入口17時

錫ヶ岳の西にある笠ヶ岳をめざして長い林道歩きをスタート、1200mあたりから林道の雪も多くなり計画よりオーバーして尾根に取り付く、尾根も藪がうるさくまた雪も深いのでワカン着用で登るがときどき踏みぬく、翌檜かシラビソの低木が雪に埋もれ空洞となっているようです。2050m付近で突然視界が開け初めて山頂が見える、
ワイヤーの巻きついた枯れた大木の上2120m辺りで本日の到達点とした。
下りは尾根南側下方に林道(地形図にもない)の痕跡が見える、藪に閉口しているのでこれを目指して下る、藪はほとんどなく林道に降り立つ。次回はこのルートで山頂を目指したい。

笠13-4-5-1
2050m付近からの日光白根山

笠13-4-5-2
2050m付近から山頂と退却点2120m辺りを望む

笠13-4-5-4
四郎岳と燧岳

仙人ヶ岳トレイルラン

期日:3月31日
山名:仙人ヶ岳
メンバー:生田

第6回仙人ヶ岳トレイルランレースに出場しました、参加者240名/152位、3時間53分で昨年よりタイム、順位共に
落ちました。時折小雨の降る寒い日で岩場も濡れて条件的にタイムが落ちたのかも知れません。
リタイヤ、痙攣者が続出でした。

レース条件は、米を5Kg背負って猪子トンネル東側~石尊山登山口~石尊山~深高山~猪子峠~犬帰り~仙人ヶ岳~生不動~岩切の17.3Km、累積標高差911m、打ち切り時間6時間です。


13-3-31-1.jpg
スタート地点猪子トンネル東側駐車場の風景です。

13-3-31-2.jpg
岩切のゴール前です。(友人が撮影)

黒岩

4月6日

メンバー:鹿山、児玉、小林、松島

低気圧が来る前に一登りしようと、黒岩へ行ってきました。
到着時の黒岩は、霧で周囲はまっしろでしたが、
風が強くなるまでの半日、各人 今シーズン初黒岩でからだ慣らし。
新会員の小林さんは、初参加・初クライミング!!
まずは、練習岩で講習。 その後、果敢にオケラを上まで登っていました。



『新会員の小林です。初めて岩に登りました。最初は、自分には無理…と思っていましたが、
登り方を丁寧に教えてもらい、登ってみたらとても面白かったです。
また、登りたいと思います。これからも、よろしくお願いします。』

DSCN1102.jpg
DSCN1105.jpg

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-