吾妻渓谷不動滝・西上州立岩3ルンゼ

期日:2013.2.24~25
メンバー:金澤・漆原

当初は阿弥陀岳北西稜の登攀予定だった。強い寒波が入るとの予報が出ていたため高地での登攀は取り止め、低山でのアイスクライミングに変更。
24日:吾妻渓谷不動滝
金澤さんのオールリード。
自分には高さ、傾斜ともにフォローでも十分にやりごたえのある滝に感じた。
24f1.jpg


24.jpg
不動滝 F2 

24f2.jpg
日曜ということもあり狭い滝に4パーティ11人。
各パーティともにマナーよく譲り合いながらのクライミングとなる。


25日:西上州 立岩3ルンゼ

前日は下仁田道の駅にて幕営
酒もすすみ、朝はなかなか起きらない。起きてからもすぐには動けず時間を浪費。
しかも、初めて入るルート。道を探りながら歩き出すも何度かルートをはずす。挙句に金澤さんを見失いプチ遭難。そのプチ遭難中にイノシシに遭遇。
1時間半位のアプローチが凄く長く感じた。
tateiwa.jpg

立岩f1
F1到着後、散々足を引っ張られ一刻も早くスタートを切りたそうな金澤さん。
早々に水の滴るF1にこの日もオールリードで取り付く。


立岩f2
結局この日の核心となるF2。
上部は氷がなくドライツーリングを強いられる。カムで支点を取ったり試行錯誤し直登を狙うもなかなか突破できず。仮にリードが突破しても2ndの自分が上がれるか…。

やはり、探りながら右に巻くことに。これも結構きわどく雪をどけながら慎重に進む。ロープの流れも悪くランナウトしていく。
このF2の登りに加えこの日の気温の低さでビレイ中も手足顔が痺れてくる。
寒さと、モチベーションの限界を迎えF3は偵察のみ。
早々と下山する。
帰りの車中、途中でやめて帰ってきたことに若干納得のできない金澤さんのお説教?を聴きながらも阿弥陀岳北西稜を変更したこと、3ルンゼも自分の力量以上に無理しなかったこと良い判断だったと自分なりには納得の2日間だった。

貴重な休日を使ってのお付き合いありがとうございました。またよろしくお願いします。
スポンサーサイト

布引尾根

2月26日(火曜日)雪~晴れ

メンバー:鎌倉の加藤さん、Tamamizu

宝川温泉~布引尾根の標高1620m付近まで
行ってきました。
宝川温泉7時30分発~1620を14時下山
~宝川温泉17時着
布引尾根 017

茶色いうさぎです
近づいたらピョンピョン逃げて白く無い茶色うさぎでした。

布引尾根 027

標高1450m~撮った布引尾根上部です。

布引尾根 029
布引尾根 031

下山する標高1620m付近~撮影
上は大烏帽子と小烏帽子山
下は雨ヶ立山で奥が平ヶ岳かな

布引尾根 043

17時に下山出来たが雪崩で車が出れない。
デブリに向かって強硬突破したら車が壊れた
無理しないでデブリを除雪しましょうね

足利アルプス(深高山)

メンバー 入江、薗田

今日は近場でどんな登れる岩場があるかを開拓する日にしました。

まず、同行する入江さん家にいったらマイボルダリング壁を作ったらしく、登らせてもらいました。



行き先は市役所でもらった足利ハイキングマップで、岩場マークのある所

噂では神社があり、その横からのケモノ道から続くルートで岩場に着く。かなり昔そこではロッククライミングが行なわれていたらしいという不確かな情報。


スタートからして本当に足利かな?という景色。


いつ降った雪が残っているの?
車を置き、岩場に通じるケモノ道や噂の神社を探しました。
神社はないけど、ここらかなっていう当たりをつけて、薮の中に入って行きました。
ずっと檜葉や木々の中を苦戦しながら進んでも、道はありません…
服の中から背中に檜葉が入り、枝が顔を引っ掻き、目指す岩場はおろかケモノ道さえありません。あるのはイノシシのねぐらとフンだけ…

道がない薮を1時間進むと不安です。

ケータイ圏外、まさか足利で…遭難…?

と嫌な汗が出てきた時、


道があったぞー!


発見した登山道を行く熟年ハイカーが全員びっくり声がでたほどの大声がでていました。

よかった…

そのまますぐ深高山の頂上に到着!

結局、道なき道で山頂に着いたんですよね…


岩場はみえているんですが、どこから入っていいのかは謎のまま…

このまま今日は岩場を探すことは打ち切り…登山道を通って帰りました。

ハイカーのおじいさんが「この足利アルプスに30年登ってる」と言っていたので、自分達もそう呼ぶ事にしました。

そして、2人は親交を深めるため、カラオケに^_^

また登りましょう。

平標山

H25.2.22
メンバ:原

9:50に三国小学校出発。自動車は1台もなく、最初から最後までトレースなし。そんなもので、登山道からヤカイ沢に入るところを過ぎてしまい、思わぬルートミス!
ヤカイ沢右側の尾根から稜線を目指しますが、尾根後半となると新雪にアイスと樹木による凹凸斜面でかなり泣きが入りました。それでも、山頂に着いたのが14:20位。景色を堪能して下山。雪崩が怖いのでヤカイ沢の左側の稜線側を滑り降り、春雪と違って板が滑ってくれるので下山はあっという間でした。

山頂から西ゼン方向。
P2220011.jpg

標識も巨大なエビのしっぽになっていました。
P2220013.jpg

海金剛:スーパーレイン

2月10・11日 メンバー:原口・遠藤

 皆さんが寒さに震えながら氷瀑を登っている頃、暖かーい西伊豆でマルチを楽しめました。

前夜PM7:30に事務所を出発。現地の道の駅にはAM12:30到着。翌日、7時に出発。ここまでは良かったのですが、アプローチを間違えたらしく、海岸に出ても岩場が見当たらなーい結局、2時間程度のロスとなってしまい、5.10aの核心を抜けた残り2ピッチで下降しました。しかし、サイコーの眺望と5.10aクラックマルチの体験は忘れることができない貴重な体験となりました。

P2090990_convert_20130217203844.jpg




kako-XQhJoXogaP2RfxTK.jpg

kako-dZGG8gkzqnoO4hWk.jpg

kako-l6s9aej2M3t2IcIK.jpg

2日目は梅の花咲く幕岩でフリーをして、12時ごろ出発。太田着は7:30でした。

吾妻不動

2/17(日)晴れ
■メンバー
・松島、今関、会外3名、新井(記)

ダムに沈む吾妻不動へ行ってきました。
現地にいくと2パーティが先行しており、別の場所に変えようかという話があがりましたが、とりあえず見に行こうという事で、支度をし滝壺へ向かいました。

先行しているパーティは2組とも上へ抜ける様子で、2組目のフォロワーが登っているところでした。
自分たちは、初心者も交えてのクライミングのためF1でトップロープを張り登る事にして準備をしていると、
上から「あっ」という声が聞こえたと同時に真横にボスッという音がしたので、そちらを見てみると二つに割れた氷が松島さんと自分の足元に転がってきまし。
一瞬、今話題の隕石でも降ってきたのかと思ったのですが、上の人が頭2個分程の氷塊を落としてきたようでした。
ラクなどの声は聞こえず、また何も言わずに登って行ってしまいました。(言ってたのかもしれないですが、聞こえなければ言ってないのと同じです)
何mかずれていたら、即死していたかと思うと寒気が走ります。
下にパーティが居る事を考えれば、何か落とした際は声かけ等は最低限のマナーでは無いかと。
今回は幸い誰にも当たらず大事には至らなかったですが、アレではいつ事故を起こすかわかりません。
この記事を見てるとは思いませんが、もし目に止まる様であれば、今後気をつけて頂きたいですね。
また、自分自身も一層の危機管理を持って取り組んでいきたいと思わせるいい経験となりました。

その後は、松島さんにトップロープを張っていただき、全員一本ずつ登り日が暮れる直前で撤収となりました。

左側と上部が結構緩かったです。
IMG_1107_convert_20130220183657.jpg

IMG_1134_convert_20130220183347.jpg

平爪で登ってみました。
IMG_1153_convert_20130220183220.jpg


朝の事以外は、何事も無く全員楽しめたようで最高なクライミングになりました。

竜ヶ岳

2/16(土)晴れ
■メンバー
・なかむら(会外)、Nami Heyパイセン(会外)、入江(記)

本栖湖10:20-12:50summit15:00-本栖湖16:30
竜ヶ岳1458mに登ってきました。雪はしまっていて歩きやすいです。
富士山の美しさに心うたれました。
382197_371605489613633_1361274383_n.jpg
@竜ヶ岳山頂
BDNBjUHCQAAtZQK.jpg
もうひとつの趣味はバスケ。御鉢をリングに見立てて一枚。@竜ヶ岳山頂
24313_371636902943825_1844221178_n.jpg
485234_415349471887376_1977366585_n.jpg
@精進湖、逆さ富士
写真 (1)
@本栖湖、山際に日が落ちます
19585_371677699606412_1391721342_n.jpg
温泉後は名物ほうとうを食べ帰路へ


ありがとうございました^^

西穂高岳

2013.2.13~14
メンバー:漆原

13日:新穂高ロープウェイ(14:00)~西穂山荘(15:15)山荘泊
14日:山荘(6:15)~独標(7:15-20)~西穂山頂(9:00-10)
   ~独標(10:10)~山荘(11:00-15)~ロープウェイ(12:00)

初日は強風のため第2ロープウェイが午前中は運休。
午後ゆっくりとしたスタート。
山荘まではトレースも消え、ひざ下程度のラッセル。
赤テープが導いてくれるので道は分かりやすい。


P2130095_convert_20130215211827.jpg
山荘に着くとガスも晴れ青空も見えた。


2日目、日の出は6:40。天気は曇り。山荘付近は-10度。
風は相変わらず強いものの視界は良好。雪質も良くアイゼンも良く効いた。
P2140103_convert_20130215211931.jpg
独標。先行パーティがザイルを出し懸垂。自分もザイルを出すが普通に下降できそう。以降ザイルの出番なし。ただの重りとなる。

P2140104_convert_20130215212609.jpg
左がピラミッドピーク、その奥が西穂。

P2140109_convert_20130215212748.jpg
山頂にて、山頂でご一緒した方々と。後から来た方が同一パーティと勘違しわざわざ撮ってくれました。皆それぞれ別々に上がってきたがちょっとうれしい記念撮影。皆さんお疲れ様でした。

下山は所々クライムダウンし慎重に山荘へ戻る。


足尾 黒沢アイス

2月15日

メンバ:薗田、金澤

黒沢へアイスクライミングに行ってきました。
新人の薗田君はアイスクライミングは2回目!F4まで登れるか不安はありましたが問題なく登っていました。

まずはF1はトップロープで先週の感覚を取り戻してもらい、その後は薗田君の体力温存ということでセカンドでどんどん登ってもらいました。9時半頃には湿った雪が降りだしましたが寒くはなく風も来ないのでわりと快適に行きました。
F3からF4まではラッセルがひどく吹き溜まりにハマると腰までイッテしまうのでちょっと辛い感じです。
F4は降ったばかりの雪が上部からスノーシャワーとなる中でのクライミングだったので、湿り雪ということもありビショビショになりました。

P2150965_R.jpg
F2フォローの薗田くん。

P2150979_R.jpg
F3懸垂下降中。結構降ったので雪で氷が隠れてしまっていました!

それから山の神様へアイススクリューを1本奉納してきましたので見つけても誰も拾わないでください(T_T)

鍬柄岳~大桁山

期日 :2/10
山名 :西上州、鍬柄岳・大桁山
メンバ :小此木、飯塚、荒巻、滝沢、岡田、井上、櫻井、生田(記)
OB会月例山行
コース:鍬柄岳登山口駐車場8:30発⇒鍬柄岳9:40⇒大桁山11:30~12:00⇒川後石峠12:30⇒駐車場13:20

 西上州の鍬柄岳と大桁山に『陽だまり山行』で行って来ました。

鍬柄岳01
駐車場からこれから登る鍬柄岳です。

鍬柄岳04
山頂手前の長いクサリ場です。

鍬柄岳08
鍬柄岳山頂です、無風快晴で四ッ又山、鹿岳、岩船山も良く見えます。

大桁山13
大桁山です、昼食を取り下山しました。

大桁山22
帰路、近くの虻田福寿草園に寄りましたが開園前で花も少なかったです、開園後は協力金300円です。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-