FC2ブログ

武甲山

2/9(土)
晴れ
■メンバー
・なかむら(会外)、入江(記)

生川登山口10:20-12:15summit13:15-生川登山口14:05

 武甲山1304m登ってきました。100年後になくなると言われている山。今日も爆音が轟き、山が破壊されてました。去年より雪が少なくてちょっぴり残念。秩父の街並み一望。高いとこからの景色好きです。

382238_260621057403624_1625120707_n.jpg
秩父の街並みと遠くに浅間、榛名、赤城、日光白根、男体山、筑波山。
11413_368057819968400_1610770915_n.jpg
武甲山全容と秩父公園橋。
65280_367895379984644_1740468374_n.jpg
大ヒットアニメ。あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の聖地巡礼。秩父神社。

足尾 大岩沢

2月11日 メンバ:原、和泉澤

足尾の大岩沢に行ってきました。両名ともはじめてで入渓点が分からず、行ったり来たりして30分ほどロス。
太田を六時に出たのに、結局スタートは9:00でした。

南橋集会所の横を抜けて、廃線となった線路を越える。大岩沢の下部は堰堤がこれでもかというぐらいにあり、それを全て越えていく。雪が着いててちょっと怖い場面も。

fc2 1
30分ほどでF1に着き、準備。ここは自分がリード。始めのほんの数メートルが80度ぐらいで、あとは緩い。氷は堅く締まっていた。

FC2 2
F1を越えるとすぐに現れるF2.下部7メートルほどが80度ぐらいであとは段々と緩くなっていくが、高さがある。何故か平爪を持ってきた原クンがリード。

FC2 3
次のF3もほどほどに緩いが、長いためザイルを50メートルぐらい使った。

クライミングの対象はF3のみで、あとは沢を詰めていく。1対1にみえた二股があり、左のほうのが非常に緩いが氷が張っていたので、こちらに。氷が終わったところから尾根沿いに進む。稜線に出るにあたり、岩場があり、アックスと木登りを巧みに使い越える。終わってみてここが一番難しかったかな。

FC2 4
稜線にでて暫く岩稜帯を行く。眼下に足尾の町並みがすぐそこに見えた。

FC2 5
備前楯山に向かう稜線の途中で、昔から気になっていた足尾の街の上にあるダムが見えた。情報どおり赤い水であった。おそらく銅による有害物質であろう。

備前楯山までは人の足跡はなかったが、鹿の踏み後がずっとあり、つぼ足が大分楽できた。頂上につき、そこからは登山道を下り、舟山駐車場へ。そこから車道を延々あるき、車に15:00すこし前に着きました。総合的に遊べて充実した一日でした。

南牧村 三段の滝

メンバー:玉水・三田・カメラマン・薗田

2月9日、南牧村・三段の滝に行きました。三段の滝1
新人の薗田にとって、雪山・アイゼン・アイススクリューそしてアイスクライミング、すべてが初めてでした。
三段の滝2
風もなく、他に登る組もいなかったので、みっちり玉水さんから指導を受けました。
三段の滝3
昼飯のラーメン、すごくおいしかった。 お腹一杯になりました。
三段の滝4
撤収要領も教わり、充実した一日になりました。
帰りにはまた、行きたくなりました。みなさん、よろしくお願いします!

相沢の氷柱

2月7日
メンバ:漆原、金澤

相沢の氷柱に行ってきました。
初めて行ったということとトポも持っていなかったのでおおよその見当をつけて行ったら、多少迷いましたが何とか着くことができました。昨日多少なりの降雪があったため氷柱までは全て雪で覆われていたのも道迷いの原因でした。

回り込んでトップロープも張れず、1本目からこんな立っていて50mも登れるんだろうかと不安はありましたが、アックステンションも交え何とか登りました。

その後はトップロープで何回か登り、16:00過ぎに終了としました。

この滝は今回は平日だから良かったものの、休日の日に他のパーティがいたら待ち時間で大変なことになるなと思います。
P2070962_R.jpg

白毛門

2月4日

メンバー:鹿山、進藤、松島

真冬の白毛門に行って来ました。
前日は、春の陽気だったようですが、当日は打って変わり雪の降りしきる中のスタート。
前の晩から降ったのか?硬くしまった雪の上にやわらかな雪が10~20cm。やはりきつかったです。

7:40 土合駅 → 11:50 山頂 →14:30 土合駅

はじめは先行者(2組4名)がつけたトレースをたどり登って行く。
しばらくし2組の先行者に追いつくと、1組は沼田山岳会の方でした。(トレースありがとうございました。)
そこからは、先頭を行く。途中でワカンを履いたところでもう一組と先頭交代。

IMG_0136.jpg


林がなくなった辺りで前方から下山者が・・・?前日に登り雪洞を掘って一泊されたそうです。
しばらくすると雪面に雪洞がありました。そこで先頭交代。
松木の頭付近でワカンをアイゼンに履き換えました。

IMG_0148.jpg

辺りは真っ白でしたが頂上で一休み。

IMG_0151.jpg


もう一組が先に下山を開始し、その後を追い下山開始したものの、15分くらいで切り立った稜線で
下りられなくなる。『これはおかしい!』と周りを見渡すと隣にもうひとつ尾根が・・・。
10分ほど登り返し、正規下山道へ。(皆さん、気を付けましょう。)

IMG_0157.jpg


後はひたすら下山し、あしま園で腹いっぱい食べ帰宅しました。

雲龍渓谷

期日 :2月3日(日)
場所 :雲龍渓谷
メンバー :櫻井、生田(記)
OB会個人山行
コースタイム:ゲート手前300mに駐車7:00発⇒展望台7:50⇒友不知9:30~10:00⇒駐車場着12:20

 ゲート前から路側駐車が多くUターンして空いてる場所に駐車。林道歩きが長く路面が氷化し転倒者多い。
洞門岩からアイゼンを付け沢に入る、40分程で雲龍渓谷の『友不知』に入るが氷が昨日の高温であまり見ごたえがなかった、特に雲龍瀑は水が流れており残念でした。

ik雲龍13-06
友不知入口の最初の氷です。

ik雲龍13-22
氷柱が崩落し(昨日の高温)例年の半分程度でしょうか。

ik雲龍13-12
雲龍瀑も水が流れています。

ik雲龍13-20
氷柱の裏に回ってみました。

滝子山

期日 :1月30日
山名 :滝子山(山梨県)
メンバー :生田
OB会個人山行
コースタイム:桜公園駐車場6:40発⇒滝子山9:40~10:00⇒モチヶ滝11:00⇒駐車場12:20着

 笹子トンネル東にある滝子山へ行って来ました、山頂から南にのびる寂尚尾根(別名ダイレクト尾根又は南尾根)
から登り,山頂北側から西へ回り込む周回コースです。山頂からの富士山がきれいでした。

滝子山01
寂尚尾根途中からの富士と三つ峠山です。

滝子山04
滝子山山頂からの富士山です。

滝子山10
下る途中の鎮西ヶ池です、積雪は30Cm程度でピッケルわかんアイゼン不要でした。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-