足尾松木沢黒沢

1/27(日)
■メンバー
・原、松嶋、入江(記)
ゲート8:00ー9:20F1ー9:40F2ー11:00F3ー12:30F4ーF3、16:00ー18:00ゲート

F2入江リード
F3原リード
F4松嶋リード

F3からF4へはノートレースのクルブシラッセル。
F4終了点まで登り、その後F3まで下降しF3を原さんと松嶋さんリード。入江はその間昼寝。
帰りの林道でいつも通り鹿に会いました。

65221_359021707538678_2012976739_n.jpg
F3
24416_359021824205333_437991647_n.jpg
F4
73782_359052137535635_1708062293_n.jpg
帰り桐生の万里にてマーボーラーメン大盛り。


F2

ありがとうございました。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします^^
スポンサーサイト

鳴神山

1/26(土)
■メンバー
・中村(会外)、入江(記)

標高980メートルの山頂からは、360°の大パノラマが広がります。
駒形登山口から登ってきました。
雪が少しありました。

10:10登山口ー11:30山頂12:30ー登山口13:30

319783_358357960938386_73316499_n.jpg
男体山がガスで見えず残念
397973_358358074271708_1629323223_n.jpg
山頂ランチスタイル。正座。
45533_358358034271712_315407201_n.jpg
途中高さ4mくらいのハングした岩を発見。楽しそうなラインがある。
523152_358358017605047_1348943840_n.jpg
今度はクライミングシューズをもって初登をめぐる争い。誰か登った人いるのかなぁ。

神津牧場

1月22日

メンバ:原、金澤

神津牧場に行ってきました。

本当は別の計画でしたが前日の天気予報では雪と出ていたので雪でも問題ないアイスクライミングに変更しました。

ところが神津牧場は模様。じゃあ湯川へ行こうと転戦。ところが湯川の林道を登ってくと土砂降りに近い雨!車もビチャビチャシャーベットの道で悪戦苦闘迷わず敗退決定で再び神津牧場へ車を走らせました。

雨の中クライミングエリアに行くと滝は全てビショビショで水がした垂れていて、仕方がないのでチェロキーを登って、アパッチとシャイアンの両方にトップロープを張り練習していました(T_T)

15時頃になると氷結状態が良くなった気がしてきたので最後にアパッチとシャイアンをそれぞれがリードして気分よくして終了としました(^^)
P1220954_R.jpg

2013新年会@魚民太田南口駅前店

1/19(土)
OB会7名
現役23名の総勢30名で今年も新年会が行われました!!

会長より挨拶にて「安全登山」
OB会会長より「天気図で先を読む」
ありがたいお言葉いただきました!!
550468_354795464627969_1518660660_n.jpg

582266_353791884728327_265791450_n.jpg

395563_355037231270459_712276458_n.jpg
ピッケル贈呈!!!!!黄金のピッケル、ピオレドールは誰の手に!!??

みなさんお疲れ様でした!!!
幹事入江(記)

十二ケ岳

1/19(土)
■メンバー
・嘉藤、中村(会外)、入江(記)

標高1,200.8メートルの山頂からは、360°の大パノラマが広がります。
高山村と小野上村から登ることが出来ます。春には可憐な花が咲き、道行く登山客の心を和ませてくれます。

小野上村側から登りました。

登山口9:40-12:30山頂14:00-15:40登山口

見晴台からはノートレースでした。14日に降った雪が残っています^^
新人の嘉藤さん(雪山デビュー♪)がノートレース、クルブシラッセルを美味しそうに食していました。

543787_354744414633074_1026363346_n.jpg
555373_354744247966424_686492849_n.jpg
山頂ランチスタイル。正座。

中村ストリーム号7年物のスタッドレスはもはやノーマルタイヤとほぼ変わらない感じでした。雪道登れず登山口の2キロ前くらいに駐車。
天気が良く風が全くなく暖かかったので山頂でゆっくり大展望を楽しむ。

新年会ギリギリ間に合いました^^

根子岳

1月16日

メンバー;羽生のカメラマン、Tamamizu

菅平高原の奥の奥ダボススキー場から根子岳に行ってきました。

私達は菅平が初めてなので、ダボススキー場の第一リフトに乗り
リフト終点からルートを考える予定だったが

根子岳 010

第一リフト終点~根子岳
ここから山頂手前まで圧雪車のトレースが確認できた。

根子岳 014

標高2000m付近

根子岳 028

赤い雪上車ほスノーキャットでした
リフト終点~山頂手前まで往復&片道3000円で送迎します。

根子岳 038

根子岳山頂~私と四阿山
四阿山~南の尾根も滑るのには良いですね

根子岳 049

樹林帯とカメラマン
山頂~滑走してスグにカメラマンのスキー金具にトラブルが発生する。
修理が必要なので樹林帯をトラバースして圧雪道にでる。

根子岳 057

平行に滑走
カメラマンは金具をダマシながら圧雪道をすべる。
私はコース外から見守り無事下山を祈りました。

根子岳 060

避難小屋
避難小屋を偵察しました。中はダルマストーブとマキがありました。

根子岳 064

無事下山できました。

根子岳山頂から確認出来た四阿山の南側尾根を信州側に
滑るのも静かで良いかもね


高妻山

1月13日
メンバ:原

乙妻山北東斜面
戸隠大橋6:30スタート、佐渡山のコルで先行パーティーを追い越した後はトレースが無く、登る稜線を迷いながら、結局は斜面手前の稜線を登って行きます。登り出しがきつく、新雪で高度をなかなか上げられません。
左奥に見えるピークが高妻山です。
P1130005.jpg

ピークの稜線に着いたのは12:30位。景色の良さに疲れも癒されます。妙高山、火打山方面もきれいです。
P1130011.jpg

この斜面を下ります。
パウダーで、上手くなった錯覚にとらわれます。
P1130023.jpg

氷沢川に滑り込んだ後は、川沿いに佐渡山のコルを目指します。帰り道も良く分からず渡渉を数回繰り返し、右足は浸水・・・。
戸隠大橋着15:30、食欲も湧かないくらいに体はバテました。

白泰山

期日 :1月11日
山名 :白泰山(奥秩父)
メンバー :生田
OB会 :個人山行
タイム:栃本広場先の駐車場6:50発⇒白泰山9:40⇒白泰山避難小屋10:10~10:40⇒駐車場13:20着

雁坂へ向かう栃本の西方にある白泰山へ行って来ました。対岸の白石山(和名倉山)に登った時に気になった山で山頂からの眺望もなく長い尾根歩きのみの渋い山です。

白泰山13‐1‐11
白石山(和名倉山)です。

白泰山13‐1‐11,2
白泰山から30分程十文字峠よりにある避難小屋近くから甲武信岳方面です。

白泰山13‐1‐11,3
避難小屋近くの岩場から十文字峠方面、双耳峰は無名です。

小同心クラック

1月6日
メンバ:鹿山、漆原、MOMIさん(沼田山岳会)、金澤

赤岳山荘5:30~赤岳鉱泉6:45~7:20~小同心クラック登攀開始10:00~横岳13:45~硫黄岳~赤岳鉱泉~赤岳山荘17:30

小同心クラックに行ってきました。
前回は岩の状態と天気により敗退した小同心ですが、今回は天気もよく快適な登攀となりました。
鹿山さん、漆原さんのペアとMOMIさん、金澤のペアで組みました。1ピッチ目は漆原さん、MOMIさんのリードでスタートです。MOMIさんはリードの予定はなかったのですが本人の希望によりトップでスタートです。2人とも難なく登っていました。
2ピッチ目はランナウトするような記録を読んでいましたが、岩で案外とランニングが取れ不安はなかった感じです。

最後の横岳の登りはいやらしい箇所が1つありましたがカムを使い思いきることができました!山頂にそのまま抜けることが出来るので気持ちよく登り終えるところが良かったです。

横岳から硫黄岳までの稜線は15m以上の風が吹きかなり体力的に辛くみんな無言で歩きました(^^)


大同心稜を詰めます。

P1060915_R.jpg
取付きスタート。

P1060921_R.jpg
漆原さんとMOMIさん。

P1060925_R.jpg
2ピッチ目終了点より。

P1060927_R.jpg
小同心の頭から横岳

P1060946_R.jpg
硫黄岳から赤岩の頭へ。

天候と岩の状況の違いによりビックリするほど快適に登れました。最近敗退ばかりだったので、楽しく無事に登れて良かったです!

足尾・赤倉山

山名 :足尾・赤倉山
期日 :1月5日
メンバー :生田
OB会個人山行
コースタイム:足尾赤倉駐車場7:00発⇒雨量観測所8:00⇒赤倉山9:30⇒茨倉山10:20⇒林道分岐11:00⇒
    雨量観測所12:00⇒駐車場13:00

赤倉山への登山道はありませんが旧半月峠の道を1時間程歩き、雨量観測所から左の尾根を登ります、赤テープを頼りに山頂へ、山頂から茨倉山へはけもの道です、雪は10センチ程度でわかん不要でした。

赤倉13-1-5-1
赤倉山から西に5分程の展望所から皇海山と中倉山、今年は雪が少ないです。

赤倉13-1-5-2
茨倉山から男体山、右は半月山です。

赤倉13-1-5-3
中央に富士山が薄く写つています、意外と大きく見えました。300mm望遠
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-