米子沢

8月26日

メンバー:倉沢、安井、松島
開けた沢でとても明るく、ナメ・スラブ状の岩もキレイです。
さらにいろいろな滝・釜も有ります。
天気は晴れで、水もそれほど冷たくはなく、泳ぎやシャワークライム
も楽しむことが出来き、人気の沢といわれる訳が良くわかりました

桜坂駐車場発 7:30 ⇒ 非難小屋着 12:40 ⇒ 桜坂駐車場 14:15

水量はこれでも少ないようです。                   明るくきれいです。        
DSCN0271.jpg DSCN0283.jpg

昨年の台風の崩落箇所?                      泳ぎます。
DSCN0294.jpg DSCN0301.jpg

高度感もあります。                         滑りやすいです。
DSCN0315.jpg DSCN0347.jpg

左右どちらでもいけそうでした。
DSCN0350.jpg

大ナメ とてもキレイです。昼寝をしたい気分でした。
DSCN0358.jpg

頂上付近景色がよいです。このあともう少しで非難小屋。藪漕ぎもなく快適。
DSCN0373.jpg
スポンサーサイト

常念岳

山名:常念岳
期日:8月25~26日
メンバー:櫻井(リーダ)、小此木、飯塚、荒巻、荒巻、鎌須賀、滝沢、井上、服部、生田(記)
OB会月例山行
コースタイム:8/25日一の沢登山口駐車場発8:10分⇒大滝ベンチ⇒常念小屋14:30分着
    8/26日常念小屋発4:20分⇒常念岳5:40~6:00⇒常念小屋7:20~8:10⇒駐車場13:00着

横通岳から常念岳09
横通岳中腹から常念岳です。(生田のみ小屋に到着後、横通岳をピストン)

浅間の左から日の出です。12
26日朝4:20分に小屋発中腹で日の出を迎えました。

奥穂・北穂に朝陽が当たります。14
奥穂、北穂に朝日が当たります。

槍を背景に最後の登り18
槍を背景に登ります。

朝陽に輝く槍13
朝日に輝く槍ヶ岳です。

常念岳山頂で22
狭い山頂でメンバー全員です。

御岳山と乗鞍岳25
常念岳山頂から御嶽山と乗鞍岳です。

記念写真を撮り下山28
常念乗越しから下山です、後は駐車場までひたすら下ります。



ヨーロッパ遠征

7/24~8/24

■メンバー
・入江

7/25~8/1グリンデルワルト
8/1~8/9ツェルマット
8/15~8/23シャモニー

7/27メンヒ
7/30~31ユングフラウ
8/3~5マッターホルン
8/8ブライトホルン
8/18~19モンブラン
8/21モンブランデュタキュル

装備:ロープ、ハーネス、ピッケル、アックス、アイゼン、ヘルメット

7/27メンヒ(monch,4099m)PD.岩登りⅡまで、雪/氷面40度
晴れのち曇り
10:00メンヒ取り付きー13:00山頂ー16:00メンヒ取り付き
ユングフラウヨッホ(3475m)まで登山鉄道でいけるので登りは600mくらい。
高度順応せずに登ったので体が重い気がした。緊張感のあるリッジがあった。



207540_287228118051371_30272452_n.jpg
山頂より下山路。

7/30~31ユングフラウ(jungfrau,4158m)PD+.岩登りⅡまで。雪/氷面40度、部分的に50度
ピーカン
4:00メンヒ取り付き-9:30山頂-13:30ユングフラウヨッホ
30日にメンヒ取り付きにテント泊し、31日にアタック。
最初一時間氷河歩きがある。
下山で岩と雪の急なところで懸垂を2回した。
下山は途中で分かれていてフングフラウヨッホに近道できるのだが、同ルート下降した結果、ノートレースの氷河をあるいてしまい、ひどく緊張した。
391515_288293224611527_171706724_n.jpg
このスカイラインを登る。



8/3~5マッターホルン(matterhorn,4478m)AD-。Ⅲ-まで。
3日晴れ、4日晴れ後曇り時々雪、5日曇りのち雪、雷

3日ヘルンリ小屋まで2時間。テント泊。
4日、3:30ヘルンリ小屋-10:00山頂-20:30ヘルンリ小屋

マッターホルンはルートファインディングが難しいと聞いていたので、ガイドさん達が出発するまえにテント場をでた。暗い中、最初の固定ロープをのぼり、トレースをあるいて岩場に取り付くがわからない。どこでも登れそうなのだが躊躇してるうちに、ガイドさん達は早く、すぐに抜かれヘッテンの明かりを見つけついて行く。ソルベイ小屋の前で3パーティーくらいの渋滞。そこでの待ち時間ドイツ人2人組と話し、ひとりは危ないとのことでザイルを組んでいこうと言ってくれたので、ありがたくザイルを組みました。頂上に着き、下山も三人でしました。4200mくらいでアクシデント。一人のドイツ人の片方のアイゼンが外れ、落ちていきました。片方のアイゼンなしで、雪があるので安全にということで懸垂の連続で時間がかかります。4000mを下り雪も少なくなりクライムダウンで降りていきますが迷います。登り返しも何度かしました。下山に11時間近くかかりました。
5日、テントを回収して下山。雪に降られる。



293233_290515317722651_1426299327_n.jpg
ハイキングにて逆さマッターホルンGET.

8/8ブライトホルン(breithorn,4164m)PD-
晴れ
9:00ロープウェー駅-10:20山頂-11:10ロープウェイ駅
255246_290834964357353_2068251989_n.jpg
ロープウェイ駅からの景色

8/18~19モンブラン(mont blanc,4807m)F
二日ともピーカン
18日、10:00駅-16:30グーテ小屋
19日、2:40グーテ小屋-6:00山頂-8:20グーテ小屋-12:30駅
テートルース小屋からグーテ小屋まではⅡまでの岩登り。途中落石の非常に多いクーロワールを通過する。
グーテ小屋から山頂まではずっと雪。山頂付近では風が強かった。
246861_294661543974695_134029682_n.jpg
山頂にてご来光。



8/21モンブランデュタキュル(mont blanc du tacul,4248m)PD
晴れ
モンブランで知り合った山内さんと登った。
8:00ミディ-11:00山頂-13:40ミディ
大きいクレパスが3個くらいある。山頂直下のみ岩場。下山時岩場のみ懸垂。
484616_295315103909339_1139005194_n.jpg
山内さんありがとうございました。
246865_295314600576056_1795064352_n.jpg
クレパスの中。

8/7ツェルマット教会から歩いて10分の岩場にてフリークライミング、テント場で知り合った坂さんと。
484102_290935394347310_1449575861_n.jpg

8/20ガイアンの岩場にてフリークライミング、山内さんと。
417314_295030127271170_1617064394_n.jpg


どの町にもハイキングコースがたくさんあったのであるきました。
396134_286596128114570_1994883781_n.jpg
二月に始めた体幹トレーニング。後ろの山は左からアイガー、メンヒ、フングフラウ
391265_289150651192451_1964369842_n.jpg
エーデルワイス
480328_289150327859150_1656249001_n.jpg
スネガよりマッターホルン
480768_293972874043562_743275474_n.jpg
綺麗な形のドリュ。

海外一人旅が初めてでどーなることかと不安もあったが、行ってみると日本人が非常に多くいた。テント場では夜はいつも宴会だった。いろいろな出会いがあって旅はいいものだなぁと思いました。
一ヶ月天候に恵まれました。
山は無数にあるんだなぁと思いました。







チンネ左稜線、八ツ峰6峰富山大ルート~上半部縦走

8月22日~25日

メンバ:児玉、漆原、新井、金澤

3回目の計画にしてようやく天候に恵まれ剱へ行ってきました。
児玉、金澤はダムより真砂沢経由で、漆原、新井は室堂経由で出発です。一応真砂ロッジを待ち合わせ場所にし出会ったところで熊の岩を目指すことしました。結果は真砂沢ロッジと長次郎谷の出合の中間部で会うことができ熊の岩へ向かいます。

P8220260_R_R_R.jpgP8220283_R_R_R.jpg
長次郎谷の登りは荷物の重さから全員ヘトヘトでした!

P8230288_R_R_R.jpg
日の出前の八ツ峰6峰

P8230296_R_R_R.jpgP8230135_R_R_R.jpg
23日5時過ぎに熊の岩を出発し池ノ谷乗越、ガリーを経由し三の窓雪渓をトラバースし取付きに到着です。雪が多かったため2P目より7:20スタートです。児玉・新井、漆原・金澤のペアで登りました。
その結果。。。。。児玉・新井ペアは12時過ぎに登攀終了し、漆原・金澤ペアは15時近くに終了する結果でした。大きな原因はルートファインディングの誤りでした。途中誤った踏み跡とハーケンに誘われあらぬ方向へ行ってしまい、ハーケンで新たな支点作ったりクライムダウンしたりまた、そこを行ったり来たりとその処理で時間を大きくロスしてしまいました。初めてのルートは本当に細心の注意を払わなければいけないことを痛感しました。

P8240339_R_R_R.jpgP8240341_R_R.jpg
24日はDフェースの富山大ルートへ向かいました。6時半頃より前日と同組で登攀開始です。この日もルートファインディングには苦労しました。どの方向にもハーケンが打ってあるため正しいルートが分かりません。Ⅴ(-)の核心ピッチも分からないうちに通過してました。ただし、その後は快適な登攀ピッチが続き楽しむことができました。10時半に終了点に到着し八ツ峰の上半部を縦走し、熊の岩へ戻りテントを撤収し真砂出合へ移動しました。

25日はダム経由で扇沢へ戻りました。

反省すべきことが沢山あった山行でしたが、4日間とも天気もよく充実した山でした!

剱岳

剱岳に行ってきました。(記 進藤)

8月17日(金)~8月19日(日)

結果として、剱沢に2泊テン泊しました。

天気は良く、雨もピーカンも強風もなく、
3日とも快適な山行となりました。

3日目は立山(雄山)を通って、
帰りました。

P1010142_convert_20120821222206.jpg


テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

谷川南面山ヒル調査&ヒツゴー沢

8月20日

メンバー:Tamamizu

7月の梅雨明け前日、谷川温泉~二俣手前まで雨降る
中往復したときに山ヒルが靴に集りだいぶいる事にきずいて
いたが小さいヒルだったので無視していただが車に戻り
着替えると下半身ヒルだらけで<ビックリ>吸いついたヒルを
はがすと下半身が血だらけで血が止まらない<20ヶ所から
血が流れる>大変な出来事だった。

なので、谷川温泉~二俣の間の山ヒル調査をする為にヒ
ツゴー沢を計画しました。

新田4時に出て谷川温泉6時発。山ヒルを探しながら二俣を
目指すが小さいヒルが1匹だけ靴に着いた<前日は雨が降ら
ず、昨夜からの夜露も少なくて乾燥ぎみだったので山ヒル達の
活動が悪かったらしい>

ここからはヒツゴー沢です

二俣7時半発~上越国境12時半~中ゴー尾根13時~二俣15時半

ヒツゴー沢 002
二俣手前から撮りました。タカノスC沢か

伏流を過ぎると小さい岩魚が走る。すぐ上がF1魚止めでなので生存範
囲が狭い中で暮らしています。すごいね岩魚達
F1~滝が続き2時間近く休む間も無く楽しめました。
中ゴー尾根は急なのでゆっくり降りる。

ヒツゴー沢 004
ヒツゴー沢 005
ヒツゴー沢 006
ヒツゴー沢 008
ヒツゴー沢 009
ヒツゴー沢 017
ヒツゴー沢 020
ヒツゴー沢 022
ヒツゴー沢 025
下山する中ゴー尾根

ヒツゴー沢 029
オジカ沢

17時に谷川温泉の湯テルメに着く。ヒルは着かなかった
湯テルメの人に山ヒルの事を尋ねたら雨天時や雨上がり
にヒルは活動する。血を吸ったヒルは7匹の子を産むらし
いと、教えて頂きました。
おまけですよ
山ヒルの生息地に行く時は、塩と割り箸を持参しましょう。
塩は付着したヒルに掛けて割り箸でとる。
簡単な山ヒル調査でした


ヌク沢左俣右沢

8月19日
メンバー:倉澤、松島、安井

西沢渓谷の道の駅みとみで前泊して、沢登りに行ってきました。
5:00 起床
6:00 出発
6:30 入渓

陽の届かない、暗めの沢を行きます。 最初の5×7mの滝。
IMGP4472_convert_20120820224613.jpg
堰堤が4箇所あり、これを高巻くのがしんどかったです。
IMGP4483_convert_20120820225110.jpg
なかなかおもしろい滝が続きますが、陽が当たらないので寒い寒いと言いながら登っていました。
IMGP4490_convert_20120820225635.jpg
9:00 ようやくヌク沢の大滝が始まります。
1発目は傾斜の緩い100mの滝。倒木で荒れ気味でした。
IMGP4496a_convert_20120820231233.jpgIMGP4505a_convert_20120820231317.jpg
100mを登りきり、2発目の80mの大滝が目に飛び込んでくると
トポ通りみんなで「オオー」と歓声を上げました。大迫力です。
IMGP4526_convert_20120820231054.jpg
傾斜が緩く見え、最初は難なく上がって行くのですが、高度が増すにつれ恐怖心もあり、難しくなっていきます。
IMGP4528_convert_20120820232058.jpg
安井は倉澤Lのお助け紐をご馳走になりました。80m後半部は水線は諦め、左岸を巻き気味に上がりました。
IMGP4545_convert_20120820232708.jpg
10:30 ようやく80mを登り終え、ホッとすると最後の50mの滝が出現。「まだくるかーー」と内心思いました。
IMGP4548_convert_20120820233549.jpg
三連荘の滝を登り終え、ナメ滝を少し進んだところで甲武信ヶ岳の支尾根に取り付きます。
1時間ほど尾根を歩くと、登山道の徳ちゃん新道に合流し山頂を目指しますが、体が重くなかなか足が
進みませんでした。    13:10 なんとか登頂できました。
IMGP4555_convert_20120820234454.jpg
帰りは秩父の「エデン」という定食屋?で美味しい夕食を頂いて帰宅しました。
IMGP4562_convert_20120820234947.jpg






中ノ岐沢小淵沢

8月16日
メンバー:倉澤・松島・青木・安井

快晴の中、奇麗な水と気持ちの良い沢登りに癒されてきました。

7:30 大清水駐車場スタート。1時間半ほど林道を歩き入渓点へ。
ナメ滝が多く、登り易い滝が多いため初心者でも楽しめました。
DMGP4454_convert_20120817154742.jpg
エリカ様もサクサク登られていました。
IMGP4444_convert_20120817155034.jpg
IMGP4437_convert_20120817160058.jpg
IMGP4429_convert_20120817160250.jpg
藪漕ぎ15分ぐらいで登山道に出れます。
時間に余裕があるため、田代湿原・尾瀬沼にて草花を堪能し、15時に駐車場に戻って来れました。

小川山-セレクション

8/17 曇り後雨
メンバー:久保田、児玉

小川山のセレクションを登ってきました。
登るときからゴロゴロと時折鳴っていましたが、終了点に着くと雨、何とかセーフ。

P8170009-1.jpg P8170012-1.jpg

北ア、蓮華♨~白馬~朝日岳~蓮華♨

山名:北ア、蓮華♨~白馬~旭岳~雪倉岳~朝日岳~蓮華♨
期日:8月9日~12日
メンバー:生田、非会員1名
OB会個人山行

コースタイム:8/9日群馬15:00⇒蓮華♨P20:00
    8/10日蓮華♨5:00⇒乗鞍岳⇒小蓮華岳⇒白馬岳15:00(旭岳往復)
    8/11白馬山荘5:30⇒雪倉岳⇒朝日小屋13:00
    8/12朝日小屋5:30⇒朝日岳⇒花園三角点8:50⇒蓮華♨13:30⇒群馬19:00着

1白馬大池と小蓮華岳
白馬大池から寄り道して乗鞍岳途中からの『大池と小蓮華』方面です。

2雪倉、朝日方面
小蓮華岳から雪倉岳、朝日岳方面です。

3白馬岳から杓子、鑓方面
白馬岳から杓子岳方面です。

4白馬の西・旭岳
白馬岳の西にある『旭岳』です、山体も大きく存在感があります、登山道はありませんが
踏み跡はあります。道は祖母谷へ下る道です。

5ハクサンコザクラの群落
ハクサンコザクラの群落です、雪倉岳周辺は花の散歩道です。

6雪倉岳から白馬岳と旭岳
雪倉岳から白馬岳(左)と旭岳(右)です。

7百花繚乱、雪倉岳中腹
雪倉岳の途中のお花畑、まさに百花繚乱の中を歩きます。

8朝日岳山頂から剣岳
今回最後の山頂朝日岳から『剣岳』です。

9朝日岳から白馬と旭岳
同じく朝日岳から白馬岳と旭岳です。

10下山途中の雪倉・旭岳
下山途中からの雪倉岳と旭岳です、周回コースなので蓮華♨で湯につかり帰宅しました。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-