FC2ブログ

黒部川 赤木沢

8月11日~12日
メンバー:鹿山・遠藤

11日:折立7:30~太郎平小屋10:20~薬師沢小屋12:00
12日:薬師沢小屋6:00~赤木沢出合7:20~大滝下9:20~稜線登山道11:20~折立15:30

 以前から行きたかった黒部川赤木沢。例会時点では悪天必至で「物好きですね~」という声も聞こえる中、半ばヤケクソの気持ちでいきましたが、遡行当日はドッピーカン!これ以上望めない天気の元で最高の沢登りが味わえました。


鹿山さんつり
黒部川周辺は幕営禁止との事で今回は小屋泊まり。小屋の周辺でもワンサカ釣れました。
鹿山さんも人生初の釣果に喜んでました。


honnryuu.jpg
赤木沢出合までの黒部源流。いつかは上の廊下へも行きたい。

deai.jpg
赤木沢出合。

4dannnotaki.jpg

taki.jpg
赤木沢に入ると、すばらしい滝の連続に写真ばかり撮ってしまいます。

taki2.jpg
ザイルを使用する滝は全くなく、快適な遡行が続きます。

ootaki.jpg
大滝は左岸のルンゼから潅木帯を巻きます。このあと源頭まで小滝が続きます。

genntou.jpg
源頭では藪漕ぎもなく、最高の眺望でのフィナーレとなりました。下山してから温泉で汗を流し、23時30分に太田へ着きました。

浅間山 

8月4日
メンバー 冨岡 会外1名

山のことを知るため、五感、六感までも研ぎ澄ますため、
近くの浅間山にいってきました。

夜中に車を走らせ、3時着、車内で5時間ほど睡眠をとってから
登山口に行きスタートしました。

アイホン 220

途中、和歌山県からいらした、おばあちゃんに話しかけていただきました。
和歌山弁というのでしょうか。とてもかわいいし、癒されました。

アイホン 230
アイホン 254
アイホン 256
アイホン 258
天気は一日良好、日焼け跡がくっきりできてしまいました。

経験を積んで行きたいと思います。

小川山

8/11

■メンバー
・今関、新井(記)、会外2名

午後から雨予報でしたが、とりあえず行ってみようということで4:30に太田を出発し、8時頃現地入り
午前中は晴れ間もあり暑いくらいでした。
リード初心者と初めて外岩を登る二人を連れてソラマメ下部へ向かい、まずは自分が生木が倒れたよ5.9にトップロープを張るためにリードしました。
2ヶ月ぶりの外岩の為、緊張しましたが無事オンサイトできました。
張ったロープを使い初心者2人をTPで登ってもらい、今関さんが回収という流れで次のルートへ移動。

今関さんの上司。初の外岩ということで核心部で敗退。あの乗り込みは怖いですね。
生木が倒れたよ

OZからのシ者。余裕で登っていくが核心で1テン。
生木oz

続いて甘食5.10b。
まだ外岩では登れていないグレードでしたが折角なのでチャレンジしてみたところ、やりました!グレード更新&オンサイト!奇跡!
甘食

TPながらスイスイと登っていくOZからのシ者
甘食oz

ビレイヤー今関。
甘食2

甘食の回収をおえ昼食をとり、先ほどの生木をリベンジしたいとのことで、上から周りこんでTPをはり2人が再チャレンジしノーテンクリア!お見事です!

その後ソラマメへ移動し、やわらかソラマメ5.8をやることにしました。
オンサイト祭りに調子づきスポルティバのアプローチシューズでトライするも核心が登れず降りることに・・・
クライミングシューズの偉大さを身にしみて感じました・・・
全員登り終わった位に雨がパラツキだしたので撤退することにし、最後は上司さんと使者に懸垂下降のレクチャーして帰路につきました。
懸垂

雨予報が外れて夕方までクライミングを楽しむことができ、予報のせいか人も少なく快適な小川山デビューとなりました。

オマケ
おまけ

常念岳

8/6~7

■メンバー
新井(記)、会外1名

前日に駐車場へいき車中泊で朝を迎えると無情の雨。
中止にするか悩みつつも天気予報を確認し登ることにしました。
登っている間は雨も降らず曇ったり晴れたりと落ち着かない空模様。
常念小屋でテント張り小屋で一杯やっていると、またもや雨・・・
急いでテントに戻り昼寝をして目を覚ますと、辺りは天気予報とは裏腹に常念の周りだけ快晴になってました。
折角晴れたので外で一杯やることに。槍穂を眺めながらビールは最高ですね。
2日目は御来光を見る為に3:30にテントを出発し常念山頂へ
すばらしい雲海と日の出いただきました。
テン場に戻りパッキングをすませ下山。10:30に駐車場につき帰路につきました。

今回も清掃下山してきました。どこの山もゴミが結構おちてますね。

常念の雲海
20120807_045901_20120809201432.jpg

帰り際、やっと穂先を見せてくれた槍
20120807_073806.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

燕岳

8/4(土)

■メンバー
今関、会外1名、新井(記)

今関さんの山行に同行させていただきました。

筑波山しか登ったことがない登山初心者を引き連れて、自分は20kg弱、今関さんは30kgを背負い歩荷トレ。
登っている最中は天気がよすぎてバテバテになるほどでしたが燕山荘につく頃には周りは雲の中。
昼食を取りつつ天候を回復を待ったのですが、一向に回復しなかったのでイルカ岩にて記念撮影をして下山することにしました。
ゴミ拾いをしながら下山していると、足を痛めた要救を確保。
今関さんの活躍により、要救助者共に無事に下山することができました。
20120804_141424.jpg

燕のテン場もソロ多めでした
20120804_141711.jpg

イルカ岩付近コマクサが咲き乱れる
20120804_160510.jpg



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

雲ノ平

8/7-8/11
メンバー:児玉、会員外1

8/7 七倉-烏帽子キャンプ場
8/8 烏帽子キャンプ場-野口五郎岳-雲ノ平
8/9 雲ノ平⇔高天原温泉
8/10 雲ノ平-水晶岳-赤牛岳-奥黒部
8/11 奥黒部-船窪-七倉

全行程を通じ大変良い天気でした。
P8080063-1.jpg P8080069-1.jpg
P8080157-1.jpg P8090181-1.jpg

烏帽子では水は小屋の販売のみ。野口五郎でも残雪なく水は取れず、雨が少ないため販売も500ccのみ。磐苔乗越から3分下がって水有。雲ノ平は水は豊富。読売新道は全く水はなし。船窪乗越付近は崩壊が激しく登山道ごと崩落の危険を感じた。

仙ノ倉谷西ゼン

8月5日晴れ
メンバ:鹿山、漆原、金澤

西ゼンに沢登りに行ってきました。
沢登りというよりどちらかと言うとクライミングに近いような遡行でした。
初めての西ゼンなので遡行図とにらめっこしながらの山行で、途中までは現在位置を勘違いしながら登っていました。第1スラブ手前で(本当は第2スラブ手前と思ってた)、岩遊のTさんに会い現在位置がわかったような感じです。
ザイルを出すことはありませんでした。草付きのトラバースで欲しいと思ったぐらいです。

ゲート出発時間6時 
ゲート到着時間15時

P8050192_R.jpg
第1スラブ手前。

P8050199_R.jpg
第1スラブ上部。先行者はTさんパーティ。

P8050204_R.jpg
第2スラブ手前の滝。

P8050212_R.jpg
第2スラブ途中の滝。難しそうに見えましたが左側から登れました。


P8050218_R.jpg
第2スラブ遠景。

P8050220_R.jpg
第2スラブ上部。

P8050258_R.jpg
下山路から。登ったルートが見えると気持ちいいです!

白毛門沢

8月4日
メンバー:安井、松島

白毛門沢に行ってきました。
われわれにはちょうど良い沢で、とても楽しめました。

7:15 入渓 ⇒ 12:15 白毛門頂上 ⇒ 14:30 駐車場着

下界は猛暑ですが、白毛門沢はとても爽やかですごしやすい天気でした。
白毛門駐車場は6:30ですでにいっぱいに近い状態、さすがシーズンです。
沢を登っているパーティーもわれわれの他にわかる範囲で3組はいました。
水量は、少なめに感じました。全体的に明るい沢できれいです。
ナメとスラブが多く、沢靴の効果を確認するにはよいと思います。
大きな釜もあり、陽射しと登りで熱くなった体を冷やすにはちょうど良かったです。
飛び込んで遊んできました。
核心は、水の無くなった草付きの急な沢筋。暑いです。
笹薮を抜け頂上着。頂上にいると馬蹄形を回ってきた人がたくさん通り過ぎます。皆さん速いです。10時間を軽く切るコースタイム。
山ガールもがんばって登山していました。
沢登り2回目の安井さんも、沢登り満喫できたようです。

ハナゲノ滝
DSCN0010.jpg


沢靴効果確認中
DSCN0020.jpg


釜で遊ぶ
DSCN0035.jpg
DSCN0043.jpg


シャワークライム練習
DSCN0048.jpg


大滝(タラタラのセン)
DSCN0049.jpg



大ナメ
DSCN0062.jpg


白毛門山頂
DSCN0081.jpg

鋸岳

8/3 晴れ
メンバー:漆原、児玉

角兵衛沢から鋸岳を登り、熊穴沢を下降してきました。
P8030068-1.jpg P8030084-1.jpg
P8030108-1.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-