中山尾根敗退のち文三郎

1月30日
メンバ:児玉、金澤

中山尾根の登攀を計画しましたが、取り付きまで行きあまりの寒さに断念しました。手のしびれが取れず感覚のない状態がまったく解消しない中での4級プラスは厳しいと判断しました。ちなみに登山口への道中車道の温度計はマイナス21度でした。

せっかく八ヶ岳へ来たので帰るのはもったいなく、携帯メールが通じたため計画変更を連絡し赤岳へ登ってきました。

機会をみてリベンジしたいと思います!


P1300561.jpg

スポンサーサイト

武甲山

1/28(土)

■メンバー
・中村(会外)、入江(記)
100年後には無くなってしまうという噂もある武甲山。雪はありましたが問題はなく特に危険個所もありませんでした。
のんびりとした山歩きが楽しめました!!

タイム:一の鳥居9:40-11:30山頂13:05-一の鳥居14:15

426061_180492138724970_100002925547699_308482_239676937_n.jpg
山頂が柵でおおわれています。
425204_180494398724744_100002925547699_308497_1623605355_n.jpg
東北まで届け!メッセージ!
422335_180632102044307_100002925547699_308804_912327220_n.jpg
秩父の町並が一望できます。群馬県庁も見えました。
402282_180494378724746_100002925547699_308496_1699768163_n.jpg
下山中
400549_180492118724972_100002925547699_308480_1061162421_n.jpg
山ランチ。メニューは野菜ラーメンと照り焼きチキンと鍋焼きうどんと生ハム!!

裏谷急沢

1/29(日)

■メンバー
・倉沢、原、遠藤、新井(記)

西上州にある谷急山の裏谷急沢へ行ってきました。

6:30 太田出発>8:20 登山口>8:30 F1>9:05 F2>
9:40 F3>10:30 F6>14:09 谷急山頂>14:30 下山開始>
17:00 登山口>19:00 太田着

自分のスキルに不安があった物の、やらなければ上手くならないと思い参加させて頂きました。

登山口に着くと先行パーティあり。
準備をしF1へ
F2へ着く手前で先行パーティの姿を確認。
F3で追いつくが、時間がかかりそうだったのでF3は巻いて抜くことに
小滝を幾つか超え、ふと顔を上げると20m近くある大きな滝がそびえ立っていました。
F6です。
小滝と思って超えてきた中にF4,F5が有った模様。
原さんがリードし、自分がセカンド。
スクリューの回収をするが足が決まらず、もたついている間に腕がパンプしてしまい
何本か残し登り切ることに専念するも、ラスト2m付近でバテる。
テンションを貰って休憩。まだまだ修行が足りませんね。
登って休んでを繰り返して、やっとの思いで登りきれました。
全員が登り終えた後、山頂へ向けて詰めていきました。
幾つか小滝を超え、ラッセルし谷急山頂に到着
360°の絶景が待っていました。
下手な100名山登るより良い景色に疲れが吹っ飛びました。
小休止をとり下山開始し、暫く歩くと今回の核心。ナイフリッジ状尾根。
Fixを張り慎重に抜け暗くなる前に下山完了。


F1ノーザイルで登る
裏谷急山 002
裏谷急山 003

倉沢さんF2リード
裏谷急山 005

先行パーティに追いついてしまった為F3は巻く
裏谷急山 008

いつの間にか現れたF6。実質10mくらいのクライミング。
裏谷急山 009
裏谷急山 010

原さんリード。倉沢さんピース。
裏谷急山 015

ここから立ってきます。
裏谷急山 018
原さんノミックです。
裏谷急山 019

遠藤さんラスト!ここ刺さらないし、掛かりにくかったです。
裏谷急山 024
飯食ってたら倉沢さんが登ってる写真取り忘れました。申し訳ないです。

小滝を幾つか超え、ラッセルの始まり。
裏谷急山 026

谷急山頂。目印は棒!
裏谷急山 029

記念撮影
P1280547_convert_20120130230947.jpg

妙義もバッチリ
裏谷急山 027
裏谷急山 032
P1280549_convert_20120130231012.jpg

問題のナイフリッジ。アイゼン引っかけたらアウト。
P1280555_convert_20120130231039.jpg

1度で何粒もおいしい山行でしたが、自分の未熟さが身にしみました。
精進していきたいと思います。


テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

広河原沢左俣

1/27(金)
メンバー:原、児玉

八ヶ岳の広河原沢左俣に行ってきました。雪が多かったのでラッセルが大変。寒いので氷が硬くてこちらも結構大変でした。でも核心はやはりクライミング終了後からの下山でした。

P1271663-1.jpg P1271666-1.jpg
P1271668-1.jpg

コソ練 in 霧積

1月23日
メンバ:児玉、原

練習に付き合ってもらいました。
ダムサイドや橋の隣の滝も凍ってました。
期待をして奥に行くと・・・思ったよりも小さい。
3時間、速攻に筋肉いじめて終了です。
409213_351307961546638_100000023113893_1399243_1946490250_n.jpg

アイス練習

1/22
メンバー:児玉、松島、原、安井(記)

アイスクライミングの練習をして来ました。
気温が高く、氷が溶け、濡れながら登りました。

原さん
IMGP0016_convert_20120123221002.jpg
児玉さん
IMGP0025_convert_20120123221233.jpg

私も画像のルートを2回トライしました。
1回目:あっ、と思ったら空中散歩。
2回目:金縛りにかかる。空中散歩。
登れませんでした。。。精進します。
お三方は何事もなくサクサク登られていました。
私は別の所を2つ登り終了しました。

今後もご指導よろしくお願いします。

赤城・銚子のガラン

場所:赤城山銚子のガラン
期日:1月19日(木)
OB会個人山行
メンバー:櫻井進、生田(記)

偵察を兼ねて銚子のガランへ行って来ました、まだ時期が早いので氷が少ないです、2週間後位がベストと思います。

コースタイム:滝沢温泉不動の滝駐車場8:20⇒下降点9:00⇒ガラン沢9:20⇒ゴルジュ滝11:20⇒ガラン上13:00
つつじが峰通り経由駐車場14:30

ガラン008
最初の氷壁帯(1050m付近)

ガラン014
氷壁帯で遊ぶ櫻井さん

赤城ガラン櫻井6

ゴルジュ帯の滝、氷が薄く空洞なので途中から右岸に高巻きしました。

松木渓谷黒沢

1月15日
☆メンバー:鹿山、原、松島、今関、入江、安井(記)

新人の安井です。
アイスクライミングがやりたいという私の希望を入会3日で叶えて頂ける運びとなりました。


18:00 新年会[太田駅魚民] ビール・豆乳鍋・サラダ・アイス etc・・・
    お疲れ様でした。

5:15 事務所集合。

6:15 大間々過ぎの道の駅で原さんと合流。

7:30 足尾の駐車場。

9:00ぐらい 黒沢。汗だくです。

宇都宮渓嶺会の方3名がF1に取り付いていましたのでトラバースしてF2?へ。
鹿山さんにアイゼンやバイルなど基礎の基礎を教えていただきました。

DVC00286_convert_20120116231251.jpg
F2? トップロープをかけていただき無我夢中で登りました。頭の中は真っ白に!恐い。

DVC00287_convert_20120116231328.jpg
F3? トップロープをかけていただき必死で登りました。
    本当に必死でした。何ゆえ自分は凍った沢を登っているんだ?
    辛くなってくると、後悔と自責の念にさいなまれる。
    いや、、、でも、、、おもしろかったです。またイキたいです。

DVC00291_convert_20120116231401.jpg
皆様には極寒の中、丁寧に色々教えて頂きありがとうございました。
バイル1本で登られる方や、バイル3本で登られる方など様々な技術があるのですね。
皆様のキレキレな登攀を見て痺れました。
原さん、バイルを貸していただきありがとうございました。

今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。


原さんF2

白毛門

1/7(土)

■メンバー
・鹿山、入江(記)

鹿山さんの白毛門に御一緒させてもらいました。

20533473_1483608031_112large.jpg20533473_1483608061_117large.jpg
土合駅のトイレが綺麗になりました         白毛門駐車場入り口
P2012_0107_091209.jpg20533473_1483608084_142large.jpg
ラッセル                          あしま園、大盛り頼まなくてよかった~~、普通でこの量

7時40分登りだし11時15分下山開始、12時15分下山完了。登山口の橋まで25分くらい。登りでは胸ラッセルを初体験しました。
ありがとうございました!!!

浅間・剣ヶ峰

山名:浅間・剣ヶ峰
期日:1月5日
メンバー:生田、非会員1名
コース:浅間山荘7:20分発⇒火山館9:40⇒剣ヶ峰12:10⇒往路を戻り浅間山荘15:00着

浅間003
1900m付近から『トーミの頭』

浅間013
天狗の露地から剣ヶ峰~牙山の稜線

浅間017
天狗の露地から浅間山(前掛山)

浅間021
火山館へ樹林帯の下り

浅間027
牙山の岩峰です、迫力があります。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-