奥大日岳

期日:9月27日~28日
OB会個人山行
メンバー:生田

 移動性高気圧で好天が予想されたので北アの奥大日岳~立山に行って来ました。
コースタイム
9月26日 自宅19:30発⇒途中仮眠⇒立山駅
9月27日 立山駅7:00始発⇒室堂8:30⇒新室堂乗越9:30⇒奥大日岳10:40⇒剣御前14:00⇒剣御前小舎14:20
9月28日 剣御前小舎4:30⇒別山5:20⇒真砂岳6:20⇒大汝山7:30⇒龍王岳9:10⇒浄土山10:30⇒室堂10:40
     ⇒立山駅12:10⇒自宅19:30

立山019
新室堂乗越から奥大日岳です。

立山035
奥大日岳山頂より大日岳と小屋です。

立山038
奥大日岳山頂より剣岳の全容です。

立山041
奥大日岳山頂より立山です。

立山055
剣御前からの剣岳です、少しガスが出てきました。

立山065
周辺を赤く染める夕日です、小屋の人もこれだけ赤く染まるのは珍しいとのことです。

立山068
別山(北峰)より朝の鹿島槍

立山075
真砂岳から奥大日岳です、霜が降りて急ぐと滑ります。

立山089
大汝山から槍ヶ岳です、富士山も見えましたが写真には写りません。

立山094
龍王岳と薬師岳です。

立山095
龍王岳から五色ヶ原、左奥に小さく笠が岳が見えます。

立山100
龍王岳から雄山です、後は浄土山経由で室堂に下ります。

スポンサーサイト

一ノ倉 中央稜

2011.9.25

メンバー:原・漆原

中央稜に行ってきました。
朝、5時には出合を出るつもりでしたが、駐車場もロープウェイの下しか開いておらず…。

出合いは6時30分位。

しかも、かなり涼しい!

アプローチは沢をテールリッジまで行けました。

途中にフィックスがあるものの、かなりズタズタなので緊張しました。

P9250323.jpg
P9250327.jpg
P9250341.jpg

9月の日曜日なので人がいっぱいかと思いましたが、
人影は少なく中央稜も先行に1パーティー。

福島からこられた5人組でとてもにぎやかで人がらのよいパーティーで
途中までご一緒させていただきました。

ゆっくりとしたクライミングで秋の一ノ倉を楽しめましたが、帰りは懸垂に手間取り
登り返しを繰り返す始末…。

結局、12時間を超える長旅。

原君、登り返しお疲れさま!

常念岳

9/24~25
■メンバー
・入江、他一名

二年前常念岳に登って登山の火がついた。三度目の常念岳、三回とも晴れ!常念はいい思い出しかありません。
槍穂高の景色、夜は天の川、朝の雲海、頂上からの御来光と全部満喫できました。

20533473_1336702327_63large.jpg
常念小屋から槍穂高

20533473_1336702481_150large.jpg
頂上からの御来光

鹿島槍ヶ岳

鹿島槍ヶ岳

9月23日

メンバー:児玉、原、今関、松島

北アルプス北部にある鹿島槍ヶ岳に行ってきました。
9月の下旬ですが、初雪を肌で感じてきました。これから北アルプスへ出かけるときは冬装備を忘れずに!
3連休の初日ということもあり、たくさんの人でにぎわっていました。
今回のコースは、鎖場などはありませんが適度なアップダウンと距離があり、よいコースと思われます。

扇沢 1:00着→テントで仮眠→起床 4:00→柏原新道登山口 5:20→種池山荘 7:35→爺ヶ岳南峰 8:20→
冷池山荘 9:45→鹿島槍ヶ岳 南峰 11:10→冷池山荘 12:20→爺ヶ岳中央峰 14:05:→種池山荘 14:40→柏原新道登山口 16:30
暗がりを種池山荘目指し、柏原新道を登り始める。
IMG_2596.jpg

よく整備された柏原新道。
IMG_2604.jpg


種池山荘から見た富士山方面。富士山は見えないがきれいな雲海が見える。
IMG_2626.jpg


爺ヶ岳山頂めざし出発。種池山荘から稜線に出ると西から来る寒気の霧に包まれる。気温は8℃だが、風があり体感気温は0℃に近い。
IMG_2631.jpg

植物も凍っている

IMG_2641.jpg



稜線から見た、鹿島槍ヶ岳。南側には南部の穂高岳・槍ヶ岳や富士山なども見え、晴れれば景色は最高。
IMG_2633.jpg

爺ヶ岳を越えると東側が切り立っているところが数箇所あらわれる。
IMG_2660.jpg


鹿島槍ヶ岳山頂に到着。
霧であたりは真っ白な為、北峰には行かず、下山することに。
IMG_2678.jpg



冷池山荘から見た、爺ヶ岳へ向かう稜線。
IMG_2703.jpg


鹿島槍ヶ岳北峰へ行かなかった為、あまった時間でおいしいドリップコーヒーをいただく。今関君、ご馳走様でした。
IMG_2705.jpg


写真ではわからないが、爺ヶ岳南峰を過ぎると雪が降り始め、初雪を見ることができました。
IMG_2720.jpg




下山後は、薬師の湯につかり帰路につきました。

槍ヶ岳~北穂高岳

槍ヶ岳~北穂高岳

9月15~17日

メンバー:松島

槍ヶ岳~北穂高岳に行ってきました。
天気は15・16日は晴れのち曇、16日の夜から17日は雨でした。
晴天の槍ヶ岳や緊張感のある大キレット・長谷川ピーク・A沢のコルを満喫してくることができました。
1日目  新穂高温泉 7:00→白出 8:00→槍平小屋 9:45→槍ヶ岳山荘 13:40
2日目  槍ヶ岳山荘 6:00→槍ヶ岳山頂 6:20→槍ヶ岳山荘 7:00→中岳 8:50→南岳 10:00→北穂高岳 14:20→穂高岳山荘 17:10
3日目 穂高岳山荘 8:00→涸沢小屋 9:00→横尾 11:00→上高地 13:50→平湯 15:00→新穂高温泉 16:40

晴天の中の槍ヶ岳はとてもきれいです。山頂からの景色も最高。
e80.jpg

南岳から見た大キレット・長谷川ピーク・A沢のコル・北穂高岳。
e81.jpg

長谷川ピークは、緊張感たっぷりでした。
e82.jpg


16日夜から天気が崩れる予報が出ていたため、16日中に穂高岳山荘まで行きました。
天気予報はずばり当たり16日夜から雨が降り始め、17日朝も雨。17日は、奥穂高岳山頂往復→重太郎橋方面に下ろうと思っていましたが、山荘のお姉さんより『重太郎橋方面は、視界も悪く案内表示はあてにならない。』と教えていただいたため、涸沢→横尾→上高地→平湯→新穂高温泉に計画変更し下山しました。





黒岩

9/17(土)

■メンバー
・鹿山、児玉、倉沢、入江

南アルプス、シレイ沢を計画していたんですが、南の方の天気が悪いので黒岩に変更。黒岩も朝はガスが濃くて濡れていたんですが、やりました。怪しい天気でしたがなんとか一日もってくれました。

ピラミッドフェイス、一人静か、夏子、柿ドロボウ、アックスの涙、舞姫

入江は一人静かRP。夏子はTRでいけました。柿ドロボウとアックスの涙は離陸できず。ゴボウで離陸し、途中でもゴボウで上までいきました。汗だくでした。ゴボウが疲れました。舞姫はチャレンジする気すら起きませんでした。一日を通して鹿山さんのモチベーションの高さには感服いたしました!!

ありがとうございました。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくおねがいします。

9/19(月)

■メンバー
・児玉、澤田、入江

天気良し。児玉さんは三日連続のクライミングでお疲れモード。

オケラ、夏子、岳友会

澤田くんオケラRP。入江、夏子2テンでリード。次はノーテンでいきたい。児玉さんに岳友会を張ってもらい、澤田くんノーテンでクリア。入江核心でセミとなり二日前に覚えた得意のゴボウで突破。相変わらず岳友会は登れません。

ありがとうございました。またよろしくおねがいしま~す。腕筋肉痛です!!

AZtMPBaCEAAAJcF.jpg
児玉さん岳友会。


南アルプス南部縦走


期日:9月8日~9/12日
OB会個人山行
メンバー:生田、非会員1名

コースタイム
9/8日 15時発⇒畑薙第2ダム駐車場22着(台風による土砂崩れで南部に迂回し入山)Pでテント泊
9/9日 駐車場発7時⇒椹島8時30分発⇒千枚小屋15時着
9/10日 千枚小屋4時30分発⇒悪沢岳7時⇒赤石岳12時30分⇒百間洞15時着
9/11日 百間洞4時50分発⇒大沢岳⇒兎岳⇒聖岳11時30分⇒奥聖岳往復⇒聖平15時着
9/12日 聖平3時40分発上河内岳6時⇒茶臼岳8時⇒ウソッコ小屋11時⇒畑薙大吊橋13時⇒Pに15時着⇒自宅23時着
001.jpg
9/9日、畑薙第二ダム大駐車場です、迂回ルートのためか入山者が少なく車も少ないです。

002.jpg
椹島から変化のない写真のような登山道を延々と6時間歩きます。

011.jpg
ようやく千枚小屋に着きました、富士山が迎えてくれます。

015.jpg
9/10日、ライトで出発し千枚岳山頂で日の出を迎えます、いい天気です。

034.jpg
悪沢岳山頂から塩見岳方面です、後ろに千丈岳、右に甲斐駒ケ岳も見えます。

037.jpg
悪沢岳から中岳です。

050.jpg
前岳の下りで『荒川小屋と赤石岳』です。

054.jpg
赤石岳の中腹から荒川三山です、今朝 右端から登ってきました。

061.jpg
谷間の小屋、百間洞山の家です、そばに小川が流れています。

062.jpg
明日登る『聖岳』が残照に映えます。

067.jpg
9/11日 今日もいい天気です、大沢岳山頂から中央アルプス(左)と穂高連峰(雲の奥)が見えます。

075.jpg
雷鳥のつがいがいました、アップでの撮影に成功、天候が崩れるのかな?

083.jpg
兎岳から今朝歩いてきた大沢岳と中盛山です。

093.jpg
聖岳はガスの中でした、奥聖岳の途中でタカネウスユキソウを見つけました。

095.jpg
聖岳山頂のトウヤクリンドウです。

104.jpg
薊畑より明日登る上河内岳です、南アは山が でかい です。

109.jpg
9/12日 3時40分ライトで出発、南岳でご来光です、1カ月後位にダイヤモンド富士が見られるそうです。

115.jpg
上河内岳から聖岳(中央)と赤石岳、荒川岳です。

119.jpg
上河内岳から山体に映る『影富士』です。

125.jpg
ハイジの丘手前の『亀甲状土』です、光岳付近にもありますが珍しいです。

135.jpg
今回最後の頂、茶臼岳から上河内岳と聖岳を見る、上河内岳から標高差約1900mの下りです。

140.jpg
こんな吊橋をいくつも渡ります。

146.jpg
ひたすら下り『ヤレヤレ峠』を超えて最後に『畑薙大吊橋』を渡ると山旅は終わりです、駐車場まで林道を1時間半歩きます。
最後まで見ていただきありがとうございました。お疲れ様。





小川山裏烏帽子

 9月11日
Gっちー、さん

前回は雨に降られて消化不良だった裏烏帽子エリア、今回は片品の酔攀クライマーさんと楽しんできました。
とりあえずウォームアップと10bのミスナチュラルへ…
ミスナチュラル
大した事無いだろうとなめていたらカムが少なく最後は大ランナウト
かなりビビる


小休止の後登攀のすべてpart310cへ
登攀のすべてpart3
1p目のルーフを超えてゆくさん

終了点からとなりのロケットマンに合流した、1p目ぬれてるのよね…
ロケットマン1p目
2p目終了点間際

ロープの流れが良くないので3p目は刻む
コーナークラック
ビレイ点は細い木なので墜落不可

最終ピッチ
最終ピッチはこんな感じの岩稜帯
実り
実りの秋です、お疲れ様でした

松木川 丹平冶沢~大ナギ沢

足尾 松木川 丹平冶沢→大ナギ沢

9月9日

メンバー:玉水、児玉、松島

足尾 松木川 丹平冶沢を登り、大ナギ沢を下ってきました。
天気は晴れのち曇、気温は30℃弱。
丹平冶沢は、40mの大滝をはじめ25、12など大きな滝があり、台風が過ぎた影響か?水量はかなり多く、頭から水をかぶりながら沢登りを楽しんできました。
銅親水公園出発 7:00 →丹平冶沢出合入渓 8:10 →稜線 12:50→大ナギ沢下降開始 13:40 →松木川沿い林道 15:20 →銅親水公園着 16:10

銅親水公園を7:00に出発し、丹平冶沢出合入口渓から8:10に入渓。
IMG_2123.jpg

まずは、12m滝。左側から登ります。
IMG_2129.jpg

25m滝。水量がすごいです。
IMG_2134.jpg

40m滝の下部25m。右側の水量の少ない滝を登る。下部25mの上側でハング気味のところでザイルを出す。
IMG_2147.jpg

6mハング滝にチャレンジ。残念ながら右側を高巻く。
IMG_2150.jpg

15m階段状滝。
IMG_2154.jpg

最後は涸れた沢を登り稜線へ。
IMG_2156.jpg

稜線に出て笹薮を、大ナギ沢下降口を探しながら進む。ちょっとわかりにくい。
IMG_2172.jpg

ザイルは使わず、クライムダウンで降りてゆく。
IMG_2174.jpg


IMG_2175.jpg
IMG_2176.jpg


ベテランのお二人にはついて行くのがやっとで、まだまだ体力不足を感じました。
トレーニングがんばります。

谷川岳主脈

9/10

■メンバー
・入江、他一名

平標登山口3:40-平標山頂5:49-仙ノ倉山頂6:32ー万太郎山頂8:52-オジカ沢の頭10:40-谷川岳12:17-肩の小屋12:36-西黒尾根登山口14:36
計11時間


天気が良くて展望抜群でした。気温も丁度よかったです。

20533473_1311559380_9large.jpg
遠くに谷川岳がみえます

20533473_1311559317_245large.jpg
肩の小屋から谷川岳山頂までは渋滞、山渓で谷川特集やったからでしょうか


雪のあるときにもいってみたいと思いました。


プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-