大洞川井戸沢~仙波尾根

7月24(日)~25日(月)

昨年の東黒沢に続き、境町山の会の竹川さんと吉田さん、弊会から児玉さんと倉澤で奥秩父の井戸沢を遡行してきました。

23日に境町で吉田さんと合流し、出発。旧大滝村のバス停で一泊。三ツ星でした
翌日5時に落石の多い雲取林道を走り、荒沢谷と出会うゲートへ。20台ほど停められます。
準備後、林道を30分歩き、沢床へ下降。松葉沢を越えると惣小屋谷と井戸沢の出会いに辿り、遡行開始となりました。

fc2 1
初めての奥秩父の沢の印象は暗いでした。多くが両側が切り立っており、陽がささず、ゴルジュが多いです。また当日は予報が変わったらしく気温が上がらず、皆一様に水に入りたがりません。

fc2 2
大釜をもった水量の多い小滝が随所に現れます。今回寒さからとても泳ぐ気になれず、小さく巻きます。

fc2 3
ここも水線を突破できる水量ではなく、残地されたフィックスをありがたく使わせていただきました。

fc2 4
誰が名づけたのか知りませんが、これがかの有名なキンチヂミ<F1>です。意味は各自お察しください。ルート図どおり直登は不可能なので、右岸から巻き、沢床へ10メートルほど懸垂。

fc2 5
みんな泳がず情けないと言わんばかりに、釜を突破する竹川さん

fc2 6
右岸の岩小屋を過ぎ、ゴルジュ帯の最後にあるのがF2-10M。これも突破は不可能

fc2 7
すこし戻って右岸にあるルンゼを突破します。岩や木の根のホールドはあるも、いやらしい。

fc2 8
右手から流れる前新左ェ門窪を過ぎ、S字になっているゴルジュ帯にかかるF3~F5を登ると、14:00本日のビバーク地点へ到着した。気温が低いので、お茶や酒を飲む前にまずは焚き木を起し、暖をとる(夜通し火の番をしてくた吉田さん、ありがとうございました
ガスを買うのが勿体無いので、各自家に転がっている余っているのを持って来ましょうとしたら、ロングが3つもありました。
沢で初めてタープで寝たが、風が抜けるので寒い。もう少し着込めばよかったと後で後悔

翌日は5時に起床。焚き火をあたりながら、昨日残ったシャウエッセンやベーコン入りラーメンを啜り、7時に出発。
奥新左ェ門窪を右手に見、沢を辿る。しばらく行くとゴルジュのナメとなる。暗すぎて写真が綺麗に取れなかったのが残念だが、自分としては一番記憶に残った場所だ。

fc2 9
しばらく進むとゴルジュの最後に掛かるF6-20M大滝。これも突破は無理なので右岸の潅木帯を登ると綺麗に沢床へ出れた。

fc2 10
2日目は気温が高く、また水量が少なくなったことで快適なシャワークライムが出来るようになった
ただF6を越えるとルート図から現在地が分からなくなり、目指す作業小屋は分からず、水が途絶えたところから獣道をたどり、20分ほどで登山道へ出た。

fc2 11
和名倉山へ続く登山道を辿り、三角点のある東仙波(2003M)へ。目指すカバアノ頭が綺麗に見える。
下降する仙波尾根は登山道がなく地図とコンパスを持って笹に覆われたかすかな踏み後を辿る。カバアノ頭から下降している最中、右手前方から聞いたことがない獣の声が。何と母親と子供2頭の
子供が木登りに興じており、なかなか去ってくれないので、全員で声を張り上げて何とか去ってくれた。怖かったです。ここからは皆で奇声を上げながら下降しました。

笹や倒木に足を頻繁に取られるも、晴れていれば随所にテープが張ってあり、迷うことはないが、見通しが利かない日は避けた方が良いと思う。

fc2 12
暫くいくと笹のトンネルが。地元の奥秩父山岳会の方々が整備してくださっており、ラッセルせずにすみました。
笹トンネルを抜けるだけで20分ほど掛かったので、ラッセルだったらビバークだったかもと思います。

あとは落ち葉の多い山肌を随所にあるテープを頼りに降り、一箇所トラバース気味に山を登り、恐竜の背とプレートのあった場所を下降していくと井戸沢へ到着しました。
昨日同様に林道を30分ほど進むと16:00に駐車場へ到着しました。

疲労で大変くたびれましたが、遡行も下降も充実した山行となりました。皆様、ありがとうございました
スポンサーサイト

小中川本沢

7月22日

メンバー;松嶋、Tamamizu

袈裟丸の小中川本沢に行って来ました。計画は、本沢遡行後に中袈裟中尾根を
下降して餅ヶ瀬川を遡行して郡界尾根を降る予定だったが、今日の気温が12℃
と寒い。おまけに水が冷たいので本沢遡行のみで終わりました。

小中 004
小中川 002
小中川 007
冷たい
小中 006
小中川 018
小中川 021
郡界尾根に出ました
沢たびを干して後袈裟に行く
小中 026
小中 027
小中川 028
後袈裟丸山頂と山頂から撮った赤城山





獅子岩

7月17日
メンバー:鹿山、児玉、原口、遠藤、澤田、原

行きたかった獅子岩!
暑かったー、その一言です。
ピッチの取り付き着が、多分9時位。その時点で汗だくで、一勝負した感じ。
鹿山・児玉・遠藤と原口・澤田・原の2パーティーで登り始めます。
高度感抜群です。
P7170018.jpg


筆者の原は、新人の澤田君とは初の山行。
結構なスタミナです。さすが若いです。
P7170027.jpg


なかなか写ることのない原です。原口さんありがとうございます。
P7170038.jpg

鹿山さんはアルパインスタイルで登ります。
しかし、高度感抜群です。
P7170073.jpg

高度感抜群の獅子岩、やっと行くことができました。
久々のマルチ、暑かった!

明神東稜

7月14・15日
メンバー:玉水、児玉、松島

北アルプスの明神東稜へ涼しさを求め行ってきました。
天候は夕立もなく終始晴れ、アルプスの山々の絶景がよく見渡すことができました。
今回の核心は、山頂手前のバットレス。その手前の急登にもザイルをはって
クライミングを楽しんできました。(重いザックには苦労をしましたが・・・。)

太田を1:30に出発し、沢渡に5:00着。始発バスの時刻よりも早かったため
タクシーで上高地へ5:45着。
3連休の前ということもあり、さすがの上高地もいつもの混雑ぶりは見られない。


明神で水を補給し、明神橋を渡ったところでお猿さんがお出迎え。
1 (480x640)
a15.jpg


養魚場の脇をとおり樹林帯を登り宮川のコルに出る。
a3.jpg
a4.jpg


ガレ場の右奥の樹林帯の岩肌に太田山岳会大先輩の慰霊碑プレートがあり、3人で黙祷をする。

a5.jpg

慰霊碑の上にニッコウキスゲ?


a16.jpg


ひょうたん池を過ぎ、潅木の間を登りラクダのコルに到着

a6.jpg

東南稜?
a17.jpg


夕立が来ることを考え、今日はラクダのコルにテントを張ることに。
その後、明日の練習のためバットレスの上まで空荷で登ってみる。
登山靴で登るのは、以外に難しい。1ピッチ目をフィックスにしてテントに戻る。
意外と安定した天気で予想した雨は降らない。
a19.jpg
a 7
a8.jpg
a21.jpg


2日目3:00起床。月明かりでとても明るい。
4:20朝日と共に出発。今日は昨日練習した場所を登ってゆくが、やはり重いリュックのおかげでグレードが高く感じる。
a9.jpg
a20.jpg

a10.jpg


その後は、ロープなしでのぼり6:10に明神岳山頂へ到着。
a11.jpg


奥明神沢へ向け下降する。途中20mほど懸垂下降をし降りる。
前穂高岳に向けてガレ場をのぼる。
a18.jpg

8:30穂高岳山頂に到着。北アルプスの絶景がよく見える。
岳沢から登ってきた3・4組の方々が絶景を楽しんでいた。
a12.jpg


重太郎新道を岳沢ヒュッテ跡に向け下山する。
a13.jpg
a14.jpg


岳沢を下るが、やはり重いザックがこたえたのか松島がペースダウンしてしまう。何とかカッパ橋を渡り上高地へ到着。12:20
沢渡に戻り、温泉につかり帰路に着きました。

金峰山

7/18

■メンバー
鹿山、入江、大泉の郵便局員、rimaのお姉さん


廻目平キャンプ場から登りました。天気は曇りで太田とくらべるとかなり涼しく快適に歩けました。
山頂でランチをし、昼寝もしました。のんびりとした山歩きとなりました。鹿山さんは新しく買ったスポルティバの靴で登頂。かっこいい靴です。下山後ボルダリングを少々やりました。鹿山さん楽しい話ありがとうございました。またおねがいしまーす。

DVC00235_convert_20110718220235.jpg
五条岩

DVC00237_convert_20110718220356.jpg


上越県境稲包山の下見

7月18日  三田
来週の自然観察会の場所の確認に再度行ってきました。
kokudou.jpg
これでも国道です。酷道353号。その脇に登山口があります。

sanchou.jpg
おどろいたことに、そこから3キロ先の頂上まで下草が刈られていました。
また、台風の影響かセシウムの影響かわかりませんが人に会いませんでした。
山ビルにも遭わなかったので良かったです。

片品水系中ノ枝沢小淵沢

7月17日 吉田、三田
前回散々だったため、フェルト底の沢靴を新調しました。
久々登場の吉田さんに沢を選んでもらい、重量級の2人で行ってきました。
奥鬼怒林道沿いから入渓し、尾瀬の湿原に抜けます。

taki10m.jpg
yoshida.jpg
遡行図には初級とありますが、実際は遡行図以上に滝があり内容は濃いです。
イワナの魚影も濃かったです。

situgen.jpg
沢の源頭部は小淵沢田代という湿原です。マイナーな場所なのか、山ガールどころか人がいませんでした。
帰りは尾瀬沼から大清水まで整備された道で戻れます。

谷川岳 南稜

7月15日

メンバ:漆原、進藤(記)


某社の輪番操業を利用して、一の倉沢 南稜に行ってきました。

太田3時発でロープウェイ駅駐車場を5時前に出発。
一の倉出合までこの時期、車で入れません。ので歩きです。
出合を6時頃出発し、雪渓~テールリッジを登り、
南稜テラスに到着。休憩して準備をし、登攀開始は8:15。

1ピッチ目をURUさんリードであとはスタッカット。
私は初の一の倉沢でしたが、フットもホールドもしっかりしていたので、
リードでも恐怖感はあまりありませんでした。
ちなみにセカンドビレイも初です。

11時半ころ、終了点到着。
しばし、休憩して、懸垂下降開始。
ここはすべてのリード懸垂(?)をURUさんに任せて、
13:30頃、南稜テラス下に到着し、懸垂下降完了。

テールリッジ~雪渓を下り、出合に15:05到着。
15:00のロープウェイ駅行バスに乗り遅れてしまい、
止む無く歩いてロープウェイ駅到着は16時頃でした。
全ては私のテールリッジ~雪渓の下りが遅すぎたのが
原因です。

温泉入って、ご飯食べて太田着は20時頃でした。

一ノ倉沢
一の倉沢の眺望は良好で雲・風もそこそこあり、最高のクライミング日和でした。

馬の背リッジ
馬の背リッジをセカンドで登る筆者です。

垂直のフェース
終了点直下の垂直のフェースをリードで登る筆者です。

懸垂下降
すべての懸垂下降をリードでこなしたURUさんです。


最後にURUさんにはいろいろとご指導いただき、ありがとうございました。






テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

杁差岳

期日:7月15日
OB会個人山行
メンバー:生田

 飯豊連峰の北端にある『杁差岳』に行って来ました。
日本海東北道の『荒川・胎内IC』で高速を降り約1時間で胎内第一ダムに着きます。
奥胎内の『足の松尾根』から大石山⇒鉾立峰⇒杁差岳のピストンです。コースタイムでは14時間30分ですので
4:30に出発しました。

 コースタイム
Ⓟ4:30発⇒大石山8:30⇒杁差岳10:00~10:20⇒大石山11:40⇒Ⓟ15:10着

041.jpg
出発して約1時間30分『姫子の峰』に着く。

040.jpg
松の尾根から橅の尾根になる。

003.jpg
明日登る『二王子岳』が見える。・・・報告はいたしません。

007.jpg
大石山から鉾立峰とガスの中の杁差岳

010.jpg
鉾立峰を過ぎるとお花畑がいっぱいです。

014.jpg
あいにくガスで良く見えませんが杁差岳と避難小屋です。

018.jpg
色鮮やかな『ハクサンフウロ』

020.jpg
飯豊の花は鮮やかです『ニッコウキスゲ』

030.jpg
間もなくこの雪も消えてお花畑になるでしょう。

038.jpg
飯豊連峰主稜線、もうトンボが飛んでます。

至仏山

7月15日

メンバー:青木・半田

 念願叶って(?)太田山岳会・女子部(???)で尾瀬・至仏山へ行ってきました。下界は猛暑日が続いていますが尾瀬は清清しかったです。でも紫外線の攻撃は半端なく厳しかった。
 少し遅い出発ですが、予定通り鳩待峠を8:30に出発、山ノ鼻へ下りました。天気もよくここまではハイキング気分でしたが、
9:20至仏山へ登り始めました。

IMGP0781-2.jpg
 これから上る至仏山をバックにまだ余裕の笑顔。しかしいざ上り始めると清清しいとはいえ、直射日光にさらされ、紫外線の攻撃に耐えながら次第に笑顔も引きつります。

 IMGP0790-2.jpg

 話には聞いていたけれど、本当に岩がすべって登り難い。そんなときは振り返って美しい尾瀬ヶ原で気分をリフレッシュです。
 IMGP0792-2.jpg

 青木さんを誘っておきながら、言いだしっぺのハンダはすでにヘロヘロ。コースタイムよりも随分遅くなりましたが、12:30至仏山山頂へ到着です!(Yes, We made it!!)
IMGP0801-2.jpg

 標高差があるので本当につらかったですが、行く先々のお花に励まされました。
 IMGP0788-2.jpg
 IMGP0799-2.jpg

 13:40至仏山から小至仏山へ。ここからは笑顔も戻りおしゃべりも弾み景色も堪能しました。途中雪渓も少し残っていました。鳩待峠には予定より30分おくれて15:30着。楽しく行ってきました。女子部(勝手に作ってます)これからものほほん登山したいと思います。
IMGP0806-2.jpg

IMGP0809-2.jpg

 

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-