杓子岳

4月28日~29日
メンバ:児玉、原

28日9:00に太田市を出発し、13:00位に猿倉に到着。雨が降っていたため、回復を期待して車中で待機し15:30頃に出発。白馬尻には誰もおらず我々のみ。杓子尾根の取り付き付近に幕営し、22:00位に就寝。

翌日、6:00起床し7:00に出発。夜間に降雪あったようだが、時折晴れ間が射しており、上々と思えたが・・。
トレースの無い尾根を児玉さんがトップで進む。
P4290072.jpg

標高2000mまでは何とか視界があったが、ガスに巻かれるようになる。中盤以降はキレット歩行と急登が続く。膝下ラッセルで、あっちこっちに穴が開いていて、なかなか進まない。
P4290071.jpg

14:00に杓子岳山頂へ到着。
P4290073.jpg

そこから、白馬山荘を目指すが、気がつくと・・・あれっ、杓子岳山頂に・・そうです、どこかを一周して戻ってきました。「リングワンデルング」という言葉らしいです。ホワイトアウト状態で、雪風強く目も開いてられません。再度、白馬山荘を目指しますが、あきらめて杓子尾根を下山することにしました。
テントには18:00頃に到着、猿倉へ下山したのが19:30でした。

下山が遅れてしまい、会の方々には大変なご迷惑をおかけしました。
山行計画書では大雪渓を下山する予定であったため、大雪渓の雪崩も重なり、大変なご心配をおかけしました。
スポンサーサイト

白毛門

4月24日

メンバー:阿久津会長、鹿山、石井、遠藤、松島

5月連休前の足慣らしに白毛門に行ってきました。
遠藤さんは、7ヶ月ぶりの復帰登山です。おめでとうございます。
雲行きが危ぶまれましたが、朝の天気は快晴。
しかし、登山口駐車場には前日に降ったと思われる雪が広がっていました。
先行パーティーの6人組の後を追い7:10に出発。
雪はザクザクの重い雪。量は今年は少なめの様子。
先行トレースをたどるも、すぐに追い抜いてしまう。
鹿山さん先頭、ありがとうございました。
1時間ほど上ったところで、谷川岳美しさにみんなで見とれる。

2aIMG_1071.jpg

松の木沢の頭につき、会長は体を労るため、ここでみんなの帰りを待つことに。
そこから先は、安全のため全員アイゼンを装着したが、久しぶりの遠藤さんは
アイゼンの重さが気になりすぐにはずす。

3aIMG_7362.jpg
白毛門

4aIMG_7424.jpg


雪の割れ目をいくつか越え、最後の急登を登りきり11:25に山頂に到着。
少々風があるものの景色は最高。上毛三山を始め尾瀬・日光の山々がきれいに見えました。

下山は滑落しないよう慎重に降り、松ノ木沢の頭で会長と合流。
そこには風除けのため雪洞がつくられていました。暖かかったです。

6aIMG_1081.jpg


そこで、雪山経験の浅い松島のために滑落停止の練習をさせていただきました。
なかなか難しい。重要なポイントは、やはり滑らないこと!?

その後は順調に下山し15:30ごろ駐車場に無事到着。
お疲れ様でした。

柄沢山 スキー

4月10日
メンバ 原、金澤

柄沢山にスキーに行ってきました。
前から一度は行ってみたいと思っていた場所です。

巻機の登山口は大変な賑わいでしたが、こちらは静かなものでした。

スタートよりシールをつけて行きます。


遠くに稜線が見えます。あそこに登ります。

6_20110410174514.jpg
かなり上がってきました。

途中から傾斜がきつくなったので板を担ぎ、そのうちキックステップの効きが悪くなってきたのでアイゼン装着です。

1_20110410174515.jpg
遠くに巻機がすばらしい!

3_20110410174515.jpg
山頂は何もありませんでした。

ちょうど4時間でした。

一気に滑り降り、下りは50分。

1時過ぎには下山です。

中ゴー尾根

4月3日

メンバー:玉水、石井、入江、松島

雪に覆われた中ゴー尾根にチャレンジしてきました。
この時期では雪が多いと判断し始めの目標を二股分岐としましたが、
思いのほか順調に進むことができ森林限界を超えて標高1600m付近まで
登ることができよい景色を眺めることができました。

しかし、下山中に一名 20mほど滑落し肩を負傷。
雪山の怖さを改めて痛感しました。
会長を始め会の皆様に、大変ご心配をおかけしたことを深く反省するとともに、
迅速で適切な救援対応をしていただいたことに感謝いたします。


新田を4:00に出発、谷川温泉奥の無料駐車場に車を止め、
6:00過ぎから谷川沿いの登山道を歩き始める。
太田は桜の開花宣言が出されたものの、谷川南面の朝の気温は約0℃、
雪がちらほら舞い散る中のスタートでした。
スタートしてすぐに登山道は雪で覆われる。
もちろん先行のパーティは無く、ところどころ踏み抜けながら進んでゆく。
鉄パイプで組み板が載せられた橋が数箇所現れるが、板が体重で折れそうで怖い。
スタートから1時間行ったあたりで両側の岩壁が迫って狭くなり、
雪の斜面を歩くようになるためアイゼンを装着し慎重に進む。
谷川を右に左に何度か渡渉しながら進んでゆくと左手に関越トンネルの
換気口が見え、中ゴー尾根が正面に見えてくる。
順調に歩き8:30当初の目標地点の二股分岐へ到着する。
時間も余裕があるため中ゴー尾根の森林限界1500m付近を新たな目標にし
急登の中ゴー尾根を登ってゆく。
進んでゆくと急登のためまっすぐ立って進めなくなる。ピッケルを使いながら
鎖場ではアイゼンの前爪をしっかり刺しながらクライミング感覚で登ってゆく。
やせ尾根は、人が1人やっと通れるほどのところもあり、足がすくむ。
取り付きから2:00登るとやっと森林限界にたどり着いた。
森林限界からさらに雪尻の横を30分ほど登ってところで、
その先大きな雪尻が続き危険度が高いこと、目標の1500mを過ぎたこと、
帰り時間を考え引き返すこととしました。
このころには、青空も見え始めきれいな景色を見ることができました。
やはり、苦労して登った後のきれいな景色は最高!!
東側の天神尾根もきれいに見え、尾根を登る登山者の姿もよく見えました。

下山を開始し、森林限界では“やはり下りは楽だ”と思いながらくだり、
林の中の急坂を下っていたところで、ハプニングは発生。
不幸中の幸いで、肩は負傷したものの歩きには支障は無く、荷物を分散し歩行で下山。
下山中に会との連絡を取り、救援に駆けつけていただいた会長と黒岩チームの方々
本当にありがとうございました。


ACA390207.jpg
アイゼンを装着、谷川に落ちないように!

ACA390212.jpg
正面に見えてきた中ゴー尾根の急登。

ACA390216.jpg
こんなやせ尾根もある中ゴー尾根、足がすくみます。

AP4030181.jpg
森林限界を超えて、白と青のきれいな世界。目標達成、お疲れ様でした。

AIMG_6641.jpg
でも、やっぱりこんなところを登りきり、頂上まで行ってみたい・・・。

ACA390245.jpg
下山は楽々、でも、油断禁物・・・。

黒岩

4月3日

メンバ:鹿山、原口、漆原、小川、横塚、倉澤

弊会貸切での黒岩クライミング。
山肌は残雪をまとい、岩の上部にはツララがあるも、陽気に恵まれ快適に登れた。

小川、横塚には原口先輩より愛の指導がみっちり行われ、一歩前進した・・・はずである。
ザイルワーク、忘れないでね


fc2 1
夏子 初RPの小川

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-