王々頭

2月25~2月26 晴れ
メンバー:原

絶景が見たくて行ってきました。
すべてはこの朝日から始まりました。
R0010994.jpg

ここから、日本100名山のうち42名山見えるそうです。
北アルプス、穂高~白馬まで一望でした。
R0011027.jpg

ピークまで徒歩2分、そこまでバスでした。じゃんじゃん!
スポンサーサイト

黒岩ピューピュー

2月26日
晴れ

メンバ 倉澤 金澤

今年は早々に岩を始めます。

今年は岩で行きます!

「プルプル」10c 撃沈! 離陸不能!

情けなさを通り越し笑うだけ

今年は岩で行きます 

八海山

2月20日 晴れ

メンバー:横塚、羽生のカメラマン(元会員)、Tamamizu

雪山が初めての横塚君を誘い八海山に行って来ました。

山頂駅から女人堂辺りまでのラッセルをする計画だった
女人堂を越えると横塚君のテンションが上り薬師岳
までいっちあいました

2010 02 20_八海山_0002
横塚君のラッセル訓練
2010 02 20_八海山_0005
女人堂と私とスキー
2階入り口まで掘りだしてあり中に入れます
2010 02 20_八海山_0008
薬師山頂から撮ったハ海と中ノ岳
2010 02 20_八海山_0012
大満足中の横塚だが明日の仕事が心配
2010 02 20_八海山_0017
羽生のカメララマンと横塚君
女人堂に無事下山

女人堂の手前から見えた先行している六日町の3人のスキーヤに山頂で追いつ
き一緒に滑らせて頂きました。みんな(六日町にある雪国舞茸&モヤシと同じで)
丁寧で親切でうまいありがとうございました。

帰宅は六日町から関越に乗ったが大渋滞ため月夜野インターで降りました。

3月5日に割引岳を計画していますので隠れ会員の吉田、三田、田野さん宜
しくお願いします

神津牧場

2011.2.13

メンバー:鹿山・金澤・松島・漆原

神津牧場にアイスクライミングに行ってきました
ルートはメインの氷にロープ3本
サイドに2ルート。
他のパーティーもいて大賑わい
リードはサイドのチェロキーのみ。傾斜もねていて足場もしっかり。金澤さんと漆原でリード1本づつ
後は、先行パーティのロープをおかりして、他のパーティーと交代でクライミング
トップロープムーブとはいえとても充実の一日。楽しませていただきました

ロープを張ってくださった山登魂の皆様ほんとうにありがとうございました。

以前、藤坂でもお会いして偶然の再会、またどこかの山でお会いすることがありましたらよろしくお願いいたします



足尾 黒沢

2月9日 晴れ
メンバー:金澤 原
先週に続き松木沢です。

黒沢ですが、どれがF2でどれがF3だか全くわかりません。とりあえず上に詰めていこうということでスタートです。しかし、楽をしようとザックを下部に置いてきたのが大失敗!写真の滝を登ったところで、腹が減りすぎ戦意喪失しザックに戻ることに。さらに、懸垂後にザイルが抜けなくなり、登り返すことに・・・。にも関わらず、帰路の氷壁で(Fいくつ?)再度登る。
氷の状態は、最初の滝はぐずぐずで非常に氷がもろい。しかし、上に行くにほど氷は締まってくるが、薄いところが多くて気が抜けない。
P2090012.jpg
8時に車を出発し、車に戻ったのは18時近くになってしまいました。
一日運動した~って感じで、ふくらはぎがプルプルです。

足尾 夏小屋沢

メンバ : アライさん(会員外)、鹿山、進藤、松島、漆原、原、入江、横塚、倉澤


2月6日、会の定例山行で夏小屋沢に行ってきました。
あまりの人数に他のパーティとバッティングしたらどうしようかと思ったが、その不安も現実にならずに済み、
無事楽しくクライミングが出来ました。

当日は天候も良く、アプローチでは汗だらだら
駐車場より一時間半ほどで夏小屋沢へ。
今回新人が多かったので、人数に対してアックスが足りず、氷結していたF1・2はFIXを張って登る。


fc2 1
メインのF3はアイス初リードの漆原氏がトップアウトし、ロープのセット。

fc2 2
大人数のため、もう一本張るべく、鹿山さんがリード。
このラインの上部は氷結が悪く、蹴りこむと穴が開き、中の水流が見える始末。
こんな所よくリードしなたと皆で鹿山さんを感心いたしました


fc2 3
各々数本登るも、原・入江・倉澤はF3より先が見たくなり、GO
まずは緩斜面のF4を登る。

fc2 4
次にF5。左側に85度ぐらいのラインがあるも、右の緩斜面のが本流のため、そちらを原氏がリード。
ここは下部が氷結があまく、中の水流が見えた。

fc2 5
フォローするアイス2回目の入江。

ばっちり凍っているF6がすぐそこにあったが、時間切れのため、懸垂下降で、皆の待つF3へ。
F3よりザイルを2本連結しF1の下まで懸垂し、終了となりました。


帰りに大間々の”大釜”で消費したカロリーを補うべく、がっつり食事をして帰路につきました

次回のスキー定例、係りの方よろしくお願いします。

家ノ串山

2月1日
メンバー:Tamamizu

今シーズン2回目の家ノ串山を計画したが剣ヶ峰から続く雪崩地帯の確認が
視界不良で出きず、家ノ串山をあきらめて敗退しました。

新田を6時半に出て武尊スキー場8時半着。花咲の手前から雪で視界が悪
く不安だった。9時半にリフト終点に着いたが地吹雪なので少し待ち10時過
ぎに登りだす。ジグザグにスキーでラッセルするが雪が深く苦戦していた所に
水上のガイドツアーが追いつきラッセルを交代して頂きました。
P2010008_20110202100038.jpg
ガイド4名にお客様5名
1時前に剣ヶ峰のトラバース地点に着いたがこの先が怖いので前武に戻る。
P2010017.jpg
下から撮った剣ヶ峰
前武尊山頂でシールを外して滑走する。
P2010019.jpg
雪庇のしたで一休み
深雪で軽く腰まで潜り楽しいが自分で起した雪崩に要注意する。
P2010028.jpg
前武上部の緩い斜面
P2010030.jpg
スキー場下部です。
カラ松林から出てきました。雪が重くなってきました。
P2010036.jpg
本の数時間でこんなに積もりました。
車と道を除雪して無事に帰宅できました。

両神山

1月31日
メンバー:玉水、松島

両神山へピークハント&アイスクライミングと意気込んでみたものの、
荷物の重さと急登に、ピークハントはあきらめアイスクライミングを楽しんできました。

天気は晴天。朝の気温は、今年の最低気温を記録。車の温度計も-9℃を表示。
ふるえながら日向大谷口を出発。しかし、登山道に雪はなく、代わりに落ち葉を
ラッセルしながら七滝上流を目指す。
3時間ほど登るといくつものアイスの壁が見えてくる。
よさそうなアイスの上からトップロープを張り、まずは松島初の懸垂下降!!
恐る恐る降りてみると、意外に気分爽快。でも油断禁物。
2人で2本づつ登ったところでタイムアップ。
荷物をまとめ長い登山道を下山。
明るいうちに、無事 駐車場につき、帰路へ。

IMG_0827-1.jpg


IMG_0832-1.jpg
今回も、いろいろご指導ありがとうございました。また、よろしくお願いします。



プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-